« 年末年始を終えて | トップページ | 2014初役員会 »

年頭の一言

ようやく(?)寒波が到来したようで、今日は雪のチラつく1日でした。

1538849_565790770165208_1961649867_

ただ、雪かきするほどでもなく、太陽が顔を出す時間帯もあり、穏やかな冬の1日でした。

さて、寺報新年号にも書き、修正会でもお話しましたが、年頭に当たって蓮如上人のお言葉を引用させていただきました。

人(他人)の わろ(悪)き事は

よくよく見ゆるなり

わが身の わろ(悪)き事は

おぼえざるなり

われわれは、とかく他人を悪く言ったり非難することで、自分の同じような言動を忘れたり、封印したり、正当化したりと都合のよい自分を作って生活しています。

ただし、本当にその相手を愛し、その人のためを思って言う言葉であれば、自分の言動が伴っていなくても良いとも思います。

しかし、往々にして前者の場合が多く、言うだけ言って自分は聞かないことさえ多々あります。

人は人と交わることでしか、人たりえない、つまり他者あって自分を認識できるということで、他者とのご縁に感謝しても貶めることは本来できないはずなんですが。

でも、人を悪く言い、避難し、貶めてでも自分を守ろうとし、自分の価値観を高めようとさえしています。

愚かなり。

と、言われるゆえんがここにあります。

愚かだからこそ、南無阿弥陀仏と唱え、愚かな自分を照らし続ける阿弥陀さんの光に気づいていく生活が真宗門徒の日々の営みです。

今年も、愚かさに気づき凹むことが多々ありながらも、生かされてある命の大切さ、自分を成り立たせていただいている無数のご縁に感謝できる日々を積み重ねていければと念願します。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

|

« 年末年始を終えて | トップページ | 2014初役員会 »

真宗の生活」カテゴリの記事

コメント

人(他人)の わろ(悪)き事は
よくよく見ゆるなり

わが身の わろ(悪)き事は
おぼえざるなり

なるほど、時代を超えて、また洋の東西を問わず素敵な言葉ですね。

私(たち)自身が「凡夫」であることを示している言葉だと思いました。
「凡夫」…はある意味“…だらしない”けど、“最強”だと思う今日この頃です。


投稿: 鹿児島のタク | 2014年1月11日 (土) 06時31分

「凡夫」…はある意味“…だらしない”けど、“最強”(笑)

おもしろいですねw でも、自分にだらしないけど、他人に厳しいという部分では合ってるかもしれませんねw

投稿: Kei@住職 | 2014年1月11日 (土) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末年始を終えて | トップページ | 2014初役員会 »