« 素直にうれしぃこと | トップページ | 坊守会にて »

悲しみには寄り添える

Dsc00437

訃報を受けていろんなことを思い、感じます。

むろん、若いからどう、高齢だからどう、というつもりはなくとも、やはりお若い方の訃報を聞くのは辛いものです。

祖父母、ご両親、ご縁あった無数の方々の悲しみは計り知れません。

泣いてください。苦しんでください。

ただし、だれか必ず寄り添ってあげてください。

人の弱さは孤独によって倍加もすれば、ともにある存在によって軽減もできますし、なにより、ともに故人をご縁に絆が強まりもします。

身近な人の悲しみを共有できるのは、一番身近にいる家族です。

寄り添い、ともに悲しむことで、人の心は救われていきます。きっと。

仏さんと成った故人は、そんな人へ今を大事に生きてくださいと教えてくださっています。その教えをいただけるにも、やはり時間がかかるかもしれません。

でも、我々が何かをしてあげることよりも、仏さんと成った故人の教えを聞き、人の生きること、死ぬことを真剣に思うことが、仏さんへのなによりの返事になると思います。

合掌。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ にほんブログ村 バイクブログへ

|

« 素直にうれしぃこと | トップページ | 坊守会にて »

ご縁いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素直にうれしぃこと | トップページ | 坊守会にて »