« お寺で和やかヨガ体験 | トップページ | 息子の中学生活 »

行き道と帰り道

Dsc00543

全国的には夏日のところが多いそうですが、金沢はここ1週間ほどとても爽やかな晴天が続いていました。

というより、じっとしてると肌寒さを感じるほどです。

今日は久しぶりにまとまった雨とあって、これまた気温も低めでしたね。

月忌参りにお邪魔するお宅のほとんどには、まだストーブやコタツが片付けられずに置かれています。

ところで、よく歳を取ると時間の経過が早く感じると言われますが、皆さんはいかがですか?

ボクはこれまで、歳とともに周囲への好奇心や新鮮味がなくなり、無感動になっていくからだと思っていました。

すると、それを上手に表現した方があって、「旅行と同じで、行きしなは長いけど、帰りしなは早く感じるのんとおんなじなんや、たぶん」と。

なるほど!

言われてみればそうですねぇ!

特にドライブやツーリングでは顕著かもしれませんが、行きは初めてだったり久しぶりに観る風景でも、その日や翌日に再び通ると新鮮味なく好奇心もそそられないかもしれません。

すると、人生にも行きと帰り、つまり折り返し点というものがあるのかもしれませんね。

むろん、それがいつかわかりませんし、死を迎えるそのときまでずっと行きの方もあるかもしれませんが。

ただ、本当は見慣れているからこそ見逃しているものがたくさんあって、それに気づかずにいる場合もあるかもしれず、だとしたらもったいないなぁとも思います。

好奇心、いつまでも持ち続けていたいもんですね。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

|

« お寺で和やかヨガ体験 | トップページ | 息子の中学生活 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

好奇心w(゚o゚)wって大事やと思いますわ。というかこれこそ人間特有の喜びかも知れませんもん(。・w・。 )。好奇心についてですが、お釈迦さんは執着は良くないと言ったと言われていますよね(・A・)イクナイ。私は正しくは、囚われのココロに陥るのがいかん(*`ε´*)ノ、と言ったのでしょう。だって、勝利への執着はやる方も見る方も感動を呼びますでしょ\(;゚∇゚)/。でも「勝利せねばならない」となると、これはやってる方は緊張して楽しくなく、見てる方も気の毒なだけ(;ω;)。

と脱線しましたが、好奇心もその喜びを知れば、人生が豊かになるなって思います( ̄▽ ̄)。

カウンセリングで幸せの見つけ方を知ってから、そうして幸か不幸かカメラと写真が趣味なのでcamera、ピピっと来たものにシャッターを切るのは喜びですキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!。

そして、他力本願で絆の力を感じるように、私は俗世間を繋ぐものがお金dollarであって、これも囚われなければ、貢献への報酬に過ぎないものだと最近気づきましたね。頂いたお金は衣食住や娯楽に使うと、それを頂いたお店や人は喜びヽ(´▽`)/、そしてまた別の人へと支払われていくさんくす♪(o ̄∇ ̄)/。つまり人から人へ回りまわっている、金は天下の回りものとはそういうことで、だから日本国憲法で、就労と納税の義務が課せられているんだなと゜.+:。(*´v`*)゜.+:。。

これを資本主義というんですが、仏教の目線から世俗を見るのも面白いものです( ^ω^)おっおっおっ。

投稿: 加藤 隆志 | 2012年5月25日 (金) 20時34分

執着が怖いのは、それにがんじがらめになって身動きが取れなくなることですね。「こうでなければならない」とか、「こうあるべき」とか、そういうもんが強ければ強いほど、選択肢も視野も狭くなり、自分も周囲も見えず盲目的な言動しかできなくなります。

あるがままなり、あるがままの自分、あるがままのご縁を受け入れよ、ということでしょうね。

投稿: Kei@住職 | 2012年5月28日 (月) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お寺で和やかヨガ体験 | トップページ | 息子の中学生活 »