« シーズンも残りわずか | トップページ | 毎年恒例の… »

冷や汗の一瞬

Dsc00334

一昨日のことです。

法務の移動でクルマを運転中のこと、とある大通りを走行していました。

すると、右からおじぃちゃんが乗る自転車が、なんの躊躇もなくフラ~っと横断してきました。

その自転車は、ボクの前を走行していたクルマの前へ一直線に。

危ない!!

そう思ったボクは、前のクルマとほぼ同時に急ブレーキ!!

間一髪、大惨事にはいたりませんでした。

当のおじぃちゃんは、急ブレーキに驚いたものの、「あんたら、何してんの?」といった顔で平然と道をわたりきり、走り去っていきました。

安堵するやら唖然とするやら。

先月の大阪での判決を思い出します。

自転車であっても、歩行者であっても、道路上を通行する以上、道路交通法を遵守するのがルールです。

今回の一件でも、結果的には大事にはなりませんでしたが、ほんのちょっとタイミングが違えばおじぃちゃんは跳ねられ、後続車は玉突き事故を起こしていたかもしれません。

もう少し考えましょう!

このおじいちゃんのような方の場合、ご家族はもっと気にかけてあげてください。

歳を取ると云々、そうおっしゃることはわかります。

でも、歳を取ることでいろいろな不都合がでてくるのなら、やはりもっと意識して行動しましょう。

クルマ1台くらい、自転車1台くらい、歩行者のひとりくらい、そんな小さないい加減の積み重ねがマナー劣悪化と危険増大を招いています。

同じ道路を通行する多くの人のひとりとして、自分勝手な行動が、いい加減な行動が周囲にどんな影響を与えるかを考えて行動しましょうよ、お互いに。

年末年始、なにかと忙しく、また非日常の場合が多々あろうかと思いますが、急がば回れくらいの心の余裕を持っていたいものですね。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

|

« シーズンも残りわずか | トップページ | 毎年恒例の… »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シーズンも残りわずか | トップページ | 毎年恒例の… »