« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

平日なので行ってきます

明日は、総代で責任役員のF氏の御母堂のご葬儀です。


101歳の大往生でした。

Sdsc01165
このお婆ちゃんには、ボクも若いころからお世話になりました。

明日のご葬儀は精一杯お勤めさせていただきます。

そして、夕方には明後日のご正忌(ごしょうき=親鸞さんのご命日)にお参りするため京都に帰ります。

今年が金曜日なので、来年は土曜、再来年は日曜、となると行けない可能性が高いので今年は行きたいと思っていました。

この日くらいはご本山で親鸞さんとともに過ごしたい、そう思います。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

ふぅ~連休終了

怒涛のと、思わず表現してしまうようなハードな連休でした。


ご葬儀をお勤めしたセレモニーホールのスタッフに、iPhoneのスケジュールアプリを見せると「これ、マジすか?」と真顔で驚かれたほどハードな日程でした(苦笑)。

1451552_544880515589567_2118941606_
それでも多くのご縁をいただき、仏縁をともにさせていただけたことにとても充実感を噛みしめています。

明日も、市内各所のご門徒宅報恩講に駆け回る1日ですが、また多くのご縁をいただけますよう。

お知らせ~京都のご本山・東本願寺では報恩講がこの21日に始まり、ご命日の28日までお勤まりになっています。

ボクも28日にはお参りに行けたら行きたいと思っています。

皆さまもぜひぜひお参りくださいますよう。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

続く訃報

明日から今年最後の連休とか。


法務が過密スケジュールでスムーズに移動できるかが何より心配です。

Sdsc01155
と、そこへ昨日と今日、続けて訃報があり、さらに過密スケジュール化し、日程の調整に大わらわしています(汗)。

明後日は、毎年1日かけてかほく市方面の報恩講があるので、その日の月忌参りなどを前後に変更していただいています。

訃報によって、さらに変更のお願い電話をし、なんとかスケジュールを再構築し終えてホッとしこのブログを書いています。

ご葬儀も、報恩講も、ご法事も、月忌参りも精一杯お勤めさせていただきたいのですが、どうしても慌ただしいものにならざる得ないことがいつも心苦しいです。

それでも可能な限りしっかりお勤めさせていただくつもりでおりますので、どうかご容赦くださいますよう。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

喜寿と50周年

今日は父親の誕生日で、明日は母親の誕生日です。


1日違いとあって、毎年いっしょにお祝いをしていますが、今年は父が喜寿(77歳)、そして両親が結婚50周年を迎えました。

京都に住む妹もやってきて久しぶりに家族全員集合での外食となりました。

11399_723257131085237_2670096543701
照れくさそうな父と、素直にはしゃぐ母の姿に、日ごろはいろいろあってもやはりこちらも嬉しくなりました。

喜寿ももちろんですが、結婚生活を50年続けてきた二人を尊敬します。

継続は力なり。

これからも1日1日のご縁を大事にともに過ごしていければ良いなぁと思います。

そんな日々がいつまで続くかはわかりません。

だからこそ、今日という1日が大切なご縁であるとあらためて感じました。

おめでとうございます。

そして、ありがとうございます。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (2)

15年の相方

激しい雨、時おり雷、北陸の冬模様になってきました。


10367120_720999747977642_2030931767
こんな状況でも、ボクのクルマはよく走ってくれます。

もうすぐ車検、丸15年を迎えます。

しょっちゅう買い替えを催促されますが、何も問題なくパワフルに走ってくれるので限界まで付き合ってもらおうと思っています。

気に入ったものはとことん使う主義です(笑)。

いろいろ良くしていただいているクルマ屋さんには申し訳ないとは思いますが、ぶっちゃけて言うなら、乗ってみたい! と思う魅力的なクルマがないというのも事実なんですね。

