« 秘湯の旅 | トップページ | 春の嵐 »

家族であっても…

先週の家族温泉旅行で、あらためて思ったこと。

家族であっても、考え方、価値観など、それぞれそれぞれ。

Dsc00477

当たり前ですよねぇ。

だからこそ!

もっと、しゃべりましょう!

人と人って、結局はしゃべってナンボやと思います。

たとえば、長年連れ添った夫婦であっても、しゃべってみて初めて「そうやったんや」ということがたくさんあります。

むろん、言わなくてもわかるという、いわゆるアウンの呼吸的な部分もあるとは思いますが。

日々の日常は、何より大事なものです。

でも、たまに非日常の場をつくることによって、しゃべれなかったことがにゃべれたりします。

家族でお出かけ、たまには大事なことだなぁとあらためて思いました。

「相手の話を、最期まで静かに聞くということは、その相手を人間として尊重するということである~安田理深」

1番小さな社会単位である家族。

その家族が、互いに人として尊重し合える関係でありたいものです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

|

« 秘湯の旅 | トップページ | 春の嵐 »

子ども・家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秘湯の旅 | トップページ | 春の嵐 »