« 寺報発送&配達完了 | トップページ | がんばるということ »

震災から2か月

Gvsey

過ぎてみると早い、でもこの2か月間にあったことを思い返してみれば長かったのかもしれません。

復興支援も多種多様に行われています。↑は、「ベストヒットUSA」というBS番組のチャリティーTシャツです。

昔からこの番組ファンのボクはすぐに応募し、先月届きました。司会の小林克也さんの直筆メッセージが同封されていてとても嬉しかったです。

一人ひとりができることを。企業や自治体であっても同じで、継続性が大事だと思います。

でも、先週のGWにおける無神経な被災地観光など「?」な方々の存在もあります。

そして、原発のある某市の市長さんの発言には信じられない思いです。

原発推進を訴えるスタンスの彼は、原発があれば○年間で○億円が入る、短大、運動公園、火葬場ができた、タナボタ式に町づくりができると。

さらには「その代わりに100年経って片輪が生まれてくるやら、50年後に生まれた子どもが全部片輪になるやら、それはわかりませんよ。わかりませんけど、今の段階では(原発は)おやりになった方がよいのではなかろうか…。こういうふうに思っております。(原文ママ)」

唖然とします。しかも、この発言には講演会場から拍手が起こったとか。

今さえよければ50年後、100年後にどうなろうと知ったこっちゃないということでしょうか。

たしかに地域振興にお金がかかることはわかります。でも、こんなやり方をまかり通してまで振興する必要があるのでしょうか?

50年後、100年後の子孫も笑顔で暮らせる町をつくるのこと、それは町というよりも疲弊しきったこの地球環境を復活させ、未来に残していこうとなぜ思わないのでしょうか?

この市長の存在、この人を支持する方々の存在が信じられない思いです。もちろん、この市にも疑問を持っている方々は多くいらっしゃると思いますが、長いものに巻かれてしまう方も多いでしょう。

本当の民主主義ってなんでしょう? お金で多数決をつくって押し通すことではないはずですよね。

小さな自治体が生き残ることは大変なことかもしれません。でも、ものを見る眼だけは大きく持っていただきたいと思いますし、ボクもそうありたいと。

小さな集団にいると、小さな人間しか育たたないといいます。大きく広い視野、持ちましょうよ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 寺報発送&配達完了 | トップページ | がんばるということ »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寺報発送&配達完了 | トップページ | がんばるということ »