« 主義・主張・言いぶん~しかし | トップページ | ラーメン大好き♪ »

着火しにくいライターの不思議

月忌やご法事などでいろいろなお宅にお邪魔しますが、最近よく聞く苦情というか、困り事があります。

それは、お内仏(=お仏壇)でお参りする際に、おロウソクに火を灯しますよね?

その火を灯すのに、マッチをお使いの家もあれば各種ライターを使用する家もあります。

その各種ライターについてなんですが。

Securedownload

「固くて押せないのよ~」というお年寄りの声。

そんな声が最近どんどん増えてきてるんです。

いつかは忘れましたが、一時期からわざと着火する部分を固く(重く)して着火しにくくなってるんですよ。

その理由は、幼い子どもが興味本位で触って着火し火事になるケースが多くなったからとかなんとか。

なんか、おかしくないですか?

幼い子どもは好奇心のカタマリです。

なんでも興味をもったものを触るは当然です。

しかし、周囲の大人はいったい何をしてるんですか?

まず、子どもから目を離さないことが第一ですよね?

そして目を離す場合、危ないものがあるなら、子どもの手の届かないところへ隠すことですよね?

この2点を怠った結果、火事が起こったのであって、ライターを製造販売する企業が着火しにくいライターをわざわざ製造販売しなければならないのでしょうか?

とっても疑問です。

安全性に配慮した製品を製造販売すること、求めることは、それしたいはおかしいことではないですが、着火しにくいライターまで製造販売してあげなければならないもんでしょうかね?

ぶっちゃけて言うと、消費者側の安全性へ感覚や想像力が退化し、結果として工夫することを放棄してるとしか思えません。

むろん、それに平身低頭と応える企業側の節操のなさも疑問ですが。

人の想像力や感覚は、使わなければ退化します。

その責任を他へ転嫁する側、それを鵜呑みにする側。

そんなおかしな需要と供給関係が当たり前化してきている昨今。

おかしい、ボクはそう思います。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

|

« 主義・主張・言いぶん~しかし | トップページ | ラーメン大好き♪ »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 主義・主張・言いぶん~しかし | トップページ | ラーメン大好き♪ »