バブル期のような冒険心や、遊び心のあるクルマが本当にないなぁと感じています。

どのメーカーの、どの車種も似たり寄ったり、言うなれば無難なものが多いなぁと。

まぁ、仮に魅力的なクルマがあったとしても、実際に購入となれば我が家の経済的状況と深く関わってきますので、それはまた別問題なんですが(苦笑)。

そろそろタイヤ交換も考えつつ、16年目も大事に乗りたいなぁと思います。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

寒波? 寒くなりましたね

昨日くらいから一気に寒さが倍増したようで、また雨と風もすごく、早くも冬を思わせます。


急な気温の変化があると、訃報があることが多い、つまり体調を崩しやすいということですので、ご自身はもちろん、周囲の方にも気をかけてあげてくださいね。

Sdsc01159
先日、報恩講をお勤めさせていただいたお宅のお内仏です。

仏具は綺麗におみがきされ、内敷をかけ、お仏華も見事です。

このお宅は、築100年以上(推定)の町家で、ここにおひとりで住んでいらっしゃるのは90歳のお婆ちゃんです。

お元気です(笑)。

先月の当寺報恩講にも2日ともお参りに来られました。

「今年もお寺のほんこ(報恩講)さんに会わせてもろて、本当に良かった。でもねぇ、いつもお寺でお会いしてた方が行くたびに減ってきて、自分の歳を感じますわよ(苦笑)」と。

幸い当寺はそれほど顕著ではありませんが、今までお参りに来られていたご門徒さんが亡くなる、あるいは入院や施設に入られて来られなくなる方は多いです。

そして、その家の次世代の方が参りに来られるケースは少ないですね。

親やご先祖を大事にするということは、お墓参りをすることだけでなく、親やご先祖が大切に守っていたものを受け継ぐということでもあります。

このお婆ちゃんのお宅も、お婆ちゃんの後もこのようなお内仏でお勤めさせていただけるかどうか、そんなことを考えてしまいます。

時代は変わる。

でも、変わって良いことと、そうでないことがあると思います。

親鸞さん以来750余年、今でも報恩講が各寺、各家庭でお勤めされているのは、時代が変わっても守るべきものをしっかり守ってきた我々のご先祖がいたからなんですね。

まだまだ続くご門徒宅報恩講。

しっかりお勤めさせていただきます。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

存在感

ひと雨ごとに冬に近づいていくような今日このごろです。


今日、午前中は秋晴れで陽ざしも強く、猫たちも気持ちよさそうにお昼寝していました。

10407626_719917661419184_4795413174
昨日のこと。

とある農村のN家にて、月忌参り後にこの家で独居のN氏(73)と会話していて気づかされました。

農作業中に通りかかった知人としゃべっていたところ、同じ村の某氏がN氏についてあることないこと悪く言っていたとのこと。

一瞬、怒りを感じたものの、ハッとなったと。

「あぁ、こんな独り暮らしの年寄りのワシにも、まだそんな存在感があったんやなぁ~と思うと、なんかねぇ、ありがたいなぁ~って思ったんですよ(苦笑)」

と、どこか嬉しそうにおっしゃいました。

それを聞いて、そうか、歳を取るということは、世間での存在感がどんどん薄くなっていく寂しさを伴うものなのかと。

でも、悪口を言われて、それをありがたいと感じたというN氏の感性に頭が下がる思いでした。

そう考えると、人との関わりを煩わしいと思ったりすることは、とてももったいないことなのかもしれませんね。

人との関わりがあって、自分を知り、見つめることや気づかされる日常が本当はとてもありがたいことなのだと。

こんな気づきをいただけて、ボクもなんだか嬉しくなりつつN家を辞去してきました。

ありがとうございました。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

年に一度です

今日は、昨日の雨がウソのような秋晴れでした。


1609617_719019541508996_70099357454
午前中にお邪魔したお宅で、月忌参りとともに報恩講をお勤めし終えると、婆ちゃんがしみじみとおっしゃいました。

