« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

怒涛の一週間

この一週間、お通夜、ご葬儀、ご法事、他寺の報恩講、親戚寺院の親鸞聖人750回御遠忌法要、内灘町のご門徒宅報恩講が40軒弱と、まさに怒涛のスケジュールでした。


10711144_698301833580767_1895154620
正直言って、とても疲れました。

でも、思い返せば、とてもたくさんのご縁をいただいたなぁという実感から、充実感もあります。

明日は、月忌参りのみの平日法務で、ようやく日常に戻れそうです。

と、言っても寺報「大慈山」秋号が、まもなく入庫予定。

今週中には発送したいなぁと思っております。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

年に一度の積み重ね

今日は内灘方面で、ご門徒宅報恩講を20軒弱ほどお勤めしてきました。


いよいよ秋だなぁという感じです。

1234771_696973553713595_64379501642
明日はご法事に月忌参り、明後日は親戚C寺さんの御遠忌、その次は内灘報恩講2日目とご法務ラッシュです。

でも、毎年のことですが、ご門徒宅の報恩講は、そのお宅にとっては年に一度の大事な仏縁です。

それだけは忘れずに、1軒1軒しっかりお勤めさせていただきたいなぁと思います。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

祖父の写真

今度の日曜日、親戚のC寺さんで親鸞聖人750回御遠忌法要がお勤めされます。


ボクは親戚寺院の住職として、その法要式を司る式司(しきじ)という大役を任されました。

逆に、当寺の大法要やお弔い時には、C寺さんのご住職が式司を勤めてくださいます。

昨夜は、その御遠忌の準備と打合わせで、他スタッフとともに夜遅くまでC寺さんにいました。

そこで、およそ40年ほど前の御遠忌時の写真を見せてもらいました。

そこにはやはり式司を勤める先々代、つまりボクの爺ちゃんがいました。

10659297_695877927156491_3941729025
向かって左からふたり目がそうです。

10438165_695877977156486_5785801159
この写真では真ん中にいます。

爺ちゃんは、婿養子だったためか、お寺にいるときはしかめっ面のイメージがボクにはありましたが、こうしてみるとなかなかのイケメンですねぇ(笑)。

爺ちゃんの笑われないよう、しっかりお勤めさせていただきたいと思います。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

報恩講シーズンスタート

明日はお彼岸の中日です。


午後から、近くのH寺さんの報恩講に参勤いたします。

1236780_517198365024449_622035709_n
ここから12月中旬まで、長い長い秋の始まりです。

今週末には、ご門徒宅での報恩講も始まり、いよいよ秋本番です。

今年も最後まで、しっかり精一杯お勤めし完走したいと思います。

寺報「大慈山」153=秋号も編集中で、10月入りすぐにお届けできるかと思いますのでよろしくお願いいたします。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

良いのか? 悪いのか?

雲の動きって、見てるとおもしろいです。


10672207_693945414016409_6844962571
お参りに車で回ってる信号待ちなどで、見てると飽きないですね。

さて、欧州の某国で独立を問う住民投票があり、反対多数だったとのこと。

この国は、もともと4つの国を統合した連合王国です。

もしも、これが賛成多数だった場合、世界中にその余波が訪れ、独立運動が活発化したことでしょう。

ただ、今回のことがとても民主的に行われ、住民の意思で決まったということは良いことだと思います。

世界が細分化することが良いことなのか、それとも大きくまとまっていく方が良いのか、どちらなのでしょうか?

たとえば、日本でも市町村の合併がだいぶ行われましたが、合併して良かったという話はあまり聞かないんですよね。

行政単位は小さい方が行き届くという面と、収入の増減の問題と、それらがなかなか一致しないのではないでしょうか。

国の話になると、そこに民族の違いや宗教や文化が大きくか関わってくるので一概にどっちが良いとも言えないことかと思います。

しかし、さまざまな差異を分かり合える世界が望ましいのが理想だと思います。

違いを盾に人は交われない、理解し合えないのなら、なんと心の狭い生物なのかとも思います。

10人10色。

人は皆それぞれの色を持っています。

そして、そのそれぞれの色を尊重し合い、少々のいがみ合いをしながらも肩を寄せ合って生きています。

「人の交わる場所が人の生きる場所なのです」

専修学院の恩師である中川浩三郎先生の言葉を思い起こします。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

