« お弔い | トップページ | 報恩講~秋の風景 »

法務をお勤めする想い

冷え込みから一転、今日は小春日和でした。


15055873_1128854147192198_718734550
週末が近づくと緊張感が増します。

なんで? て思われると思いますが土日祝には、ほぼご法事の予定が入っているため、月忌参りの予定などを変更していただきそれに備えています。

もちろん、そこに訃報が入ることもあります。

すると、そもそもやりくりして組んだ予定を根底から崩す作業が必要となります。

ご法事のお宅は1、2か月前から予約され、その日のために準備されてきています。

ご葬儀は最優先であっても、そう大きく変更をしていただくことは難しいものです。

わかっていただきたいのは、どちらも精一杯お勤めさせていただきたいというボクの想いです。

そしてどちらにも礼を尽くしたいのです。

でも、そんな想い=情ではなく、物理的に無理な場合があり、その場合はどこかに譲歩をお願いするしかないのです。

以前から予定され準備してきたご法事のお宅か、ご葬儀のお宅か、礼を尽くしてお願いするしかないのです。

それもご縁であり、受け入れて精一杯お勤めいたしますが、ボクの想いにも限界がありますので、皆さまのご理解をお願いいたします。

本当にすみません。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

|

« お弔い | トップページ | 報恩講~秋の風景 »

ご縁いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お弔い | トップページ | 報恩講~秋の風景 »