« ふぅ | トップページ | 子どもとお参り »

因があり果がある

裏を見せ、表も見せて散るもみじ


毎年もみじを見ると思い出す良寛和尚の句です。

12003881_894882063922742_6317453757
しかし、テレビやネットを観てるとそんな呑気なことを言ってる風情ではありませんね。

ヨーロッパでのテロ事件、犠牲になった多くの方々を想うと痛ましいばかります。

テロという行為が卑劣で許すべきことでないことは言うまでもありません。

ただ、どうしても感じるのは、空爆などの力での解決方法です。

なぜ? テロが起こるのか? その根源は何なのか?

何事にも因があり果があります。

古くは十字軍であったり、イスラエル問題であったり、長く宗教の名のもとに続いてきた闘争であることです。

それぞれのモノサシで善悪を決めて力を行使し続ける限り、いつまでも解決は見えてこないのではないかと思います。

どちらにとっても負の歴史があり、そこを認め合うことが至難の業であることは、よくわかります。

力で押せば、勢力は分裂し散らばります。

日本もけして蚊帳の外ではなくなる日が来るかもしれません。

お断りしておきますが、ボクはテロを肯定しているわけではありません。

ただ、空爆などの因は、続けることは解決を遠のける果にしかならないのでは? そう思われてならないだけです。

お互いに裏も表も見せあう環境を望みたいものです。

あらためて犠牲者に哀悼の念を捧げます。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

|

« ふぅ | トップページ | 子どもとお参り »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふぅ | トップページ | 子どもとお参り »