« 久しぶりの息抜き | トップページ | 早くも秋雨? »

子どもの感受性と大人の役目

某市にて、小中学生への「はだしのゲン」という漫画の閲覧禁止措置がなされ、また、それが撤回されました。

この作品は、実際に広島で原爆を被ばくした作者の実体験に基づき描かれていることはご存知かと思います。

Cgen

たしかに目をそむけたくなる描写や会話があります。

でも、だから見せないという措置が正しいのでしょうか?

ボクは小4のときに、この作品をはじめて読みました。衝撃的でした。それこそ夢に見て眠れなくなったこともあったように思います。

しかし、こんな時代(すべてが戦争のためとされた時代)があったこと、原爆というものの恐ろしさと、戦争の愚かさを知りました。

作者たる中沢啓二さんに、ゲンを読んだ子が夜にトイレに行けなくなったという親からの手紙が寄せられたことがあったそうです。

中沢さんは、「お宅のお子さんは、とても優れた感受性をお持ちですね」と返事をされたそうです。

悲惨でも、悲惨だからこそ知らなければならないことがあります。

それにショックを受けることは当然でしょう。

だからこそ、そんな子どもをフォローしてあげるのが親であり先生ではないのですか?

読みっぱなしにするから、子どもの感受性はその許容範囲を超えてしまったままになるのではないですか?

ゲンを読んだ子に、日本は昔、世界中を敵にしたとんでもない戦争をしたんだよ。

そして原爆というとんでもない爆弾を落とされたんだよ。

その戦争が正しかったかどうか?

仮に正しかったとしても、第二次世界大戦で数千万人の命が失われたんだよ。

戦争がなかったら、そこらへんにいる普通の親、普通の夫、普通の息子、みんな普通の人間であり、死なずに生きていたはずなんだよ。

それでも正しい戦争って、本当にあるのかな? そこを考えてみてほしい。

そういう会話をしてみてはいかがでしょうか?

ゲンには、確かに未確認な事柄も描かれており、それについて日本人はやってなくても戦争という異常事態では、ひょっとしたら起こりうる惨劇かもしれない等、戦争を考えるキッカケにしてはどうでしょうか?

子どもがショックを受けるとしたら、それこそが戦争というものの残虐性を表現していると言って良いと思います。

子どもはちゃんと真正面から受け取り、考えます。だから素直にショックを受けるのです。

その素直さこそが、その素直さを失った大人が逆に教えられることでもあります。

親子が、先生と生徒が互いに考え、話し合う大きなキッカケとして、ゲンは大事だと思います。

親は先生任せ、先生は親任せでなく、対等に子を思い、信じましょう。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

|

« 久しぶりの息抜き | トップページ | 早くも秋雨? »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの息抜き | トップページ | 早くも秋雨? »