« スポーツの役目 | トップページ | 被災地からのご縁 »

精一杯のできること

Dsc00085

散りぎわの桜。桜って、どんなシチュエーションでも良いものですねぇ♪

震災被災地の北関東はすでに同じような状態でしょうか、東北の桜はこれからでしょうか。

気仙沼ではマグロ漁船が出港したと聞きました。徐々に日常を取り戻しつつある、というよりも取り戻そうと前向きに行動されているのでしょう。

ボクらはできることをさせてもらいながら応援させていただきます。

昨日、ネットニュースでこんな記事を見つけました。

内戦によって無数の地雷が残るカンボディアのとある村から、日本に向けて義援金とお守りが寄せられたというもの。

残留地雷によって村人の多くが足を失うなどの負傷した村が、日本のNPO法人のお手伝いによって綿を有機栽培し綿織物を生産しようやく収入を得られるようになった村だそうです。

そんな1世帯あたりの年収が7万円の村からおよそ8万円の義援金が届けられたといいます。この村の方々にとってはとても大きな金額です。

そして、東日本大震災のニュースを知った村人たちは、大変なショックを受け「どうか私たちに、(日本の)皆さまの苦しみを分かち合わせてください」というメッセージを寄せてくださったそうです。

とても、とても、尊い気持ちのこもった言葉と義援金です。頭が下がります。

金額の大小でも、物資の多少でもない、一人ひとりができる精一杯の気持ち、これほどありがたいものはないではないですか。

ボクたちもこのカンボディアの方々の大きく深いお気持ちを見習い、真剣にこの災難を受け止めていきたいものです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« スポーツの役目 | トップページ | 被災地からのご縁 »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スポーツの役目 | トップページ | 被災地からのご縁 »