« 来年の年忌案内 | トップページ | いよいよ? 冬? いや、まだ »

人・妖怪・水木さん

今日から1週間、農村の報恩講ラッシュです。


今日も年に一度のご縁、たくさんいただき、感謝です。

12289656_901601496584132_6202794620
昨日、マンガ家の水木しげるさんがご往生されたと聞きました。

幼いころ、恐る恐る観ていたアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」を思い出します。

その後、水木さんが従軍されたときのことを書かれた作品を読み、戦争のひとつの実態を知ることができました。

妖怪という存在が実在するかどうかなどは、無粋な人の言うこと。

水木さんが描いた妖怪の姿は、すべて彼が思う人間の一面なんですよね。

ねずみ男などは、まさにどこにでも、すぐ近くにいそうな人間臭さを持った名キャラクターではないでしょうか?

安易で無疑問的で楽な道を転がろうとするねずみ男の姿に、それでいいのか? と疑問を持つのが鬼太郎で、警鐘を鳴らすのが目玉おやじ、そんな感じがします。

ひとつの事柄は、真正面から見た姿と、横やナナメ、上や下から見た姿は同じではありません。

世の中の出来事もまたしかり。

ボクやあなたは、ねずみ男の姿をしていますか? それとも鬼太郎や目玉おやじでしょうか?

水木さんの作品から、そういう読解力や想像力を養い、安穏な世の中を考えるのも供養となるのではないでしょうか。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

|

« 来年の年忌案内 | トップページ | いよいよ? 冬? いや、まだ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来年の年忌案内 | トップページ | いよいよ? 冬? いや、まだ »