« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

よかったらどうぞ♪

お暑うございますぅ~(汗)。

この週末のご法事では、読経中に気が遠くなりかけました。どこのお宅でも、仏間ってたいがい冷暖房ないことが多いので、この猛暑下では要注意です、本当に。

先月から始めてみた、寺報「大慈山ぷち」ですが、パート2(8月号)ができました。

Azc4qetcqaan1mz

通常の寺報は季刊プラス増刊で、年に5号を全門信徒方に配布しておりますが、この「ぷち」は月刊(予定)で、当寺にご来寺いただいた方にお読みいただけるものとなっています。

といっても、たとえば今号は、このブログ7/20アップの「葬儀とは? 家族葬とは?」に加筆訂正し、イメージ画像を添付したものですので、ブログをお読みいただいている方にはすでに過去の記事かと思います。

インターネットをされない方や、まだ未読の方向けにブログの宣伝もかねてたりもしますけど(苦笑)。

当寺の御堂前の「ご自由にボックス」に入れてありますので、お墓参りやお近くにお越しのついでにでも良かったらお持ちくださいね。

合掌。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

| | コメント (2)

差異を認め合うご縁

B85827c38de4c0ce

真夏ですねぇ(汗)。

しかし、金沢では何故か? セミの声がほとんどしません。

暑いのに、なんだか薄気味悪いですよ、本当に。

しかし、この夏は4年に1度のオリンピックイヤーで、すでに盛り上がりを見せつつあります。

夕べのサッカー、日本vsスペイン戦は本当にびっくりする結果でした。

男女ともに、日本のサッカーレベルはアップの一途といっても良いと思いますが、優勝候補の筆頭と言われるスペインに勝利はすごいことですねぇ。

ただ、オリンピックやワールドカップは勝敗も大事ですが、何より世界中がひとつになって競い合うということにつきると思います。

所変われば品変わるというように、考え方、肌の色、容姿、服装、言語、食生活、習慣などなど違って当たり前だと互いに理解し合うとても大きなご縁であってほしいものです。

違うということは悪ではありません。

人は育った環境によってつくられます。

同じ日本人どうしでも、些細なことで価値観が違うなどと言い争っていますが、価値観など、それこそ違うのが当たり前です。まったく同じであったら、それこそ気味が悪いですよ(苦笑)。

ただし、10数年前の蓮如上人500回御遠忌時のテーマ「バラバラでいっしょ~差異(ちがい)をみとめる世界の発見」に言うように、ともに悩み、ともに笑い、ともに泣き、ともにこの世界に生かされてある御同朋であり、御同行であることを忘れずに持っていたいものです。

互いの育った環境の差異を思い、些細な差異を認め合い、ともにこの世界に生きる者どうしとして良い意味で競い合う、オリンピックがそんなご縁であってほしい、そう思います。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

| | コメント (0)

旬を味わう

ご葬儀で話が前後しますが、22日(日)は富山県庄川町にて当寺総代Kさん宅のご法事をお勤めさせていただきました。

見渡す限り田畑の続く中にあるKさん宅で、読経、感話をお勤めし、お斎(おとき=仏事に伴うお食事)へ。

この時期の庄川といえばこれです!

319386_345507922193495_324377492_n

鮎です♪

10センチほどの小鮎を、↑のように炭火で焼いたものの焼きたてをいただきました。

552213_345625798848374_1046555860_n

とってもおいしかったです♪

思えば、数年前にこのお店で金沢と富山のご門徒交流の場を設けたおりに、Kさんに総代就任をお願いしました。

Kさんのおかしいものはおかしいと言ってくださる実直さから、ぜひにと思っていたところへ、やはり庄川在住の前々総代だったT老から「あの人はいい! ぜひ!」とお墨付きをいただき、そのときの責任役員さんとともにお願いさせていただいきました。

Kさん本人は、「そうそう、わしゃここで、この鮎で騙されたんやなぁ(笑)」と今でも笑ってネタ(?)にしてくださっていますが、本当によくしていただいております。

旬の味は人をも動かす力がある、と言ったら大げさかもしれませんが、美味しいものはやはり美味しいんです。

ありがとうございました。合掌。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

| | コメント (0)

