« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

団体参拝にてトホホないろいろ

Dsc00105

今回のご本山への親鸞聖人七百五十回御遠忌団体参拝にて、引率者として同行させていただいたのですが、いや~、いろいろトホホなことも多々ありました。

4/24午後、バスで出発時に「今回、引率者ですけども、いたらぬ点が多々ありますので、あろうかと思いますではなく、ありますのでよろしくお願いいたします」とはっきり言わせていただき、どっと笑っていただきツカミはオッケーだったんです(苦笑)。

京都市内に入り、ひさびさに専修学院本科時代にいた山科~五条通り~川端通り~御池通りとやはり京都に入ってボクのテンションもあがり、バス内でよくしゃべりました(汗)。

投宿後、夕食は他寺団参方と同じ大部屋での夕食で、最初にいろいろしゃべり、責任役員Kさんに乾杯の音頭を~という絵も消滅しトホホ。

みなさん、以外に早く就寝体制に入ったこともあって、本山の元同僚と軽く一杯のつもりで夜の木屋町へ………宿へ帰ったのは…早朝4時…ご門徒さんの電話で起こされました(大汗)。

いよいよご本山へ。本当ならそれまでに配布しておくべき、声明本と肩絹の存在をきれいに忘れて参拝後に配布するトホホぶり(滝汗)。

京都市美術館にて親鸞展鑑賞は、思った以上の展示物でとてもよかったものの、疲れと眠気が……(問題外です)。

それでもなんとか皆さんに助けられ帰路につきました。

到着間際には、「いたらぬ点、多々ありましたでしょ?」と言って笑っていただきましたが、ただただ平謝りです。

それでも、最後には拍手をいただき、別れ際には多くのねぎらいのお言葉もいただきました。

本当にありがとうございました。まだまだ、まだまだ、まだまだな住職で、申し訳ありませんでした。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

善福寺・ご本山御遠忌団体参拝

Dsc00101

この4/25、ご本山東本願寺での親鸞聖人七百五十回御遠忌法要に、当寺から28名で参拝してきました。

前日の午後に当寺をバスで出発し一路~京都へ。

ボクにとっては故郷たる京都への道程はやはり気分も高揚してきますし、ご参加のご門徒方にとってもご本山参拝にテンションアップだったようです。

夕刻、京都に到着~投宿。金沢教区からほかに3か寺が同じ宿でした。

夕食にていろいろな語らいやご縁があり、明日の参拝に備え就寝。

翌日は、くもり空で肌寒い参拝日でした。

到着したご本山には全国から参集された大勢の御同朋・御同行が親鸞さんにお会いしに上山されていました。

Dsc00103

ご修復された御影堂のイス席にて午前9時からのお日中に参拝。

2700人のご門徒の正信偈の声が堂内に響き、それだけで上山して良かったと思える法要でした。

真宗門徒にとって、ここは帰依処であり、お念仏の故郷です。

ボクらのご先祖が750年間、大事に相続してこられたお念仏の教えをここであらためていただき直した思いでした。

東日本大震災があり、上山できなかった被災地のご門徒方の思いや、失われた無数の命のこと、ご縁によって生かされてあるこの身、いろんなことを感じさせられながらの参拝でした。

まずは、簡単にですが、今回の団参のご報告です。

添乗員として、いろいろ不手際のあったボクの活躍(?)ぶりについては次回にゆずります(汗)。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

親鸞聖人七百五十回御遠忌へ団体参拝

Gaoyf

ご本山・東本願寺での親鸞聖人七百五十回御遠忌法要へ、ボクを含め当寺から28名が団体参拝してきました。

ついさきほど帰寺したばかりですが、疲れました(汗)。

でも、とっても心地よい疲労感です。

ボクにとって故郷である京都、そしてすべての真宗門徒にとって故郷である親鸞さんのいらっしゃるご本山、そんな里帰り1泊2日でした。

でも、すみません。今夜は疲労困憊のため詳細はまた後日にさせていただきますね。

合掌

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

明後日ご本山へ

V5dbz

休務日の昨日、氷見までツーリングに行ってきました。

例年に比べて、やや肌寒いぶん、まだ桜がキレイな春の海でした。いろんなことを考えて疲れていたせいか、気分もリフレッシュできました。

今日はご葬儀がありました。

その前に毎月お邪魔しているT家の月忌参りへ。

先月、当寺のお賽銭箱を義援金箱化しているとお話させていただいたことから、巾着袋いっぱいの小銭を「ぜひ」とお預けくださいました。

「お寺まで行けばいいんだけど、ごめんねぇ」と言うご婦人に、「いえいえとんでもないです。お預かりして、責任をもって義援金としてお届けさせてもらいます」とお答えしました。

みんな、なにかしたいという気持ちを持っていることがとてもうれしく、頼もしく思います。

そして、明後日には1泊でご本山の親鸞聖人七百五十回御遠忌にボクを含め29名で参拝してきます。

お念仏申すものをひとしく御同朋・後同行と言われた親鸞さんにお会いしにいってきます。

今のこの災難をともに寄り添い乗り越えていきたいというみんなの気持ちを親鸞さんにご報告してきます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

