« 旧盆直前 | トップページ | 大雨のち秋風? »

終戦、いや敗戦の日

少しの間(ま)を置いて、猛暑復活です。


と、ともに各地でゲリラ豪雨のニュースも。

39262696_1813929295351343_341580049
さて、今日=8月15日は終戦記念日です。

といっても、正式な終戦日は日本が降伏文書に調印した9月2日です。

終戦といえば終戦ですが、正式には敗戦です。

この時期、テレビではあの戦争にまつわる特集が放送され、毎年あらたな事実を知る機会を得ます。

たとえば、あの戦争で両親を失った子どもたちがまるで野良犬のように扱われてきた事実。

戦争を遂行した為政者や軍、そしてそれらを支持した国民=大人たちによって無力な多くの子どもたちが戦災孤児となり、住む場所もなく飢えに苦しみ亡くなりました。

生き延びた子らも、いわれのないいじめや迫害を受けました。

戦争は罪悪である。

やはりそう感じます。

天皇は毎年「反省」というお言葉を発せられますが、首相はけして言いません。

諸外国への反省だけでなく、塗炭の苦しみを与え、耐え忍び亡くなっていった国民への反省、そこに目を向けていただきたい。

歴史から学ばないのが人間である、そういう言葉もありますが、学びましょう。

このご縁に。

世の中安穏なれ。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

|

« 旧盆直前 | トップページ | 大雨のち秋風? »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧盆直前 | トップページ | 大雨のち秋風? »