« 運動会 | トップページ | 歯が… »

誰もがハンディキャプト

A182817caaaocml

まだまだ暑い日が続きますけど、朝と晩はだぃぶ過ごしやすくなりましたね。

夏場の晩酌には、芋焼酎のロックに、この沖縄名物シークァーサー果汁をちょっと入れて呑んでます。

ところで、オリンピックが終わって、パラリンピックが熱戦を繰り広げてますが、あまりテレビで中継してくれませんねぇ。

ご当地ロンドンでは、かなり盛り上がってるらしいと聞きますけど。

障害をもった方にたいする意識の違いでしょうか。

欧米では、それをハンディキャプトと言って、何も心身に何らかの障害を持つ状態だけを言うのではないと言います。

例えば、初めて訪れる町では、その町のどこに何があるか等まったくわからないですよね?

ハンディキャプトとは、そんな状態の人にも適用される言葉で、要するに誰かの助けを必要とする状態を表す言葉なんだとか。

なるほど。

日本で言う、いわゆる障害者とはだいぶイメージが違いますよね。

多くの年配層の方々には、戦中や戦前のお国の役に立つかそうでないかという偏見と差別意識を今でも無意識に持ってる方もいらっしゃいますし。

ハンディキャプト=誰かの助けを必要とする状態。

だとすれば、ボクたちほとんどみんなが日常生活の中で大なり小なりハンディキャプトではないですか?

逆に、そんな状態の人に手を貸してあげられるのもボクたちです。

特別なことでなく、人は人どうしが助け合って生きている、そんな当たり前を認識させられる言葉ですね。

合掌。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

|

« 運動会 | トップページ | 歯が… »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運動会 | トップページ | 歯が… »