暑さ寒さも・・・

暑さ寒さも彼岸まで。


の、はずですが。

今年は残暑もなく、すでにお彼岸前に秋の気配がどんどん進行してますねぇ。

10363652_693341900743427_2349806242
しかし、ボクは暑がりですが、相方は寒がり。

父は寒がりですが、母は暑がり。

お参りにお邪魔するお宅でも、たいがいどっちかで、両方ともおんなじってことはまずないのが不思議です(笑)。

こんな気候だと、片方はまだ夏の服装で、その隣では冬のスタイルといった感じです。

夫婦とはおもしろいものですね(笑)。

これもご縁のなせるわざですかね。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

敬老

今日は敬老の日で、しかも昔ながら、というか本来の15日でした。


我が家も両親、息子にとっては祖父母とともに外食してきました。

10639730_692389010838716_5578086940
老いた者、老いたことを敬う日。

本来、老という字は尊敬語であったように思います。

江戸時代、幕府には大老、老中がいて、各藩には家老がいました。

それだけの経験と徳を積んだ者が将軍、あるいは藩主を補佐し、国内、藩内の政治を切りまわすわけです。

そして、町や村には長老と呼ばれる、その自治体の重鎮がいて一目置かれたわけです。

しかし。

今、老いることが尊敬の対象となっているかと言うと、どちらかというとできることなら老いたくない、老いるのは嫌だと嫌われるような風潮です。

若さと健康こそが何より大事なものであり、それを失うことは何よりも避けたいことであると。

そして、老いた方々は「こうなったら何でもあり」とばかりに、若者以上に傍若無人さが目につくことが年々増えているように思います。

これでは老人を敬いたくともなかなか難しいかもしれません。

その生き方、姿勢に説得力があり、口から出る言葉に重みがある、若い物のお手本となり、ああいう歳の取り方をしたいと思わせるような老人、いますか?

歳を取ることは、生かされてあって初めて可能なことです。

歳を取らない方法は、死ぬことしかない。

でも、歳を取るのも死ぬのも嫌だと理不尽なワガママを振りかざしているのが我々の現状であり、そんな我々の中から敬える老人が育つことは奇跡なのかもしれません。

むろん、接していてこういう歳の取り方をしたいなぁと思わせてくださるご老人も多くいらっしゃいますよ、現時点では。

少々厳しいことを書きましたが、それぞれが歳を取ることを生きることと自覚し、その年輪ひとつひとつが、つまり生きる日々の積み重ねによって成熟した人間となっていくことが、老という字がふたたび尊敬語とされる道かと思います。

歳を取ることは、すなわち生かされてある証と、ありがたくいただきましょう。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (3)

季節がわりにつき

今年は夏らしい夏もなく、また残暑もないですねぇ。


朝晩は涼しくて、気持ちよく眠ることができます。

10410975_689337004477250_6511880390
夏らしい夏でなくとも、夏の疲れはあるんでしょうね、きっと。

でも、夏の疲れとは言うものの、冬の疲れとは言いませんよね?

暑さというのは、やはりしんどいものなんですね。

今月後半からいよいよ忙しくなってきます。

今のうちにしっかり夏の疲れを払しょくしておきたいものです。

皆さまも、ご自愛くださいますよう。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

いよいよ秋の始まり近し

仲秋の名月、晴天とあって綺麗に愛でることができました。


Bxfwheicyaadbrl
いよいよ秋です。

10635988_690165134394437_1428237584
そして今日、ご本山から届いた大荷物。

今月末から始まるご門徒宅報恩講時にお配りするカレンダー、当寺報恩講にお参りいただいた方やお志をくださった方へのお返し小冊子などなど。

あぁ、秋が来るんやなぁ~と実感します。

この大量のカレンダーや冊子がなくなる頃には、もう年末なんです。

長い長い秋が始まります。

今年も一軒一軒、精一杯お勤めさせていただきたいと思います。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

初秋ツーリング

久しぶりの晴天、そして休務日の今日、およそ2か月ぶりにバイクを起動しました。


海が見たいなぁと思い、福井方面へ。

10407269_689245511153066_6789932159
幼いころに連れて行ってもらって以来となる東尋坊、越前海岸へ。

10665214_689246857819598_3783326591
途中、吉崎御坊に立ち寄り合掌。

10568936_689336861143931_3926625128
東尋坊♪

10671250_689256477818636_4877548648
爽やかな秋の海風に吹かれて、猫も気持ちよさそうにお昼寝です(笑)。

10370819_689272587817025_3433224921
東尋坊周辺で道を間違えたりしたこともあって、越前海岸は3分の1程度しか南下できませんでしたが、とても気持ちよく走れました。

次回は、こちらをメインにもっと南下してみたいと思います。

10406930_689262231151394_8227337915
名物おろし蕎麦もいただきました♪

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

消えゆく味?

