« 暑の戻り? | トップページ | 猛烈残暑~季節と向き合う暮らし »

多事想論

オリンピックを終えたとたん、いろいろとニュースが騒々しいですね。

南砺、砺波方面のご門徒宅報恩講を終えてホッとしていますが、テレビや新聞、そしてネットを見ていると「なんだかなぁ」と思うことが多いです。

373934_351036114974009_460886585_n

歴史的に検証され確定している事実があったとして、それをどこまでさかのぼって良いものでしょうか?

領土領土と言うが、もともとは地球のものであり、その地球に住まわせていただいている動植物がシェアさせていただいているものです。

それを言い始めたらきりがない、とおっしゃるなら、じゃ? どこで一線を引きますか?

国際的に? 認知された時点?

じゃ、まぁ、そういうことにしましょう。

でも、それに納得せず強行的な言動をされた場合、どう対処すべきか?

大人げない言動に対するに、同じく大人げない言動をして解決の道は見つかりますか?

よりこじれるだけでしょう?

デモは民主主義国家において国民の権利であっても、モノを壊したり、人を傷つけたりして良いわけではありません。

意固地に意地とプライドを示すことが愛国心だと思えません。

想像力を養いましょう。

他の言動を一面的に捉えて批判する前に、多角的に検証しましょう。

自分の言動を客観視してみましょう。

その上で、よりよい言動を選択しましょう。

お互いに。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

|

« 暑の戻り? | トップページ | 猛烈残暑~季節と向き合う暮らし »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑の戻り? | トップページ | 猛烈残暑~季節と向き合う暮らし »