「あぁ、今年もほんこ(報恩講)に会えた。来年はどうやろなぁ」と。

「そうですねぇ。ボクもこの家のほんこさんにお会いさせてもらえるのは年に一度ですし、ボクも来年はどないなってるかわかりませんよ(笑)」

「あらぁ、住職さんはまだまだお若いからいいですよねぇ(笑)」

「いやぁ、それでもボクは毎日クルマに乗ってますし、婆ちゃんより事故にあう確立はずっと高いからねぇ、明日をも知れぬ身なんはおんなじですよ」

「あぁ、そうですねぇ~。その日、その日なんですよね」

「そうですね。今日も1日ありがとうの積み重ねですね、お互いに」

「はい。ありがとうござぃます」

こんな会話から、真宗門徒の生き方、というか人間本来の在り方を教えられます。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

在所(村)報恩講

9月末から始まったご門徒宅報恩講も中盤を迎え、街中のお勤めに在所と呼ばれる農村部などの報恩講が始まりました。


10419012_716616051749345_4584393676
在所の報恩講は、毎年その月日が決まっています。

昨日は、郊外のT町へ。

10616625_717019095042374_4791085787
1軒づつ一緒に回ってくださる世話役の方々。

この村で生まれ育った幼馴染トリオです(笑)。

当寺の前住職ともほぼ同年、つまりボクの親世代ですが、「住職」と呼んで敬ってくださいます。

こういう村の報恩講の風景もどんどん見られなくなってきています。

報恩講はお勤めしても、こうして世話を焼く人々がいなくなってきています。

当寺の役員・総代にしても来春任期を迎え、新たな人材をと思っていますが、なかなか適任と思われる方がいらっしゃらずに頭を抱えてしまいます。

先祖代々のご縁、大切に守り、また相続していきたいと願うばかりです。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

増える認知症の方とのご縁

月忌参り、ご門徒宅報恩講、毎日多くのお宅にお邪魔しております。


10419012_716616051749345_4584393676
そんな中で年々深刻化しているように見えるのが認知症の方の増加です。

先日も、ここ3か月ほど「ひょっとして?」と思っていた方が認知症と診断されたと聞かされました。

いくつかのケースを目の当たりにしているうちに、「そうかも?」とピンとくることがあり、自分でも困惑しきりです。

以前にも書きましたが、たとえば、お参りの日を忘れたりすることがあった場合、正常な物忘れならいろいろ言い訳したり、「あーっ!」と慌てたりします。

でも、認知症かも? という場合は、「あぁ、そうでしたか~」と慌てることもなく、どこか他人事な反応なんです。

第三者がいる場合、ボクとその人が会話してても無関心で無表情だったり、話を振ったりしてもまったく聞いていなかったり。

なりたくてなる人はいないし、れっきとした病なんですよね。

なんとかならないものか?

そう思いつつも、本人にはより優しく対応し、言っていることをけして否定せず、同居する家族がいればそれとなく促すことくらいしかできません。

どれだけおかしなことを言っていても、叱ったりきつく否定することは逆効果でしかないと思います。

ご家族、ご親族、ご近所に「あれ?」と思う方がいらっしゃったら、早めの対処をしてあげてください。

お願いします。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

深まる秋

全国的に荒れ模様の連休でしたが、報恩講の疲れが取れる間もなくご法事、ご門徒宅報恩講に走り回っています。


1002646_712830662127884_87404146970
紅葉もみるみるうちに色づいて秋が深まっていきます。

すると、今年もご本山の報恩講が近づいてきたなぁと思い、今年はお参りに行けるやろか? と思いを馳せてみたりします。

昨秋、久しぶりにお参りしてみて、やはり来れるときには来たいなぁと感じました。

まぁ、平日であることと、体調および経済的な余裕があるかどうかになってきますけども(苦笑)。

ご本山の東本願寺報恩講は今月21日~28日です。

皆さまもぜひお参りください。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »