« イメージと実情 | トップページ | 雑感12月 »

育てられたご縁を想う

Dsc00342

12月になって、寒さが増してきましたねぇ。

今日は市内T町にて、ご門徒宅報恩講8軒をお勤めさせていただきました。

その中で、今年おじぃちゃんが亡くなったT家にて、いろんなことを想いました。

このTさんは、長年にわたって当寺の総代、責任役員、相談役を歴任していただき。大変ご苦労いただいた方でした。

10月の当寺報恩講のときにも、いつもいてくださったTさんの姿がないことに寂しさを感じたものです。

そんなことなどを、奥様とお話させていただくと、「あの人も、お寺に行くことが我が家に帰るような感じでお邪魔してましたのよ」と話してくださいました。

ありがたいことです。

仏間に安置されているご遺影の笑顔を見ていて、ともに焼酎を酌み交わした在りし日を想いました。

ボクが高校生くらいのころからずっと当寺の行事はもちろん、なにかにつけてお会いし可愛がっていただいたこと、そんなご縁がボクを育ててくださったことに今さらながら感謝しきりです。

ウチの息子にも、我が孫に接するように可愛がっていただきました。きっと、息子も大人になり、T家にお邪魔するときが来たら、Tさんのご遺影を見てなつかしく想うことでしょう。

Tさん、本当にありがとう。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

|

« イメージと実情 | トップページ | 雑感12月 »

ご縁いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イメージと実情 | トップページ | 雑感12月 »