« 訃報あり | トップページ | ぶっちゃけ、困ります »

消えゆく風習

連日、ご門徒宅での報恩講をお勤めさせていただいておりますが、そろそろ在所(農村など)の総報恩講も始まってきました。


12191377_890400951037520_8890062215
今日のT地区の総報恩講の日です。

在所の報恩講は、お勤めする日が決まっていて、その在所にご門徒のあるお寺が各家をお勤めして回ります。

ひと昔前まで、その在所のすべてもお宅を回り終えると、「宿(やど)」と呼ばれ、毎年順番に代わる当番の家に僧侶、村の世話役などが集まってお斎をいただく風習がありました。

今日のT地区は、当寺ご門徒のある村の中で、昨年までそれが残る最後の村でしたが、高齢化や認知症などの病気などの理由により今年から廃止されました。

報恩講をお勤めする風習はまだまだ健在ながら、こういう懇親の場がなくなっていくのは、なんだか寂しいものですね。

それでも、いや、だからこそ1軒1軒、より精一杯お勤めさせていただきます。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

|

« 訃報あり | トップページ | ぶっちゃけ、困ります »

法務あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 訃報あり | トップページ | ぶっちゃけ、困ります »