相変わらず不安定な気候で、蒸し暑い日が続いています。


皆さま、体調管理にはくれぐれもお気を付けください。

昨日のこと。

月忌参りで訪れた農家Sさん宅で、嬉しいいただきものがありました。

10670213_687621831315434_5999533051

わかりにくいかもしれませんが、紫蘇(しそ)のジュースです。

10年前くらいまでは、どこの農家でも夏場になると作ってて、お参りに行くとよくお茶がわりにいただいたものですが、最近はとんと見かけなくなった貴重品です。

作る家によって味が微妙に違うのが手作り感があって良いのですが、紫蘇といっても酸味はほのかで、甘さは家によってさまざまです。

ただ、汗をかいた身体にこれをいただくと、スーッと汗が引いていくようなスッキリ感があって夏場にはありがたいものなんですよ。

何年か前に、このSさん宅で「最近、みかけなくなりましたねぇ」としゃべってると、たまたま来ていたSさんのお姉さんが「あら、ウチはまだ作ってますよ! よかったら差し上げましょうか?」と言ってくださり、それから毎年いただくようになりました。

ありがたいことです。

まだまだ残暑は続きそうですので、これを飲んで乗り切りたいと思います。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

月忌参りにて

月忌参りとは、ご門徒さん宅の毎月のご命日にお参りに行くことで、ボクの日々の基本法務です。


しかし、たまに忘れられます(苦笑)。

10562931_686862074724743_7986933760
そういう場合は、こんなふうに毎月お渡ししている「同朋新聞」を置いてきて、「来ましたよ~!」という足跡を残してきます。

むろん、忘れていても在宅されているケースもあり、その場合は家の奥から「あーーーっ!」という叫びが聞かれたりもします(笑)。

ただ、今日の、この画像のお宅のご婦人ですが、ここ2~3か月ちょっとおかしいので心配しています。

忘れられていても、本当にうっかりしていた場合は良いのですが、その忘れ方が違うケースがたまにあります。

認知症の疑いがある場合です。

うまく言葉で説明できないのですが、どこかボンヤリしてて「あ、そうやったねぇ」と、普通のうっかりの場合の驚きみたいな感情がないのです。

普通の場合は、驚きや恥ずかしさなどの感情表現があって、その後にいろいろ言い訳をされることが多いのですが、どこか他人事のような反応なんですね。

そうかな? と思っても、それを本人はもちろんご家族にもなかなか言いづらいものなので、さて、どうしたものか? 杞憂であれば良いのだが・・・と。

ご年配者のご家族や周囲の方には、どうか気にかけて接してあげてくださいますよう。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

9月~雑感

今日から9月となりましたが、相変わらず梅雨のような1日でした。


一昨日、月忌参りの途中に当寺創建の地と言われる村の墓地に立ち寄りました。

7060_684015225009428_25023810759866
風は涼やかなれど、まだまだ日差しは強し。

10620543_684015258342758_5551318063
その横には、刈り入れを待つ稲穂が首を垂れていました。

秋近し。

昨日は、某民放テレビの24時間テレビがあり、これもひとつの夏の終わりの恒例かと思い、観るともなしに観ていました。

この番組の賛否、いろいろあれど、今回24時間マラソンを達成した彼の姿には感じるものがありましたね。

同系列の某番組で、農業に取り組んでいたグループのリーダーであり、この6月に亡くなったその農業指導者の爺ちゃんへの思いは、あの番組を観ていた方ならわかったことと思います。

あの爺ちゃんは、亡くなる前まで「必ず武道館へ応援に行くからな」と言っていたそうです。

その爺ちゃんのトレードマークだった白いタオルの鉢巻をしてのゴールは感慨深いものでした。

爺ちゃんがいつも言っていた口癖、「まだまだ」という言葉も思い起こされました。

自然の中で生かされてある人と植物のご縁たる農業において、そのゴールはない。

まだまだ、そのご縁を深めていくことをおっしゃっていたのかもしれません。

うがった見方はいくらでもできますが、感じることのできる部分も多いはず。

ボクは良いものを観させていただいたなぁと思いました。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »