« ご法事はいつ? | トップページ | わかってないのは私 »

法名について~おさらい

法名、そう聞くと死んだときにつける別名、そんなイメージの方も多いでしょうか?

他宗派では戒名という言葉を使いますが、法名とは同じなのか違うのか?

法名も戒名も、もともと出家修行者が戒律を守るしるしとして俗名を捨てて名乗るものであり、死者につける名ではありません。

479847_425794494164837_217367447_n

余談ですが、武田信玄や上杉謙信のように、戦国時代には苗字と戒名を合わせて名乗る武将もいましたが、それは一時だけの流行のようなものであったといわれ、江戸時代以降には廃れていきます。

仏門に入るにあたって、いわゆる出家をし俗名を捨て名乗る(師僧から与えられる)のが戒名ですが、法名は出家せずとも名乗ることができます。

他宗派では出家し、いわゆる修行をし仏に成ると言われ、ごく限られた者のみの狭き門と言えるます。日本ではその生死観から死後に仏と成るという思想があったため、仏教徒は死後に名乗ることができるようになったということでしょう。

そこで出家、修行せずとも戒律を守り仏と成る戒名は、多額の戒名料がかかる場合が多いのかもしれません。

では、真宗ではどうか?

在家仏教と言われる真宗でいう法名は、僧俗ともに仏弟子であり、阿弥陀さんに帰依し、仏の教えを聴く生活をする者の名乗りです。

おかみそりとも呼ばれる帰敬式(ききょうしき)を受式すれば、出家せずとも真宗門徒は生前に法名を名乗ることができます。というよりも、生前に法名を授かり生活の中で仏弟子としてともに生きる御同朋、御同行とになるということです。

法名は「釋(尼)○○」となり、「釋」は釈(釋)迦(しゃか)さまの一字をいただきます。

仏弟子の生活といっても、戒名のような戒律はありません。

ただ、阿弥陀さんに帰依し仏の教えを聴く生活は、おのずと自分を見つめなおす生活となっていくでしょう。

生前に帰敬式を受式できなかった場合、亡くなった時点で法名をおつけいたしますが、真宗では法名料はいただきません。

亡くなった方も我々と等しく仏弟子であり、その教えを聴く御同朋、御同行なのです。

ちなみに他宗派の戒名にもある院号(真宗では法名のに「○○院」とつく)ですが、これはご本山やお手次寺院に寄進(寄付)など貢献をされた方に、そのお志に感謝をこめてご本山より下付されるもので、必ずつけなければならないものではありません。

帰敬式は、ご本山で受式することができますが事前に予約と手続が必要ですので、まずはお手次寺院にご相談ください。

合掌。

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

|

« ご法事はいつ? | トップページ | わかってないのは私 »

真宗の生活」カテゴリの記事

コメント

「法名」と「戒名」の違いみたいなもの,恥ずかしながら最近知りました。

私は,数ある宗教・宗派の中で,仏教浄土真宗をもっとも信仰している者です。ですから,生前に法名を授かり生活の中で仏弟子としてともに生きる御同朋、御同行になることを考えたことがありました。(これは私が大きな病気を患ったことと関係があります。)

私は,真宗西本願寺派なので,大谷派(お東さん?)とは,どう違うのかよく分かりません。なぜ西と東に分かれたのかということについては,ネット等である程度分かりますが…。

しかし,正月は神道と仏教徒,お釈迦様の誕生日には仏教徒,クリスマス,バレンタインデーにはキリスト教徒,親戚等の葬儀や年忌には仏教徒,お盆にも仏教徒・・・という感じです。
ちなみに,私は自分の結婚式は,神道形式で行いました。

こんな風でいいのかしら…と思いつつ,これがある種の日本人の宗教観というか,「寛容さ」でしょうか。その言葉で片づけてよいか分かりませんが…。

自分自身,どこかに「イスラム教」のよさを自分の中に取り入れられないかと,半分本気で考えております。

こんなことは「一神教性」の強い宗教・宗派では,許されないことでしょうが,こんな「お馬鹿な私」でも,お釈迦様は許してくださるし,親鸞上人も多分許してくださるだろうと,仏罰は当たらないだろうと…。

でも,このいい加減さには,(私だけでなく,日本人には多い)と思いますが,こんなのでよいのでしょうか。

浄土真宗と向かい合った時,どう考えていいのか,「素人の」私は困ってしまいます。こんなこと考えなくても(心配しなくて)いいんだよ。…これが浄土真宗の中にはあるような気がして…。

投稿: 鹿児島のタク | 2013年2月28日 (木) 07時21分

タクさん、コメントありがとうございます。

周囲の状況を憂い、そこにいる自身を憂う。お気持ち、とてもよくわかります。

ボクなどは日々そこで一喜一憂していますもの。自分が正しい暮らしをしているのに、なぜ周囲にはこんなにもいい加減がはびこっているのだろう? と。

親鸞さんは、おっしゃいました。良いも悪いもない。すべてご縁であると。

罪深いからこそ凡夫であると。そして、自身を愚禿釋親鸞、愚かで禿(ちっぽけな)な身だからこそ、釋と名乗りお釈迦さんの1弟子として、多くの民衆とともに生きる道を選ばれました。

与えられ限りある命を精一杯に生きる。阿弥陀さんに照らされて生きる、その生き方を全うする。その姿を見た子や孫は、またその生き方を歩む、そんなつながりを、まずご自身の家庭から実践し、その日々の積み重ねが大事なのでは? と思います。

私ひとりががんばっても何も変わらないかもしれません。でも、私ひとりから始めなければ変わるはずもありません。

素人も玄人も、阿弥陀さんに手を合わせ、お念仏を唱える者はすべて等しく御同朋・御同行です。

仏法広まれ。世の中安穏なれ。

合掌。

投稿: Kei@住職 | 2013年2月28日 (木) 23時37分

Kei@住職様

どうもありがとうございました。

投稿: 鹿児島のタク | 2013年3月 1日 (金) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご法事はいつ? | トップページ | わかってないのは私 »