ようやく

今週は温暖な日々も終わり、そろそろ平年並みの冷え込みになってきそうです。


46061193_1932754763468795_185544660
ご門徒宅報恩講もようやく半分を超え、長い秋も折り返し点です。

数をこなすと同時に、肩こりや膝の疲労がたまってきます。

どこかでマッサージに行きたいものです。

あとは、しっかり食べて寝る、ですね(笑)。

世の中安穏なれ。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

村の報恩講

紅葉の町並み、秋深しです。


45537552_1928650453879226_276547522
12月中旬まで続く報恩講、ようやく3分の1を終え、まだまだ長い秋です。

昨日は、郊外のT町のご門徒宅を回りました。

45510323_1928857890525149_995218006
お世話くださる長老(?)さん方も一緒に回ってくださいます。

45583913_1927544553989816_147293146
ひとむかし前は、こういう村の報恩講の風景があちこちの農村で見られました。

しかし今は、世話役の方々の高齢化や後継者不足で、僧侶だけがそれぞれに回る形に変化しました。

形は変わっても、なんとかお勤めだけは廃れないでほしいものです。

恩を報(し)るお講=報恩講。

生かされてあるすべてのご縁のご恩に感謝です。

世の中安穏なれ。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

んーむ

市内あちらこちら、真宗のお寺では報恩講がお勤まりになっていて、金沢の秋の風景だなぁと感じます。


42460436_1868427736568165_430476511
お坊さん方はお寺からお寺へ、ご門徒宅からご門徒宅へとお勤めに回っています。

そんな昔ながらの金沢の秋にマラソンなど必要でしょうか?

市内交通規制でお坊さんもお参りされるご門徒も移動できず困っています。

耳にタコができるほど「伝統」や「文化」を大事にと言う市行政の矛盾を感じます。

せめて11月中旬くらいにならないものでしょうかねぇ?

やれやれ。

世の中安穏なれ。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

秋風でも汗

10月10日=旧体育の日、たいがい晴天なのですが、今日は雨模様。


午前午後1か寺づつ報恩講に参勤しました。

42608037_1872755569468715_676746970
お腹から声を出す声明(しょうみょう)は、これだけ涼しくなっても汗をかきます。

お参り先のお宅でも、家でじっとしている男性方はもう冬のような服装ですが、あれこれ動いている女性方は「まだまだ暑いね~」と(笑)。

動きましょう。

何をするでも快適な季節ですよ。

世の中安穏なれ。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

北陸の秋

台風一過、そして真夏日と過ごし方に悩む日々でしたね。


当寺報恩講のご案内および、各家の報恩講のご案内はお手元に届いたでしょうか?

43182019_1882928841784721_915953679
各家へのご案内は毎年同じ時期ですが、3週間ほど前に届くよう投函しております。

それでも、ご都合が悪い場合がありご連絡をいただきますが、今年は今のところ1軒もそういうお電話がなく驚いております。

そしてありがたいなぁ、と。

9月下旬~12月中旬の北陸は、各寺、各家で報恩講がお勤まりになります。

恩を報(し)る講(=集り)の秋、先祖代々のご縁ともにいただきましょう。

世の中安穏なれ。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

慰める~その先

台風一過で、今日も猛暑の1日でした。


40005411_1831414983602774_681563378
さてこの8月、今年もあの戦争にまつわる番組や映画を観賞しました。

その中で、30数年ぶりに観た「ビルマの竪琴」にいろいろ思い、感じました。

敗戦直後、目の当たりにした放置されたままの戦友たちの遺体を葬るため帰国せず現地に残る兵士のお話です。

その想い、行動はとても尊いことで、なかなかできることではありません。

ただ、仏教とはそこが入口であってその先がなかなか思い至りません。

人の死は悲しく辛い、何かしてあげたい、それが一般的に言う供養であり、慰霊なのかもしれません。

でも、故人は死をもって仏さんと成り、必ず死ぬいのちを生かされてあるわが身を教えてくださいます。

いのちを亡くした仏さんが、まだいのちある我々にいつ尽きるかわからぬ今を生かされてあるんですよ、と呼びかけてくださっています。

しかし、そのことに気づかず、亡き方に何かをしてあげられて良かった~で終わってしまうことがほとんどです。

乱暴な言い方をすれば、それは自己満足にすぎません。

仏さんの教えを聴き、自分を、ご縁あるすべての人をいきるいのちの存在に気づき、そのいのち尽きるその瞬間まで精一杯大事に生きる生き方をしていくことが、亡き方の願いに応える=供養ということでないかと思います。

朝な夕なにお内仏に手を合わすたびに、無数のご先祖方が教えてくださる呼びかけにどうぞ耳を傾けていただきたいものです。

世の中安穏なれ。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

いのちについて

梅雨明け、そして猛暑の夏本番と厳しい季節となりました。

西日本豪雨、想像以上の被害に胸が痛みます。

36885795_1756420811102192_112325523

そして、ある大きな事件の犯人とされる人々の死刑が執行されました。

死刑の賛否がいろいろ取沙汰されていますが、何を基準に考えるか、死刑という制度そのものよりもその土壌は何かを考えることが大事かと思います。

この事件でいのちを亡くされた方のご遺族にとって、死刑は当然のことという心情は想像できますし、その立場であれば自然なことです。

しかし、考えるべきは「いのち」です。

こういう凶悪事件が起こるのも、死刑を執行するのも、この社会です。

この社会において、はたしてどれだけ「いのち」という視点、モノサシが基準になっているでしょうか。

ヘタをすれば、「自分のいのちだ、好きにして何が悪い」というような、いのち=所有物のような感覚がまかり通っています。

ひとりの人間=ひとつのいのちが生まれるには両親のいのち、その両親にもそれぞれの両親の4つのいのち、4つには8つ、16、32、64、128・・・と、途方もない数のご先祖方のいのちのバトンタッチがあってのことです。

この世に生を受けるということは、とてつもない奇跡です。

そんな尊く、大事で、とても重いいのちということを学ぶ、知る、共有する機会や場がないのが今の社会ではないかと思います。

私たち真宗門徒は、朝な夕なに自宅のお内仏にてを合わせ、そんなご先祖方に思いを馳せ、阿弥陀如来に私を生きてくれている「いのち」を照らされて生かされてあるわが身を知るご縁の生活をしてきました。

お寺というのはそのご縁をさらに広げる場、ご法事をお勤めすることはそのご縁を深めていくことです。

ただ手を合わすのではなく、ご先祖からいただくいのちの教えにしっかり耳を傾けましょう。

世の中安穏なれ。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

帰る場所

昨日、今日と所用で京都に帰っていました。


ご本山にお参り。

35349090_1720679614676312_885429100
御影堂に入ると、ちょうど30名ほどの団体参拝のご門徒さん方が大きな声で正信偈を唱和されていました。

その横に座っていっしょにお参りさせていただきました。

ご本山=帰依所だなぁとあらためて思いました。

京都に行ったら真宗門徒の帰る場所=ご本山にお参りしましょう。

世の中安穏なれ。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

御正忌

月曜日から京都に帰り、ご本山にお参りしてきました。


24174429_1511187295625546_691426040
11月28日は「御正忌(ごしょうき)」と言って、親鸞聖人のご命日です。

24174202_1511187292292213_6184402_2
11月21日から始まるご本山=東本願寺の報恩講は、この28日が最終日となり、全国から多くの御同朋・御同行が参集されます。

24129603_1511187288958880_905866177
御影堂には入りきらないほど多くのお参りです。

23905347_1511197928957816_542889836
坂東曲(ばんどうぶし)と呼ばれる、身体を大きく揺すってお勤めされる当派独特のお声明です。

「あぁ、今年も御正忌にお会いできた」と言う声も多く聞かれました。

ボクもおんなじ気持ちでお参りさせていただきました。

さて、この気持ちを忘れずに残りの報恩講、精一杯お勤めさせていただきます。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

報恩講の日々

自坊の報恩講が終わっても、各ご門徒宅への報恩講はまだまだ続きます。


長い長い秋、まっただ中です(笑)。

23132118_1489642631113346_481602217
今日は、役僧氏とともに郊外のT町で4軒をお勤めいたしました。

帰りに柿をたくさんいただきました。

こういう年に1度のいろいろなご縁、ありがたいものですね。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

より以前の記事一覧