« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

来年の年忌案内

雨が続いていましたが、今日は久しぶりに青空でした。

12279025_900736026670679_8239394362

明日から12月ですが、まだ天気予報に雪ダルマは出現していません。

いつタイヤ交換をしようかと思案中です。

さて、今年はご本山報恩講にお参りできなかった時間を利用して、いつもより早
め来年の年忌案内を作成し終えました。

1月に年忌がある方には早速発送しましたが、それ以外の方には来月後半に発行予定の寺報に同封いたします。

ちなみに、来年(2016=平成28年)の年忌は以下の通りです。

1周忌 :2015(平成27)年没

3回忌 :2014(平成26)年没

7回忌 :2010(平成22)年没

13回忌:2004(平成16)年没

17回忌:2000(平成12)年没

25回忌:1992(平成4)年没

33回忌:1984(昭和59)年没

50回忌:1967(昭和42)年没

年忌法要は、それぞれのお宅のご先祖、つまりあなたに命を繋いでくださった方々に感謝し、その命を大切に生きる教えをいただく仏縁です。

ご法事のご依頼はお早めにどうぞ。

合掌


�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

季節の変わり目

今朝は、外が真っ白になっていて驚きました。


12274758_899470280130587_3617353883
雪ではなく、アラレが積もったようです。

まだ冬タイヤ交換もしていません(汗)。

しかし、今後の天気予報でも雪ダルマはありません。

さて、どうしたものでしょうか(苦笑)?

ただ、ぐっと寒さが厳しくなってきましたので、ご自愛くださいますよう。

ところで、明日は親鸞聖人のご命日です。

京都のご本山では、報恩講最終日となり、全国から何千人もの方々がお参りされることでしょう。

毎年、ボクもできるだけお参りしていましたが、今年は土曜日とあって断念しました。

もし、明日行かれる方はボクの分までお参りしてきてくださいね。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

強い味方?

今日は、市内近郊のご門徒宅で報恩講を10数軒お勤めしてきました。


来月中旬まで、あと60軒ほどとなり、おぼろげながらゴールが見えてきたように思います。

今年も最後まで気を抜かず精一杯お勤めさせていただきます。

しかし、9月末から始まった報恩講シーズンも今ごろは疲労もピークになりつつあります。

そんなときは、これです!

12278650_898826400194975_1557807799
肩掛け型マッサージ器です。

肩はもちろん、背中、太もも、ふくらはぎと前身に使えます♪

数年前に購入してから手放せなくなりました(笑)。

今夜もこれで身体をほぐして、また明日も頑張ります。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

ひとつひとつ

今日は、1日に回るご門徒宅の報恩講では最大数の日でした。


朝から出て、かほく市などを回って帰寺したのは夜7時でした。

疲労度は高いものの、今年もお会いできた♪ と喜び合う方々とのご縁もあり、心地よい疲れです。

12247124_898033573607591_2522213617
中でも、このお宅のお仏華は見事です。

毎年、このお宅に来るとため息が出るほど見惚れてしまいます。

綺麗なだけでなく、どことなくかわいさもあり、癒される美しさですね。

そして、年に一度の報恩講をお勤めするにあたって、こういうお仏華を準備する習慣が受け継がれていることが嬉しくもありがたい思いです。

報恩講シーズンも後半戦、大きなヤマを越えたましたが、まだまだ来月中旬まで続きます。

引き続き精一杯お勤めさせていただきます。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

子どもとお参り

日本一? 雨の日の多い金沢ですが、今秋は晴天が多いですね。


今日、ふと空を見上げるとこんな感じでした。

12274777_896766087067673_9071142587
飛行機雲は3本も(笑)♪

報恩講参りも100軒を超え、後半にさしかかりつつありますが、明日からの連休はご法事も多く、また駆け回ることになりそうです。

今日お邪魔したお宅には2歳半くらいの男の子がいます。

毎月、ボクが来るのを楽しみに待っていてくれるらしく、それを聞いてボクも嬉しくなっています。

読経の間もちゃんと大人しくお参りしている姿がとてもかわいいです。

思えば、この春に亡くなったこのお宅の婆ちゃん、この子にとってはひい婆ちゃんは熱心な念仏者で、当寺の総代も勤めてくださった方でした。

その姿勢は子、孫、ひ孫とちゃんと受け継がれていることが嬉しいなぁ、と思います。

小さい子にはわからんし、そういう感覚でご法事やご葬儀に子どもをお参りさせないケースもありますが、わからずともそこにいることがちゃんと残ります。

「これからの若い子らは、寺も仏壇も参らんぞ」などと言う年配層、とくに男性がいらっしゃいますが、それはそう言っているご本人がお参りする姿を見せていないからなんです。

ご先祖を大事にするとは、やみくもにお墓参りなどをすることではなく、ご先祖が大事にされたものを大事に受け継ぐということです。

そこに古いも新しいもありませんよ。

ちゃんと受け継いでくださいね。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

因があり果がある

裏を見せ、表も見せて散るもみじ


毎年もみじを見ると思い出す良寛和尚の句です。

12003881_894882063922742_6317453757
しかし、テレビやネットを観てるとそんな呑気なことを言ってる風情ではありませんね。

ヨーロッパでのテロ事件、犠牲になった多くの方々を想うと痛ましいばかります。

テロという行為が卑劣で許すべきことでないことは言うまでもありません。

ただ、どうしても感じるのは、空爆などの力での解決方法です。

なぜ? テロが起こるのか? その根源は何なのか?

