« 永代祠堂経会~無事お勤めできました | トップページ | 71年後の邂逅 »

仏法とは

先日の永代祠堂経会の余韻のまま月忌参りなどに勤しんでおります。


その法要にご来寺いただいた瓜生崇さんに、「ぜひ来年も」というご要望がお参りに来られた方々から寄せられたことは嬉しく、それだけ皆さんが熱心にご聴聞されたということなんですね。

13239987_999043833506564_3286197557
真宗では、「仏法とは聴聞にきわまる」という蓮如上人のお言葉にあるように、「聴いて、聞く宗教」です。

「聴く」は一心にきく、「聞く」は我執を捨ててきく、つまり素直に熱心に耳を傾けるということです。

どんな法話も、100人が100人ともうなづくことはありません。

それは、自分のききたい内容であるかないか、自分の求めるわかりやすさや難しさが人それぞれ違うからです。

痛いところをつかれると、人は抵抗します。

なので、素直に一心に耳を傾けることが大事なのですね。

お寺に来られる方に女性が多く、女性はご年配であっても好奇心があり、行動力もあります。

たいして男性は、腰が重く、理論武装しないとなかなかいらっしゃいません。

来られる方でも知識欲を満たすことが先に立つ方も多いですね。

まず、来てみませんか?

そして素直に一心に耳を傾けてみませんか?

お寺はそんな場所でありたい、そう思っています。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

|

« 永代祠堂経会~無事お勤めできました | トップページ | 71年後の邂逅 »

真宗の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 永代祠堂経会~無事お勤めできました | トップページ | 71年後の邂逅 »