« むしゃくしゃ | トップページ | 帰る場所 »

お寺と一般、お弔いの違い

昨日、今日、20度前後と過ごしやすい日でした。


昨夜は先日亡くなった友人住職のお通夜にお参りしてきました。

亡くなってから1週間ほど経っていますが、お寺関係のお弔いは一般に比べて違うところが多いんです。

葬儀社さんだけでなく、他のお寺さん方が中心に段取りをし、式を司るためすぐにというわけにいかないのです。

そして通夜葬儀の日時は、まず週末を避けます。

どこのお寺さんも、週末にはご法事の予定があり動きが取れないという事情があるためです。

さらに金沢の場合、2か所ある火葬場が土日は1つが休むため混み合うという理由もあります。

これは、金沢の一般の方も覚えておくと良いと思います。

お寺のお弔い、斎場のお荘厳も一般と違って、お棺とご本尊(名号)のみと極めて質素です。

そんなお通夜では、「亡くなる10日ほど前に呑んだんですよ」という若い僧もいました。

本当に突然、まさに急死だったことが伺えました。

身近な者の死を目の当たりにしても、どこかで「自分はまだ大丈夫」と思う愚かな私がいることを彼は身をもって教えてくれました。

ありがとう。

世の中安穏なれ。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

|

« むしゃくしゃ | トップページ | 帰る場所 »

ご縁いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« むしゃくしゃ | トップページ | 帰る場所 »