« 秋の始まり | トップページ | 仲秋の候 »

報恩講に想う

この3日間、他寺さんの報恩講に参勤し、秋の到来を感じています。


12002826_875153122562303_6123171742
数は減ったとはいえ、どのお寺でも年に1度の報恩講を待ちわびてお参りに来られたご門徒さん方の笑顔がありました。

親鸞聖人のご命日=11月28日を前後し、その恩徳を偲び秋にお勤まりになる報恩講。

真宗門徒が大事に守ってきた、真宗ならではの仏事です。

各寺で、各家庭で、今年も多くの報恩講のご縁いただけますよう。

今まで報恩講をお勤めしていないお宅でも、お内仏(仏壇)があればお勤めできますので、ご希望の方はご相談ください。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

|

« 秋の始まり | トップページ | 仲秋の候 »

真宗の生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の始まり | トップページ | 仲秋の候 »