宝暦の大火で消失した後に再建された御堂は、耐火を考え土蔵づくりとされました。御堂の一般入り口には、大きく重たい扉があります。