お弔い

今夜はお通夜でした。

お亡くなりになられたNさんは、年に一度のN家の報恩講や、年忌でお会いする方でした。

Dsc00176

いつも満面の笑顔でボクたちを迎えてくださり、正信偈も大きな声でいっしょにお勤めするとても真面目で一本気な方でした。

いつも「お茶を入れること知らんもんで」と、照れ笑いしながら缶コーヒーを差し出してくださったお顔が忘れられません。

持病をお持ちで闘病されていることは存じていましたが、そんなにお悪かったとは知りませんでした。

長い人生の旅を終えられ、Nさんはお浄土へ還り、仏さんと成られました。

ボクに、そしてご縁あった多くの方々に、今を生かされてある我が身を教えてくださる仏さんです。

ご生前のご厚情に感謝いたします。

合掌。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

| | コメント (0)

葬儀とは? 家族葬とは?

以前にも書いたように思いますが、「家族葬」という形を望む方がぼちぼちいらっしゃいますので、また書きます。

306583_343862982357989_2089187364_n

そもそも「家族葬」などという言葉は存在せず、1990年代に某葬儀社によって生み出された造語です。

同じように思われている「密葬」とは、直葬とも呼ばれごく近親者のみのお別れの後、文字通り火葬場へというもので、これには経済的だったり、あらゆる立場的なものだったり、それなりの理由があってなされるもので、普通はいたしません。

それに比べて「家族葬」は、家族など近親者と一部の知人のみで執行され、一般弔問は受け付けないというものです。

この一般弔問を受け付けないという部分が、実はこの「家族葬」の大きな問題点なんです。

人は生まれてから死ぬまでに無数の人々とのご縁を得て過ごします。

その人生の中で、自我によってそのご縁を好き嫌いと分けていても、出会っているご縁はけして消せるものではありません。

その無数のご縁のうち、たったひとりであっても、その人と出会った私と、出会わなかった私とでは別人です。

今、存在している私は好き嫌いを超えて出会った無数のご縁によって成り立っているということです。

その無数のご縁あった人々が、この私の死を知ってお弔いに行きたいと思うか、思わないかはそれぞれでしょう。

でも、その私の人生を形成している無数の人々に、私の死を知らせるということこそ、私の人生を終えるということではありませんか?

家族など近親者への愛情の深さはわかります。

でも、ひとりの人間の一生は思っている以上に深く広いご縁によって過ごさせていただいてきたのです。

「家族葬」という考え方は、そんな私自身の一生を形成する無数のご縁を断ち切ってしまおうということに他ならない、ボクはそう思います。

私の死を聞いて、お弔いの来られた方、体調など諸事情によって来たくても来られなかった方も、また自身の人生が無数のご縁によって成り立っていることをあらためて感じていただければ、これ以上のご葬儀はないのではないでしょうか?

ご葬儀などを勤めることによって、家族や近親者に手間をかけさせたくない、そんな思いも大きいようですが、あなたの大事な家族が、あなたをまた大事に思う関係が築けているなら、その手間をかけてもらっても良いのではないですか?

ひとりの人間の一生とは、それだけ重くて深いものであり、だからこそその死をしっかりと、ひとりでも多くのご縁ある方々とともに受け入れていくことが大事なのではないか、そう思います。合掌。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

| | コメント (0)

梅雨明け

375649_342932965784324_760469722_n

今日、北陸地方も梅雨明けしたとのことです。

さて、これで夏本番を迎えますねぇ。

毎年書いていますが、ボクは暑さが苦手です。

暑い~冷房~温度差~食欲不振~冷たいものを食す~さらなる食欲不振&体力低下~という夏バテのスパイラルに陥ります。

これだけの猛暑ですので、冷房なしではいられないなら、せめてその冷房のきいた部屋で体を冷やさないものを食べて体力維持をこころがけたいものです。

それに比べれば、冬は、寒さはまだ耐えられます。

暖房なしでも重ね着でなんとか過ごせるのだから。

これから、たぶん2か月くらい暑さとの闘いになるでしょう。

冷房28度、熱冷ましのシートなどを首筋に貼ったりしつつ、胃腸だけは冷やしすぎないよう、工夫と忍耐が必要ですねぇ(汗)。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

| | コメント (0)

お盆終了しました♪

13日から始まった金沢お盆ですが、本日無事に終了しました。

487824_343503885727232_1837021842_n

早朝から日没ごろまで、墓地に詰めていた4日間、疲れました(汗)。

でも、年に1度のお盆、毎月お会いしている方、久しぶりの方、初めてお会いする方、いろんなご縁をいただけました。

お盆が平日だと、どうしてもお盆前の週末に来る方が多くなりがちですが。今年はちょうど連休と重なったため分散せず、ちゃんとお盆にお参りされる方々が多くてよかったなぁと思います。