何事にも因があり果があります。

古くは十字軍であったり、イスラエル問題であったり、長く宗教の名のもとに続いてきた闘争であることです。

それぞれのモノサシで善悪を決めて力を行使し続ける限り、いつまでも解決は見えてこないのではないかと思います。

どちらにとっても負の歴史があり、そこを認め合うことが至難の業であることは、よくわかります。

力で押せば、勢力は分裂し散らばります。

日本もけして蚊帳の外ではなくなる日が来るかもしれません。

お断りしておきますが、ボクはテロを肯定しているわけではありません。

ただ、空爆などの因は、続けることは解決を遠のける果にしかならないのでは? そう思われてならないだけです。

お互いに裏も表も見せあう環境を望みたいものです。

あらためて犠牲者に哀悼の念を捧げます。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

ふぅ

昨日のマラソン大会、ランナーに皆さんには、雨の中お疲れさまでした、と思います。


こちらもなんとか1日の法務を無事終えることができて、ホッとしました。

12249648_894984760579139_3747168455
いろんなご意見あろうかと思いますが、来年も開催するなら、いろんな意味でよりよいものにしていただきたいと思います。

夕べは疲労困憊ながら、両国国技館で行われた天龍源一郎さんの引退試合をネットで観戦しながら一献。

泣けました。

65歳の天龍さんが、37歳下の現役王者とシングルマッチ。

他のスポーツ選手ではありえないシチュエーションです。

結果的には負けました。

でも、最後まで前を向く目が死んでなかった天龍さんの姿に胸が熱くなりました。

プロレスほど、勝ち負けだけでないジャンルはないと思います。

そこにどんなドラマが生まれるか? が大事な、ある意味では特異なジャンルです。

ほとんど見たことのない人ほど「あんなもん」的なことを言いますが、ボクはあのドラマチックさが好きなんです(笑)。

ボクら世代はもちろんですが、60代の方々にも「老け込むのは気持ちの問題だぜ」と教えられるような一戦でした。

ある意味、勝って当然の王者オカダ選手は、横たわる天龍さんに深々と一礼して退場しました。

彼の姿勢に感心しつつ、こういうふうに敬われる歳の取り方をしたいものですね。

無理をすることはないですが、常に今できることを精一杯するという姿勢を持って生き切りたいなぁ、と。

天龍さん、本当にお疲れ様でした。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

さらなる疑問

日が落ちると、秋風が冷たくなってきました。


Sdsc01159
ご門徒宅での報恩講、こんなふうにお内仏を綺麗に荘厳しお迎えしてくださるお宅がまだまだ多くあります。

さて、報恩講といえば、金沢の東西別院でも報恩講がお勤まりになっています。

しかし、例の金沢マラソンで明後日は参詣したくとも別院にたどり着けないかも? という話も聴きました。

また、全国的に七五三があり、各神社へ行こうという方も多いのに・・・という話も。

前に開催への疑問は書きましたが、なぜ11月15日なのか? も疑問だらけですね。

できれば、今年限りにしていただきたいですし、来年からも開催するのなら日時やコースの綿密な再考を望みます。

しかし、まぁ、ひと昔前なら、この時期はすでにアラレやミゾレが降ってこんなイベントは開催できなかったでしょうねぇ(苦笑)。

温暖化による思いがけない弊害とでも言うべきでしょうか。

明後日1日、無事に遅延なく法務が遂行できますよう。

願うばかりです。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

人とクルマと地域

街中の紅葉もピークでしょうか? 今年はどこを見ても綺麗ですね。


12241687_893394997404782_8611491559
県外ナンバーの車両もよく見かけます。

当寺の前は一方通行路ですが、県外ナンバー車両の逆走をよく見かけます。

交通標識は全国共通なので、注意していればわかりそうなものですが・・・。

クルマと言えば、高齢者の事故や警察官の飲酒運転事件などの報道も後を絶ちませんね。

後者はもってのほかとしか言いようがないですが、前者については考えさせられます。

東京などで暮らしているとピンと来ないかもしれませんが、地方都市では徒歩5分以上はクルマで移動する人がほとんどです。

金沢のように、市内を細かく走る電車も、地下鉄もなく、バスの本数も少ないとどうしてもクルマに頼ります。

クルマに慣れると、どんどん歩かなくなります。

すると、加齢とともに足腰の衰えが顕著になり、よりクルマに頼らざるを得なくなります。

高齢のため運転免許を返上するには、とても大きな決断力がいりますし、返上すると外出をしなくなります。

子や孫と同居していればまだしも、老夫婦のみや独居だと最低限の外出しかせず、家に引きこもるケースが多いので、認知症などになりやすくなります。

高齢者でも女性はまだ活動的ですが、男性は難しいです。

