« 雪の日のエトセトラ | トップページ | 年末年始のご案内 »

今年最後の(?)訃報

Dsc00358

夕べ11時ごろに電話が鳴りました。

訃報かとピンときましたが、やはり。

ほんの3週間前、ご門徒宅報恩講でお邪魔したときには、いつもどおり元気で明るくおしゃべりさせていただいていた方でした。

今夜、仮通夜にお邪魔させていただき、そのお顔を拝してみてもまだまだ信じられない思いです。

仏さんと成られたこの方は、そんなボクらに一寸先は闇の生命を生かされていただいていることを身をもって教えてくださっています。

でも、親しき大事な方を亡くした現実を受け入れ、その教えを聞けるようになるまでに少なとも49日かかります。

人によっては1年、2年かかるかもしれません。

でも、いつ終わるかわからぬ生命をいただき生かされている身だからこそ、その時間をもいただき泣き、悔やみ、苦しむご縁をいただいているとも言えるんです。

いただいた生命を、精一杯に生ききること、それは答えや結果が出なくても、今しかできないことをさせていただいているか、無駄にしているかによって違うということです。

合掌。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

|

« 雪の日のエトセトラ | トップページ | 年末年始のご案内 »

ご縁いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の日のエトセトラ | トップページ | 年末年始のご案内 »