309307_343531069057847_1532867024_n

昨日の盂蘭盆会には、20数名のご参詣をいただきました。

盂蘭盆会の由来、金沢だけにあるキリコの風習のこと、いろんなことをお話させていただきました。

昨日は急なご葬儀もあり、かなり慌ただしくなりましたが、ボクも、役僧T氏も、G寺さんも、お通夜の間だけひとりでお墓に詰めてくれた前住職も、みんな汗だくでがんばりました。

あー疲れた!

でも、なんだか達成感ありです。

ありがとうございました。

明日はお盆の後片付け。大量のキリコ、おロウソク、お線香、仏華を撤去しゴミ処理場へ搬送し、テント、ポールを御堂下へ収納します。

合掌。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

| | コメント (0)

金沢お盆の原風景

金沢市内は、今日から(16日まで)お盆に入りました。

480603_342677855809835_414687316_n

10数年前まで、金沢のお盆期間の夜はこんな風景でした。

Axryruqciai504e

今、主流となりつつある板キリコではこうはいきませんよね。

そのころは、夜のお墓参りが多く、こうして献灯の灯が墓地中から漏れていました。ボクらも、そのころは夜9時ごろまでお墓で読経のご依頼を受けていたものです。

さて、そんなお盆初日ですが、訃報がありました。

明日の夜がお通夜、明後日がご葬儀で、ボクと役僧T氏はそちらへ行かねばなりません。

そこでお墓の読経担当が、明晩は夜6時ごろから7時半の終了まで前住職ひとり、明後日は朝8時ごろから10時ごろまではG寺ご住職ひとりとなります。

お待たせする場合もあろうかと思いますが、なにとぞご理解くださいますようおねがいいたします。

◆盂蘭盆会は15日、午後2時より御堂にておつとめいたしますので、どなたでも御堂にお入りになりご聴聞くださいますようご案内いたします。合掌。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

| | コメント (0)

なぜ? こんなことが起こるのでしょう?

火曜日に当寺墓地のお盆にむけての設営をしました。

その翌日のこと。

181328_341617245915896_1543390447_n

こんなお墓が見つかりました。

前日にはなかったはずなんです。

自然に割れた? とはとても思えず、人力によるものと思われますが、なぜこのお墓なのか? かがわかりません。

そんなに目立つほど大きかったり、変わった色をしているわけでもありません。

ともかく、深夜、早朝の見回りをします。

また、これ以外にもこんなお墓が発見された場合は、警察などしかるべき筋と相談することになります。

このお墓には、この一族の仏と成られたご先祖のお骨が納められています。お墓そのものは、いつかは壊れるものですがそんな人の思いがそこにあるんです。

もしも、故意にこんなことをした方がいらっしゃるのなら、あなたにも同様に仏と成られたご先祖があって、そのご先祖からの生命のバトンタッチを受けてあなたがこの世に存在している事実を見つめてください。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

| | コメント (10)

お寺の舞台裏

梅雨の晴れ間の今日の午後、お盆を迎える準備をしました。

600370_341332505944370_1653852003_n

テント張り、キリコ(金沢だけの献灯のための小さな紙製の灯籠)を吊るすポールとヒモ張り。

お盆(13日~16日)が終わると、その吊るされたキリコ、すでに腐敗した仏華、おロウソクにお線香を撤去し、ゴミ処理場へ運んで有料で処理してもらいます。

それらの作業は、ボクと役僧T氏はもとより、ご門徒さんボランティアで行なっています。

これも、むかしからのお寺のお盆裏風景なんです。

住職のボクや寺族の家族は、お寺に住まわせていただいています。

でも、ボクたちの家ではありません。

ご門信徒さんの帰依処たるお寺の留守をお預かりしています。

全ご門信徒さん方には、年間維持費というお志をいただいておりますが、それはその帰依処を維持管理し、ご本山護持の上納のために使わせていただき、また貯蓄し諸修理に充当させていただいております。

