« 報恩講・初日 | トップページ | 日々・ご縁いろいろ »

善福寺・報恩講終了です

昨日の報恩講2日目をもって、善福寺報恩講は終了しました。

Dsc00565_2

報恩講2日間で、およそ150名のご参詣のご縁をいただき、大変感謝しております。ありがとうございました。

Dsc00568

結願日中に続いて、門徒報恩講と題して行なっているご門徒さん主体のひととき。正信偈を同朋唱和するだけでなく、お調声と各和讃の最初をご門徒さん方代表数名にしていただくものです。

むろん、僧侶方のようなわけにはいきませんが、それぞれが緊張感をもって張り切ってやっていただいていて、聴いていてもそれが伝わってきます。

Dsc00570

続いてのご講話には、姫路より遠路ご来寺いただいた玉光順正さん登場です。

玉光さんは、ご住職であるとともに、ご本山の教学研究所元所長さんで、現役の宗議会(宗門の行政機関である宗会という議会の僧侶代表議会)の議員さんでもあります。

ボクのとっては、本山出版部時代での同行取材を通していろいろお教えいただいた方でもあります。

住職になってから、いつかは必ず来ていただきたい、そう思っていた方です。

Dsc00569

このご講話は、ネット上でのUstream を通して生中継もさせていただきました。

親鸞・一人になることのできる宗教、と題してのご講話でしたが、大きくうなづくことしきりでした、

ボクは、いつからか「人間は一人では生きていけない~でも、一人で生きていけるものを持ってなければならない」を持論としていましたが、その持論もこの玉光さんの存在があったからかもしれなぃと思っています。

お念仏の教えによって、独立し個である「私」を確立すること。

そして、その確立された個々が交わるご縁によって形成される同朋社会、それが親鸞さんの想いではなかったのではないだろうか? そう思うんです。

昨日の講話も、そんな一人ひとりの私(個)の在り方を、あらためてお教えいただいきました。

終了後には、当寺役員さん方と一献やりながら交流していただき、その後にはボクと久々にじっくり一献しつつお教えをいただきました。

とても充実した報恩講のさまざまなご縁、ありがとうございました。

合掌

�l�C�u���O�����L���O�y�u���O�̓a���z �ɂق��u���O�� �N�w�u���O�� �ɂق��u���O�� �N�w�E�v�z�u���O ���y�^�@�� �ɂق��u���O�� �I���W���L�u���O�� �u���O�����L���O�E�ɂق��u���O���� �ɂق��u���O�� �N�w�u���O ������ �ɂق��u���O�� �o�C�N�u���O��

|

« 報恩講・初日 | トップページ | 日々・ご縁いろいろ »

法務あれこれ」カテゴリの記事

コメント

お初にお目にかかります。
一昔前なら驚きもしませんが、檀家さんがお勤めされ場面があるんですね(^-^)
先日も知人が参加している「蓮」の公演で、音楽法要が広まって全体で融合できたら、なんて素晴らしいことだと考えていました。

投稿: 釈興進 | 2012年11月 2日 (金) 01時45分

釈興進さん、はじめまして。コメントありがとうございます!

当寺では、父が住職になったころから、門徒報恩講と題してこのようなお勤めをしています。

最近はだいぶ減ってきていますが、こちらのお年寄り方は仏前で「正信偈」を唱えてから朝食をという習慣で育った方が多いので、まぁ、節回しに訛りはありますが、皆さん読むことができるんですよ。

音楽と法要、昨年は法話ライブと題して真宗僧侶でフォークシンガーの松田亜世さんに来てきていたきました。もっと、そういう企画、していきたいと思っています。

投稿: Kei@住職 | 2012年11月 2日 (金) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 報恩講・初日 | トップページ | 日々・ご縁いろいろ »