« お盆のご案内 | トップページ | お盆を終えて »

いのちについて

梅雨明け、そして猛暑の夏本番と厳しい季節となりました。

西日本豪雨、想像以上の被害に胸が痛みます。

36885795_1756420811102192_112325523

そして、ある大きな事件の犯人とされる人々の死刑が執行されました。

死刑の賛否がいろいろ取沙汰されていますが、何を基準に考えるか、死刑という制度そのものよりもその土壌は何かを考えることが大事かと思います。

この事件でいのちを亡くされた方のご遺族にとって、死刑は当然のことという心情は想像できますし、その立場であれば自然なことです。

しかし、考えるべきは「いのち」です。

こういう凶悪事件が起こるのも、死刑を執行するのも、この社会です。

この社会において、はたしてどれだけ「いのち」という視点、モノサシが基準になっているでしょうか。

ヘタをすれば、「自分のいのちだ、好きにして何が悪い」というような、いのち=所有物のような感覚がまかり通っています。

ひとりの人間=ひとつのいのちが生まれるには両親のいのち、その両親にもそれぞれの両親の4つのいのち、4つには8つ、16、32、64、128・・・と、途方もない数のご先祖方のいのちのバトンタッチがあってのことです。

この世に生を受けるということは、とてつもない奇跡です。

そんな尊く、大事で、とても重いいのちということを学ぶ、知る、共有する機会や場がないのが今の社会ではないかと思います。

私たち真宗門徒は、朝な夕なに自宅のお内仏にてを合わせ、そんなご先祖方に思いを馳せ、阿弥陀如来に私を生きてくれている「いのち」を照らされて生かされてあるわが身を知るご縁の生活をしてきました。

お寺というのはそのご縁をさらに広げる場、ご法事をお勤めすることはそのご縁を深めていくことです。

ただ手を合わすのではなく、ご先祖からいただくいのちの教えにしっかり耳を傾けましょう。

世の中安穏なれ。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

|

« お盆のご案内 | トップページ | お盆を終えて »

真宗の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お盆のご案内 | トップページ | お盆を終えて »