身近なところでは、寺報発行経費、ボクや役僧T氏が月忌参りやご法事、ご葬儀などにお伺いする際のガソリン代などもそこから賄えさせていただいています。

今寺報にて、その維持費ご納入のお願いをさせていただきしたが、ご不明な点などございましたら、このブログへのコメント、メール、お電話、などをお寄せください。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

| | コメント (1)

金沢市内のお盆は7月です

Dsc02177

お盆には欠かせないキリコ灯籠です。

Dsc00458

これは、そのキリコ灯籠を携帯型にし、中のおロウソクに火を灯し、お墓に献灯するためのものです(献灯できない板キリコはキリコではなくただの名札です)。

金沢市内は昔から新暦7月15日(曜日無関係)にお盆を迎え、その前後にお墓参りをします。

★当寺のお盆の日程詳細は以下の通りです。よろしくお願いいたします。

【盂蘭盆会】7月15日(日)

午後1時半~総合墓「倶会一処」前にて

午後2時~本堂にて~読経と住職感話

【お墓経の受付】

13日~15日:午前7時~午後7時半ごろまで
16日:午前8時~午後5時ごろまで

※混雑時はお待たせすることもありますが、ご了承ください。

※開門前の早朝、閉門後の夜間のお参りはどうかご遠慮くださいますようお願いします。

※お車の方は歩行者にじゅうぶんご注意の上、お互い譲り合って駐車ください。他寺墓地へお越しの方の駐車は固くご遠慮いたします。また、当寺境内いがいの近隣宅等への無断駐車は絶対にしないでください。

※住職、役僧ともに月忌参り、ご法事などで不在の場合が多々ありますことから、上記期間以外のお墓経については、あらかじめご一報の上ご依頼くださいますようお願いします。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

| | コメント (4)

ぷち同期会

Dsc00706

大谷専修学院岡崎学舎です。

ボクは大学を出た後、教師資格(=大谷派僧侶資格)を取得するためにここに入学しました。

寮に入って本科1年(希望者はさらに別科1年)を過ごすのですが、昨夜は本科時代の同期生が神奈川から金沢に来て、こちらの県内にいる2人とボクと計4人でぷち同期会をしました。

積もる話、今だから話せるエピソードなど盛りだくさんで、あっという間に午前さまでした(苦笑)。

1年という濃密な時間をともに過ごした仲間ですので、本当に楽しい時間でした。

おかげで今朝は寝坊して、月忌に遅れてしまいましたけど(汗)。

この学校が全寮制なのはブラザーシステムと呼ばれる、共に生活するなかで真宗精神を体得するという目的のためです。

テレビも、ラジオも、冷暖房も、携帯電話もなし! の1年間です。

下は高卒すぐの19歳から、上は定年退職し僧侶になろうという60代や70代の方まで幅広い年代の男女(比率10対1くらい)がともに暮らします。

テレビ、ラジオ、携帯などがないから、しゃべるしかない(笑)!

時にはケンカもあり、腹のぶっちゃけ合いの末、いやでも毎日顔を合わすのでいつのまにか分かり合えたり、そんな生活でした。

よく同じ釜の飯と言いますが、そんな仲間との貴重な再会でした。また、ぜひ今度はどこどこで集まろう! と言い合って別れました。ありがとう!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

| | コメント (3)

猫と犬

お参りにお邪魔させていただくお宅はいろいろですが、ペットのいるお宅も多いですよねぇ。

ぶっちゃけ、ボクは猫好きです。

犬も嫌いではありません。

でも、猫が好きです。

392962_338439766233644_202081390_n

なんでか?

これはボクの勝手な解釈ですが、犬は人に依存して生きている感じがして、猫は人を利用して生きている感じがします。

つまり猫は人っぽいんです(苦笑)。

ヨーロッパで行われたとある実験によれば、ずっと人に飼われていた犬と猫をまったく人のいない自然に放置してみた結果、犬は餓死寸前で保護され、猫はたくましく生きていたそうです。

上の画像は、とあるご門徒さん宅の猫です。

撮影しながら、ボクはこんな会話を想像をしてしまいます。

ボク「えぇなぁ、君はお昼寝がお仕事で。できれば代わってほしぃわ」

猫「にゃ? 猫には猫の苦労があるんにゃ。ナメんにゃよ♪」

ボク「そら、大変失礼しましたな、すんまへん」

猫「わかったらえぇんにゃw」

という感じです(笑)。

あぁ、猫とお昼寝したいですねぇ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

| | コメント (1)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »