« 白山一周ツーリング | トップページ | せせらぎ街道 »

またもやご葬儀にて

Dsc00219

暑いっす(汗)。

もう秋? なんて言ってたのが、なにがなにが、夏の逆襲とばかりの暑さです。

しかし。

この土曜日にあったご葬儀のまっ最中、またもや雑談をするお年寄りたちに辟易。

自分のお焼香を終えたらそれでご葬儀じたいが終わった気になるんでしょうか?

仏と成られた故人への思い、残されたご遺族への思い、そういう心はないのでしょうか? 何をしに来ているのですか? と尋ねたくなります。

ここ数年、こういう方々が増加一方です。

ボクが立ち上がり、振り向いて諭すわけにもいきません。気の利いたホールであれば、スタッフがそれとなく注意してくれることもありますが。

ただ、言ったら悪いですが、いい歳をしてそんな注意を受けることを恥ずかしいと思っていただきたいものです。

お年寄りでも、若い方でも、ちゃんとしている方はちゃんとしていらっしゃいます。

しかし、比較的、お年寄りの無軌道ぶりが目に余る昨今です。

生かされてこそ、歳も取らせていただける。ボクも含め、皆、その積み重ねを無駄にせず、分別ある成熟した大人になりましょう。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

|

« 白山一周ツーリング | トップページ | せせらぎ街道 »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

いい事言いますね、2ヶ月程前叔父の葬儀に名古屋に行きましたが、通夜でだれも故人に付き添わず控え室で談話してるので、おいおい・・・とつい親戚の人達に言ってしまった。それは出過ぎた真似だったが、確かにマナーというか常識の無い人達がおおすぎるわな。。。

投稿: rollei35 | 2011年9月12日 (月) 21時51分

コメントありがとうございます。

そうですか、そんな体験をされたんですね。空気を読むとかいうよりも、お通夜、ご葬儀であれば、やはりご遺族へ最低限の配慮があってしかるべしかと思いますよね。

仮に故人との面識もなく、義理だけで来ている人だとしても、そこが騒いでもよい場所かどうかは一目瞭然ですし。

思いは見えなくても思いやりは見える、心は見えなくても心遣いはわかる、しかし、自分自身の思いや心が見えず気づかず、そんな人が多くなってるのかもしれませんね。

投稿: Kei@住職 | 2011年9月13日 (火) 08時20分

私の祖母の葬儀で、最前列で子どもたちがわいわいと楽しげに騒いでいたので、血管切れそうなほど怒鳴っていた自分が忘れられません。私は儀式で、妹は悲しくておろおろになっているのに、従妹の子が「もりあげようと」子どもたちをあおっていたのでしたが、何も注意をしない従妹に対して腹立たしく思いました。もりあげ楽しい場にする必要はないし、失った悲しみに静かに身を据えていることが、わからなくても大切に思うのです。葬儀は子どもにはむしろ大事な機会だと思います。自分の子どもたちには列を抜けてでも叱りに行きますが、お年寄りが雑談するのは、ため息しかでないdespair

投稿: nikoju | 2011年9月16日 (金) 21時54分

nikojuさん、お久しぶり♪

子どもにとって、お通夜、ご葬儀、ご法事など、仏事に参加してもらうことは良いことだと思います。ただ、その子どもたちにちゃんと静かに座らせること、手を合わせること、そしてその意味を教える大人がちゃんといることが大前提です。

なんだかんだ言っても、人は年長者の素振りを見て育ちます。お年寄りが適当な振る舞いをしていれば、その子も、孫も適当な振る舞いをする。かつては厳格なお年寄りがいて、一族の秩序が保たれていたんだと思う。

歳を取ることを嫌がる前に、歳を重ねて成熟した大人になったかどうかを自問していただきたいし、自分もそうありたいと思いますね。

投稿: Kei@住職 | 2011年9月16日 (金) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白山一周ツーリング | トップページ | せせらぎ街道 »