« あれから5年(1) | トップページ | 精一杯生きる »

あれから5年(2)

あの日からちょうど5年の今日、午後2時46分、御堂で仏説阿弥陀経を読誦いたしました。


12705561_485456131647418_3771197461
東北を中心に、全国各地でさまざまな行事が行われ、あらためてあの震災に想いを馳せていらっしゃることと思います。

いまだに仮設住宅に暮らす方は17万人もいらっしゃいます。

そして、その仮設住宅暮らしの中で、孤独死された方が188人もおり、年々増加傾向にあるといいます。

あれだけのことがあったことも、だから復興に時間がかかることもわかる、でもいつまで待てば良いのか? と先の見えない現状に絶望されていくのかと思うと切なくてたまりません。

ご年配の方にとっては、仮に数年後に復興したとしても、その復興した街や新しい我が家に自分はもういないのでは? と感じられてもおかしくないです。

特に原発事故による汚染地域の方には、待てば帰れるのか? もう無理なのか? それさえはっきりしていないのが現状です。

一説には、事故のあった原発廃炉のめどは2051年とか。

あと35年・・・ボクでも生きているかどうかわかりません。

そんな被災地がある一方で、「オリンピックで日本を元気に」と言う声にはなんだか浮世離れ感が否めません。

今、オリンピックなどしている場合なのか? と。

スタジアム建設だけで途方もない金額が提示されているのを見ると、疑問符しか浮かびません。

さらには、景気回復のためには原発再稼働が必要などと、被災地の方々にとって耳をふさぎたくなる声もあります。

前回のオリンピックは、敗戦の焼け野原からの復興のシンボルとなったかもしれませんが、時代も背景もまったく違います。

人の暮らしに元気は必要ですが、それは人と人が繋がり支え合う環境があって初めて成り立つはずです。

オリンピックで日本人選手が活躍し喜び合うのも、まずそんな環境を復興してからの話だろうと思います。

時間は、どんな出来事も風化させてしまいがちですが、他人事ではなく考え、学び、できることをし続けていくしかありません。

世の中安穏なれ、仏法広まれ、

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

|

« あれから5年(1) | トップページ | 精一杯生きる »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あれから5年(1) | トップページ | 精一杯生きる »