« ようやく冬の到来です | トップページ | 師走の街 »

寺報発行・年末調整・年忌案内

9月下旬~12月中旬のご門徒宅報恩講、今年もようやく250軒近くを参り終えることができました。ありがとうございました。

実は、あと1軒残っていますけど(苦笑)。

先日、月忌参りにお邪魔したお宅にて、お茶菓子にこんなものをいただきました。

Ahaz7i0cmaagfl3

雪ダルマ&サンタクロースのマシュマロです♪

坊さんがいただいてよいのかどうか、一瞬悩みつつも、あまりにかわいいのでいただいて帰りました。

息子が喜んで食べると、雪ダルマの中にはチョコレート、サンタの中にはカスタードクリームが入っていてとてもおいしかったようです。

さて、寺報「大慈山」142号は、今週末に発行できそうで、同封する年季案内も完成間近となりました。

明後日は年末調整もできそうです。

ここまで年内の仕事の目処が立つとようやくホッとします。

この年末も積雪がありそうですので、そうなったら雪かきで運動不足解消といきますかね(汗)。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

|

« ようやく冬の到来です | トップページ | 師走の街 »

法務あれこれ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは〜kei@住職さま!

250軒近くのご門徒さま宅への報恩講、
お疲れ様でございます。
一口に250軒と申しましても
密集してるわけでなく移動距離にしてみましても
天候によりましても
大変なご苦労がおありかと存じます。

実は先日
故郷で法要があり
長女の特権?(笑)で住職さんのすぐそばに座りました。

約2時間もの間
休憩はありましたが
住職さんは姿勢も崩さずにお勤めして下さいまして
日常では私たちが存じないご苦労がたくさんおありなんだと感じました。

kei@住職さまと同じ宗派で
親鸞聖人の唄も
経本を見ながら声を合わせました。

そして
最後に
説経と私たちは言ってますが
お題が(凡夫になるな)という内容のおはなしでした。

いずれブログにしたためようと思っていますが
大変考えさせられる内容でした。

猫にえさを与える人がいて
猫はえさをもらう人になつくが
えさを調達する者がいることを猫は知らない。
その先をみて
物事を判断せよってことですね。

参列者は小学生から
大学生の姪や甥がいましたので
住職さんという職業はは
その法要の顔ぶれでお題をお決めになるのかなぁなんて
感動さえしました。

それまで住職さんの細かい配慮など気づきもしなかったのですが
kei@住職さまのブログを時おり読ませていただいてますおかげで
法事や法要に列席するのが
苦でなくなったかもしれません。

投稿: 乙女椿 | 2011年12月21日 (水) 14時03分

kei@住職さま!

法事や法要が苦だったなんて失礼しました!
身近に感じるようになったという意味で
ご理解いただけましたら幸いです。

投稿: 乙女椿 | 2011年12月21日 (水) 14時34分

乙女椿さん、コメントおおきにですm(_ _)m

2時間とは、長いご法要ですねぇ。お斎(おとき=お食事)の時間も含めてですか?

ご法要や報恩講、毎日毎日の月忌参り、人知れず苦労はありますけど、それが自分を育てていただいているご縁なんですよね。でも、ボクがそれをよく忘れます(汗)。ブログではそのあたりを書きすぎかもしれませんねぇ(苦笑)。

法要後のお話は、たしかにそのご家庭の様子や雰囲気、顔ぶれなどでアレンジする場合がありますねぇ。

猫の例えはわかりやすくていいですね。人間には想像力があり、それを駆使してさまざまな事柄に思いを馳せることができます。思いやりも、人にたいする想像力の産物ですよね。

投稿: Kei@住職 | 2011年12月21日 (水) 20時20分

こんにちはKei@住職さま。

2時間の法事のなかにおときは入ってません
同じ宗派でも
そのお寺は長いそうです

ちなみに
滋賀県大津市伊香立の竜華寺です

話題変わりますが
本日
岐阜市内の円徳寺でお通夜があります

仕事上のお付き合いの中でも親しくさせていただきました堀江さんというご婦人です。

とても悲しいですが
先日の法事で住職さんがおっしゃりになりましたことで
故人は
この世のお勤めを終え
故人は浄土へ行かれたのです

ということばに少し悲しみがやわらぎそうです

お寺の住職さんのおはなしを伺うと
心が救われますね

Kei@住職さまも
いろんな場面で
人々の心を救ってらっしゃるのですね

これからも
おからだにお気をつけてますますのご活躍をお祈りいたしています☆

投稿: 乙女椿 | 2011年12月22日 (木) 13時10分

お弔い、ご苦労さまです。

この世でのお勤めを終えお浄土へ帰っていかれた方を仏さんとお呼びし、その教えを聴くご縁をお弔いと言うんですね。

ボクも、そのことだけはしっかりお伝えするよう心がけていますが、なかなか伝わらない方も多いです(汗)。まだまだです。

投稿: Kei@住職 | 2011年12月23日 (金) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようやく冬の到来です | トップページ | 師走の街 »