ディサービスなどでも、女性はいったん来れば同年代とのおしゃべりなどを楽しむようになりやすいのですが、男性は人の輪に入るタイミングがつかめず孤立しやすいそうです。

人の輪に入ったとしても、過去の経歴などを持ち出して威張りたがる方も多く、そういう方は敬遠されてしまうということも。

高齢化に拍車のかかる地方都市は、クルマに頼らず、高齢者が外出しやすい街づくりが急務だと思います。

市町村行政の人は、それこそクルマに乗らず、高齢者の立場で街中を歩いて考えていただきたいなぁ、と。

当寺の朝市などが、少しでもそういう高齢者の役に立っていれば良いと思いますし、そういう試みがもっと増えていけばとも思います。

皆、生きている限り高齢化します。

他人事ではなく、自分のこととして考えていければ、と。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

ぶっちゃけ、困ります

報恩講をお勤めしている昼間は、汗ばむこともあるほど温暖です。


また急にガクっと寒くなるんでしょうか?

心配です。

Sdsc01155
しかし。

困りました。

この週末、市内全域を使ったマラソン大会があるそうです。

ご法事の予定も報恩講の予定もあります。

当日の市内交通規制マップを見て愕然としました。

慌てて報恩講の予定、午前中はとても無理と判断し日時変更をお願いしました。

しかし、ご法事はそうはいきません。

なんとか抜け道を探してたどり着きたいものですが、抜け道が混雑することは明白です。

東京マラソンが人気なのはわかりますが、地下鉄もなくクルマが命綱である地方都市での開催は疑問ですね。

皆の休みが土日なわけでありません。

そうでなくともいろんなイベントやお祭り的行事の多い秋で、毎週のように辟易しています。

土日祝に働く、それも多忙な市民のことももう少し考慮していただきたいものです。

お願いします。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

消えゆく風習

連日、ご門徒宅での報恩講をお勤めさせていただいておりますが、そろそろ在所(農村など)の総報恩講も始まってきました。


12191377_890400951037520_8890062215
今日のT地区の総報恩講の日です。

在所の報恩講は、お勤めする日が決まっていて、その在所にご門徒のあるお寺が各家をお勤めして回ります。

ひと昔前まで、その在所のすべてもお宅を回り終えると、「宿(やど)」と呼ばれ、毎年順番に代わる当番の家に僧侶、村の世話役などが集まってお斎をいただく風習がありました。

今日のT地区は、当寺ご門徒のある村の中で、昨年までそれが残る最後の村でしたが、高齢化や認知症などの病気などの理由により今年から廃止されました。

報恩講をお勤めする風習はまだまだ健在ながら、こういう懇親の場がなくなっていくのは、なんだか寂しいものですね。

それでも、いや、だからこそ1軒1軒、より精一杯お勤めさせていただきます。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

訃報あり

11月になり、朝晩ぐっと冷えるようになってきました。


12065638_888183294592619_2170464165
体調を崩しやすい季節ですので、くれぐれもご自愛ください。

11月は訃報も多いことがあります。

実は先月30日、当寺報恩講終了後もお通夜でした。

今日もこれからお通夜に出かけます。

こればかりは、いつというわけにはいきませんし、最優先で対応させていただきたいと思います。

しかし、木曜日や金曜日に亡くなった場合、ご葬儀が土日になりますと、たいがいご法事の予定が入っていて、どうしてもご希望の時間にお勤めすることが困難な場合があります。

ご弔問の方々には、土日のご葬儀は都合が良いこともわかりますが、身体はひとつしかありません。

ご法事予定のお宅にご無理をお願いする場合もあり、多くの場合は「ご葬儀なら仕方がないですね」と1時間、あるいは30分の時間変更をしてくださいますが、まれに「こっちは〇か月前からお願いしてるんですよ?」と難色を示す方もあります。

また、来月中旬までは、ご門徒宅の報恩講もますます過密化してきます。

予定の変更などをお願いする場合がありましたら、どうかご理解のほどお願いいたします。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

報恩講ロス?

当寺の報恩講を終えて、いわゆるロス状態です(苦笑)。


12187842_1023294201025599_101401466
しかし、否応なしに法務は続きますがし、どの法務も気を抜くわけにはいきません。

今日も、1日中、月忌参りとともにご門徒宅での報恩講をお勤めさせていただきました。

そんな中で、年に一度、報恩講だけでお邪魔するお宅もあり、「おかげさんで、今年もほんこさん(報恩講)と、ご住職にお遭いできました」と再会を喜び合うことも。

嬉しいですね。

今後、ご門徒宅での報恩講は12月中旬まで続きます。

年に一度のご縁、気を入れてお勤めさせていただきたいと思います。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »