« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

再会の旅

昨日の昼前より三重県桑名市に1泊で行ってきました。


ボクが住職資格(=教師資格)を取得するために、大学卒業後に入学した大谷専修学院の同期数人で、当時職員として同じ寮に住んでいた池田先生のご自坊を訪ねてきました。

専修学院とは、全寮制で1年間を過ごすのですが、下は高校卒業したての19歳から上は定年退職した60代までが全国から集います。

いわゆる同じ釜の飯を食い、テレビもラジオも冷暖房もない環境のひとつ屋根の下で人間と人間が本音で向き合う生活の中から、人が生きる教えたる真宗を体得するという場所です。

431820_466947636716189_1761768799_n
その多くの仲間のうち、福岡から2人、名古屋、岐阜、三重からひとりづつとボクの計6名が集い、あの頃と変わらぬ笑顔と会話で大いに盛り上がりました。

池田先生の奥さまも、実はボクらの同期生で、紅一点の参加ながら今だから聴ける話や、一種の暴露話も飛び出しました。

みんな40代となっても、この一夜ばかりは10代や20代に戻っていましたね(笑)。

来年もまた集まろう! もっと人数を増やして!

そう約束し、名残惜しくもありましたが、それぞれが今の生活の場へ戻っていきました。

初めて訪れた桑名市も、とても良いところで、ぜひまた行ってみたいものです。

合掌。

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

雑感~梅雨入り?

沖縄、九州、そして今日は甲信越も梅雨入りしたらしいですねぇ。


早っ!!

という感じですが、これも他力と受け入れるだけですね。

480910_463010760443210_798027031_n
すると?

この時期になると、金沢では例の祭りの話題が出現し、今週末には開催されます。

ですが!

毎年、毎年、書いていますので詳細は省きますが。

ボクは真宗僧侶として、門徒として、百万石まつり開催には反対します。

市内中心部の主要道路の、長時間におよぶ交通規制で法務が滞るから、という理由だけではありません(笑)。

金沢の歴史のほんの一部だけを過剰、そして誤って取り上げていることと、それ以前の歴史を糊塗してしまっているからです。

それはそれとして。

明日と明後日、三重県桑名市へ初めて行ってきます。

詳細は、帰寺後にUP予定ですので、お楽しみに♪

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (2)

永代祠堂経会~ありがとうございました

一昨日、永代祠堂経会をお勤めいたしました。

934118_586521704702853_386887371_n

たくさんのお参り、本当にありがとうございました。

941776_586581818030175_2019415767_n

前住職も元気な姿を披露し、御堂の金沢市指定文化財を報告させていただきました。

Dsc00647

ご講話には、長谷正當先生(哲学者・京大名誉教授・井波の光岸寺住職)にご来寺いただき、1時間半にわたってお話いただきました。

生きるということは、生きる力があって成り立つもので、その生きる力が弥陀の本願力なのです、とお教えいただきました。

いつもよりも少々難易度の高いご講話でしたが、先生お手製のレジュメを配布していただき、哲学的に真宗を語っていただきました。

Dsc00648

ご門徒さん方がお帰りになった後、役員総代方総出で後片付けです。

Dsc00649

長谷先生も参加してのご慰労会です。

役員総代さん、厨房お手伝いのご婦人方からもいろいろな質問も飛び、和やかな時間を過ごしました。

皆さま、お寺で広がるご縁、本当にありがとうございました。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (2)

明日は永代祠堂経会です!

当寺の永代祠堂経会、例年は5月第3土曜日ですが、今年は変則で第4土曜日の明日にお勤めいたします。

今週に入ってから、家族総出で、御堂、お斎をいただく広間、お坊さん方が控える座敷、香部屋など門徒会館内の大掃除や設営をしてきました。

今日は、総代Tさんの奥さまにも加勢していただき、明日のお斎の食材の調理など急ピッチで準備しました。

そして、立花職人の長村さんがご来寺され、いつものように立派な仏華を立てていただきました。

420271_586234294731594_2062661974_n

ご高齢で、だいぶ耳も遠くなりましたが、まだまだ腕は健在です。

いろんなご縁でお勤めするのがお寺の法要です。

そして、準備完了した当寺には、さらに多くのご縁が集うことを祈念しております。

【善福寺 永代祠堂経会】

☆5月25日(土)☆

10時半~午前の法要

正 午~お斎(おとき=仏事に伴う食事)

13時半~午後の法要

14時半~講話:長谷正當さん(哲学者・京大名誉教授)

※16時ごろ終了予定です。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

永代祠堂経会~準備期間

この土曜日の永代祠堂経会に向けて、準備中の当寺です。


972245_463045933773026_561481269_n
御堂の床と畳、ピカピカになりました♪

内敷も永代祠堂経会バージョンにかけ替えました♪

明日、お馴染みの長村さんがご来寺し、仏華を立てていただきます!

お斎(おとき=仏事に伴う食事)をいただく広間の机を並べたり、役員総代さん方のタイムスケジュール表の作成などなど。

週間天気予報によれば、今年は久しぶりに晴天となりそうです。

午前の法要は10時半よりお勤まりしますので、ぜひぜひご来寺ください。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (2)

某御大坊にて

昨日は市内の某寺の親鸞聖人750回御遠忌に参勤させていただきました。


市内でも、いや、日本でも有数の御大坊とあってスケールの大きな御遠忌でした。

253223_462217440522542_2084276676_n
役僧T氏は土日と2日間、助音方として出仕し、昨夜は疲労困憊でした。

ボクとて稚児行列後に1座2時間の法要を、緊張もあってやはり疲れました。

昨夜というのは、その御遠忌後にお通夜をお勤めさせていただいたからです。

本当は、金曜日に訃報があり、昨日ご葬儀というところをボクも役僧T氏もとてもお勤めさせていただけないので、ご無理をお願いしました。

幸いご理解いただけたので本当にありがたい思いでした。

訃報~お弔い、むろん何よりも優先すべき法務ではございますが、どうしてもという場合もあります。

日頃のお寺とご門徒さんの信頼関係がいかに築けているかが問われる部分ですので、肝に銘じて日々の法務を勤めさせていただくことが大事だとあらためて思うしだいです。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

新緑の候~にも関わらず?

当寺の永代祠堂経会ほぼ1週間前ということで、看板を執筆し掲げさせていただきました。


182964_583117541709936_257237163_n
なんど書いても納得はできないのですが、一生懸命書いてみました(汗)。

毎年、永代祠堂経会が近づくと、新緑の候だなぁと実感します。

その新緑の候に、金沢市の真ん中にある石川県中央公園がほんの一部を除いて、今日から立ち入り禁止化されたそうです。

それは大規模な改築工事をするからだそうですが、なぜ? 今? この時期に? と思います。

中央公園は、県民憩いの場であることがまず第一、そして街中にあって緑ゆたかであるはずです。

たしかに芝生が剥げたり、アスファルトがひび割れている箇所が多数あったり、トイレが薄暗くて使いにくい等の老朽化があって、その修復は良いと思います。

でも、イベント開催のための場所を広く取るために樹木を45本ほど伐採するというの理由が納得いきません。

近隣住民を中心に伐採中止を求める署名が4500名以上も集まったにも関わらず、県は「計画に変更なし」と突っぱねた とか。

公園とは何か?

もう一度そこから考え直すべき必要があるのでは?

と思います。

イベントは他でもできますし、公園の主役たる樹木を伐採してまでやらなければならないイベントなら他の場所でやるべきかと思います。

そして、某地方新聞社は、自社が主催や協賛や後援をするイベントを多く抱えるためか、これらの動きをほとんど伝えていません。

それはそうでしょう。それらの自社関連イベントをニュース化することで主な紙面づくりをしているのですから。

その新聞しか読まない県民の大部分は、こんな事実さえも知らないのです。

たかが公園の樹木、そうかもしれませんが、保守的といわれる地方都市は大なり小なりこういう仕組みで動いていることを実感するだけです。

人の暮らし、日常があって街(市、県、国)があるということを基本に置かない施策は絵に描いた餅でしかありません。

合掌。

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

日常~月忌参り

風はさわやかながら、日に日に日差しが強くなり、このままでは夏が思いやられるなぁと思う、暑さに弱いボクです。


平日の法務は月忌参りがメインですが、さまざまなお宅にお邪魔します。

941851_460713417339611_736837986_n
金沢郊外の農村では、この大きさのお内仏(=お仏壇)が普通サイズです。

真宗と農村とが、長い長い密接な関係を築いてきた証ですね。

10年ほど前まで、農村ではお留守でも鍵があいていて、ボクらは勝手に入ってお参りをして、お内仏に置いてあるお布施をいただいて帰っていることも多かったのですが、最近はそういうこともほとんどなくなりました。

鍵の隠し場所を聞いているお宅もありますが、何かあったときに真っ先に疑われそうで怖いです(苦笑)。

あと、最近はお年寄りがデイサービスに行くことも多くなり、月忌参りの日によっては夕方にと頼まれることもおおくなりました。

いろいろなことが変化しますが、お参りをするお心があっての変化ならできる限り対応していきたいと思います。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (4)

お弔いにて

一昨日、南砺市から訃報が届きました。


それまで当寺ご門徒最高齢だった105歳の爺ちゃんです。

酒屋さんの店主で、90歳を過ぎても酒屋さんの丈夫なエプロンをしめてお店に立っていらっしゃった姿が忘れられません。

合掌。

936757_460015000742786_1850835026_n
そして、その夕べのお通夜で、思いがけないことがありました。

ボクと役僧T氏のほかに、近在の寺方がなんと5か寺も参集されましたが、その中のおひとりと顔を見合わせて、お互いにビックリ!

ご本山の宗務役員時代の、年下の先輩です。

会うのは、およそ16~17年ぶりでしょうか?

こんな思いがけない再会も、爺ちゃんのお弔いのご縁でしょうか。

だとすれば、仏さんと成られても粋な計らいをされた爺ちゃんに感謝です。

ありがとうございます。

合掌。

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (4)

荘川桜~ツーリング風景

一昨日の休務日、荘川桜を見ようとバイクを起動し行ってきました!

Dsc00638
山々には、まだまだ残雪があり、晴天と相まって、とてもきれいでした。

Dsc00639
お目当ての荘川桜、今年はイマイチの年だそうで、3年前に来たときより、花はずっと少な目でした。

935659_458142120930074_1175509639_n
それでも、この時期にふたたび桜を愛でることができるのはうれしいですね。

943245_458183540925932_691731448_n
道中にも、いたるところに残桜があり、残雪の山々とのコラボレーションは、この時期ならではの絶景です。

Dsc00644
連休後の平日とあって、道はスイスイでしたが、時折すれ違うライダー方は意外と多く、そのほとんどが会釈や敬礼、ブイサイン等の挨拶をかわし合ってくれました。

クルマでは味わえない一種の連帯感がライダーにはあるんですよ(笑)。

思ったほど寒くもなく、とても快適なツーリングで、気分もリフレッシュさせていただきました。

合掌。

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

案じて案じられ

今夜はお通夜でした。

入浴中に心筋梗塞で急死された82歳のHさん。

本当にお元気であり、礼節を知る好々爺でした。

急死なだけに、お身内はむろん、ご縁ある方々も信じられない思いでいっぱいであったことと思います。

また、亡き方を案じ、手を合わされていたことでしょう。

でも、亡き方は娑婆世界にある一切の苦しみから解き放たれ、仏さんと成られました。

そして、ご縁ある方々のことを逆に案じていらっしゃいます。

935659_458142120930074_1175509639_n

人を傷つけていないか、悲しませていないか、そして一寸先に死ぬかもしれないい今を無駄にしていないか、いただいた命を粗末にしていないか、と。

我々がその仏さんの思いに応えるには、生かされてある今を大事に、無駄にすることなく、精一杯生きること、そしてその生に感謝しお念仏を申すことです。

仏さんと成られた方に、娑婆世界を生きる我々がして差し上げるようなことは何もありません。

ただ、念仏申すのみです。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

明日から平日♪

ようやく今日で連休が終わりました。


例年と比べると、それほど法務に追われるほどではなかったのですが、やはり思いがけない渋滞に巻き込まれることしばしばでした。

それでも、農村部では田植えの風景が見られました。

247476_456505457760407_1498278442_n
こういう風景こそ、美しい日本の原風景であり、自然と調和してきた人間の歩みを実感できますね。

それに比べて、都市部での観光客や行楽客の傍若無人な姿には、いつもながらため息が出ます。

今日も、二車線の一般道で大きく車線にはみ出して談笑しながら歩く年配男性の集団を見かけました。

バスガイドさんか添乗員さんらしき女性が旗を振って必死に道路に出ないよう呼びかけているにも関わらず、それをまったく聞こうともしていませんでした。

その行為がクルマの走行を妨げることくらい、当然わかるはずでしょうに。

「ええ歳して、なにをしとんねん??」と思わざるを得ませんでした。

以前にも書いていますが、「旅の恥はかき捨て」とは何をしても良いということではありません。

知らない土地へ行ったら、右も左も、その土地の習俗もわからず恥をかくことも多々あり、謙虚に土地の人に従えということです。

謙虚に。

こういう言葉が死語となりませんように。

合掌。

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

連休中のお寺

さて、連休もあと何日で終わる、と指折り数えています(笑)。


楽しんでいらっしゃる方は楽しんでください。

でも、その楽しむ方々による渋滞で、ご法事などの法務に遅刻しそうになって冷や汗の日々なので、連休労働者のつぶやきとご理解いただきたい。

昨日はご葬儀もあり、その合間にご法事、月忌参り、そして。

934918_456209361123350_147905525_n
寺報「大慈山」2013初夏の増刊号の発送作業に追われています。

ボク、坊守、役僧T氏、3人共通のまとまった時間がなかなか取れず、今日も夕方2時間ほど発送に取り組みました。

しかし、今号は永代祠堂法名を個別に同封するため、通常号よりも手間がかかるんですよ、これが(苦笑)。

なので、発送や配布は、明後日からくらいになりそうです。

明日は役僧T氏とともに南砺市までご法事です。

砺波チューリップフェアがあるため、それこそ渋滞に巻き込まれぬようにたどり着きたいものです。

合掌。


�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

疑問符の多い世の中

役僧T氏に聞いた話です。


眼鏡の修理のために、眼鏡店に訪れるお客に他店で買ったものを持ち込んでくる人がいるのだが、「他の店で買うたもんで、すみませんけど」という一言を言う客が最近ほとんどいないと。

Biqllykcmaaz7ba
それでもお店は頼まれれば修理します。

そして当然、修理代を請求しますが、「え? お金いるの?」と言われることも多いとか。

あと、開店前や閉店後のシャッターが半分しまったお店に入ってきて、「すみません、まだいいですか?」等の一言もなく、当たり前のように買い物をするお客も多いとか。

それも、若い人よりも年配男性に多くみられるとのことです。

以前より、このブログでもたびたび書いてきた年配層の暴走ぶりは本当に目に余ります。

お通夜やご葬儀の最中に延々としゃべり続ける等も増加の一途ですし、クルマの運転マナーも悪すぎます。

まぁ、この国の為政者たちも年配男性であり、さまざまなニュースで暴走ぶりを披露していらっしゃいますしね。

もうちょっと、しっかりしませんか?

謙虚で勤勉、かつて日本人はそう表現されましたが、今はどうでしょうか?

国や歴史に誇りを持つことは大事でしょう。

でも、それなら日常生活から見直すべきではないでしょうか?

そう思います。

合掌。
�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »