« 読書の秋に向けて | トップページ | もう秋? »

命を想う

昨日から今朝にかけて、台風12号による甚大な被害が出たようです。

現時点で死者33名、行方不明者57名。

行方不明者がひとりでも生存されていることを願ってやみません。

3月の大震災といい、つくづく自然の猛威の前に人間は無力であることを思い知らされます。

地球という惑星を生き物と定義すれば、ボクたち人間はその地球に寄生する微生物のようなものであり、主体生物たる地球なしには生きることはおろか、呼吸することさえできない存在なんです。

前述したように、思い上がらず、奢らず、生かされてある存在を自覚し、謙虚に自然とともに共生する眼を持つことで、防災への取り組みも違ってくるように思います。

大きな地球の命も、小さな小さな人間の命も、動植物の命も同じ重みを持っています。

そう感じることで、自分の命の重さも見えてくるはずです。

ひとつでも多くの命が生き続けられますよう。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

|

« 読書の秋に向けて | トップページ | もう秋? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書の秋に向けて | トップページ | もう秋? »