« 昔は○○だった? | トップページ | せせらぎ街道 »

8月6日・原子力・そして戦争

今日、金沢市では小中学校の登校日でした。夏休み中の登校日って、全国同じ日ではなく、また、登校日そのものがないつころもあるんですね。

8月6日と言えば、言うまでもなく人類史上初の核兵器(原子爆弾)が広島市に投下された日です。

8月9日には長崎市にも投下されました。

同日にはソビエト連邦(当時)が日本に宣戦布告しました。

8月15日、日本は無条件降伏を盛り込んだポツダム宣言を受諾を世界に打診するとともに、正午には天皇陛下の放送によって国民に敗戦が知らされました。

9月2日、日本の降伏文書調印によって、第二次世界大戦が終了しました。

むろんボクの生まれる前の話ですが、事実であり、忘れべからざる歴史です。

ボクがこういう歴史を知り、関心をもったのは小学校中学年のころです。

当時の担任教師がクラスに小さな学級文庫をつくってくれました。

その中に収められていた「はだしのゲン」というマンガがそのきっかけでした。

Cgen

こんな時代があったのか? と衝撃を受けました。

その悲惨さはもちろんですが、人間の愚かさ、傲慢さ、悲しさ、そして強さを感じました。

戦争は罪悪である。

戦前、戦中を通して一貫して「戦争は罪悪である」と唱えた大谷派僧侶・竹中彰元師の言葉です。

あれは良い戦争、これは悪い戦争ではない。戦争はすべて罪悪であると、あの時代に言い切った師の揺るぎない想いには頭が下がります。

ボクら大谷派僧侶は、こんな偉大な先達の存在を忘れず「世の中安穏なれ~仏法広まれ」と、ひとりでも多くの御同朋、御同行とともにお念仏の教えをいただき続けたいものです。

はだしのゲンは、おかしなことはおかしいと叫び、涙を流して精一杯生きた被爆者の少年でした。どこか竹中師の姿と重なるようにも見えます。

原子力という膨大なエネルギーが、本当に人類とともに並び立てるものかどうか、ともに生きる人類ひとりひとりが自分のこととして考える、この8月6日がそんなきっかけの日となりますよう。

この地球をシェアさせていただいているのは、人類だけではないのですから。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

|

« 昔は○○だった? | トップページ | せせらぎ街道 »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昔は○○だった? | トップページ | せせらぎ街道 »