« 雑感12月 | トップページ | 冷や汗の一瞬 »

シーズンも残りわずか

Dsc00339

12月に入って、市内の農村などのご門徒宅報恩講をほぼ毎日まわっています。

それも、明日のT町で一段落。

16日のU町が最後ですが、そこまで間があきます。

今日のN町では、お野菜などを毎年たくさんいただきますが、今年も白菜、大根、里芋、じゃがいも、柿、お米、お餅をいただきました。

本当にありがとうございました。

また、このN町は数ある農村の中でもとくに熱心なところで、平日でも家族や親族が可能なかぎり集まってボクを待っていてくださいます。

そんな皆さんとともに正信偈を唱和していると、年に一度の報恩講を大切にしてきた村の歴史を感じますね。

また、この村は105歳の長老を筆頭に80歳後半~90歳以上の元気なお年寄りが多いのも特徴です。

朝な夕なにお念仏を唱え、田畑で農作業という変わらぬ生活を続けていらっしゃることが長寿の秘訣かも?

「あぁ、ありがたい。これで今年も歳を越せます」

正信偈の唱和を終えた後、そう言ってくださったおばぁちゃんがいました。

いえいえ、こちらこそ、ともにお念仏のご縁をありがとうございましたという気持ちになります。

9月末からの報恩講シーズンもあとわずか。

さて、寺務仕事にも精を出しますかね。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

|

« 雑感12月 | トップページ | 冷や汗の一瞬 »

法務あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑感12月 | トップページ | 冷や汗の一瞬 »