被災地からのご縁

Dsc00079

当寺では、無期限お賽銭箱の義援金箱化運動を続けています。

お寄せいただいたお心の総額はじつに23万円近くになります。ありがとうございます。

それらは、宗派義援金窓口から赤十字や各自治体へ、またボランティアをされているNGO団体などへ随時送金させていただいております。

それとは別に、インターネットでさまざまな交流をさせていただいている方の中にも被災された方がいらっしゃいます。

そんな方へは、ボク個人的に微々たるものですが義援金をお届けさせていただきました。

すると、その中の岩手県の方から、お礼にぜひ自宅で作ったお米を送らせてほしいとのお申し出がありました。

今でなくても良いですよ、少しでもかつての日常が戻り、落ち着いてからでもいいですと返信したところ、いただいたお心に恩返しするためにも、もらった元気に応えるためにも今できることをお返ししたいとおっしゃいました。

そして、もし、万が一、他のところでなにかあったら東北人は援助に向かいますよ! と。

人は人とのつながり=ご縁によって強くも弱くもなることをあらためて感じさせられました。

東日本の被災地では、みな懸命に日々を生きていらっしゃるんだなぁと、逆にその強さや頼もしさをいただきました。

そのお心のお返し、楽しみに待ちたいと思います。

合掌

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

精一杯のできること

Dsc00085

散りぎわの桜。桜って、どんなシチュエーションでも良いものですねぇ♪

震災被災地の北関東はすでに同じような状態でしょうか、東北の桜はこれからでしょうか。

気仙沼ではマグロ漁船が出港したと聞きました。徐々に日常を取り戻しつつある、というよりも取り戻そうと前向きに行動されているのでしょう。

ボクらはできることをさせてもらいながら応援させていただきます。

昨日、ネットニュースでこんな記事を見つけました。

内戦によって無数の地雷が残るカンボディアのとある村から、日本に向けて義援金とお守りが寄せられたというもの。

残留地雷によって村人の多くが足を失うなどの負傷した村が、日本のNPO法人のお手伝いによって綿を有機栽培し綿織物を生産しようやく収入を得られるようになった村だそうです。

そんな1世帯あたりの年収が7万円の村からおよそ8万円の義援金が届けられたといいます。この村の方々にとってはとても大きな金額です。

そして、東日本大震災のニュースを知った村人たちは、大変なショックを受け「どうか私たちに、(日本の)皆さまの苦しみを分かち合わせてください」というメッセージを寄せてくださったそうです。

とても、とても、尊い気持ちのこもった言葉と義援金です。頭が下がります。

金額の大小でも、物資の多少でもない、一人ひとりができる精一杯の気持ち、これほどありがたいものはないではないですか。

ボクたちもこのカンボディアの方々の大きく深いお気持ちを見習い、真剣にこの災難を受け止めていきたいものです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

スポーツの役目

20070917_170500_n

ようやくプロ野球が開幕しました。こういう日常はある意味で安心感もあり、また東北楽天の勝利などに元気づけられた被災地の方々もいらっしゃったであろうと思います。

ボクのごひいきスワローズは連敗スタートでしたが、長いシーズンですので気長に応援します(苦笑)。

先月のサッカーのチャリティー試合でも、現役最年長選手のゴールに沸きましたし、スポーツの役目は大きいなぁと思います。

こんなときに、と思う方もあるかもしれません。ただ、どのスポーツでもこんなときだからこそと精一杯のプレーをしていることだけは確かでしょう。

プロレス団体NOAHのチャンピオンが、試合よりも救援物資を運んだり炊き出しをするべきと発言したことから、とある選手が反発しました。

彼のいいぶんは、こんなときだからこそチャンピオンがプロレスの力を信じて精一杯戦わないでどうする!? というもので、物議をかもしています。

どちらの言い分も正論だと思います。

ふたりとも悩んだ末の発言であることもわかります。

こんな時期だからこそ、みんな悩んで精一杯考えて行動している、お互いにそれだけは理解し合いたいものです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

お花見

C5fui

ほぼ満開の桜です。母と相方と息子と4人で徒歩10分の兼六園へ。

週末のお天気が悪そうなせいか、たくさんの花見客が来ていました。

土日は忙しいボク的には、少しホッとしてたりして(苦笑)。

だって、兼六園周辺は大渋滞になってお参りの移動が大変なんですよ~(汗)。

まぁ、それはともかく、長い冬を終えようやくやってきた春、というにはまだ肌寒かったですが、どれだけ冬が厳しくとも春は必ず来る! とあらためて感じました。

被災地の方々にとってはもちろんですが、日本全体にも必ず春が来ると信じて厳冬のようなこの状況を乗り切っていきましょう。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

選挙のあり方とは

Swgyw

昨日は温暖な晴天で桜も一気に咲き誇りましたが、今日はまた肌寒い1日でした。

昨日といえば、統一地方選挙でしたが、みなさんちゃんと投票されましたか?

でもまぁ、何がびっくりかといって東京都知事選挙での現職再選ですよねぇ。

今回ばかりは無いやろ? と思っていただけに。

と言っても対抗馬が今いちでした。前宮崎県知事さん、仮に当選したらそれなりに期待はできるものの、やはりなぜ宮崎でなく東京? という疑問を払拭しえなかったのが敗因でしょう。

そして、昨夜のツィッターではこの話題が多かったのですが、そのほとんどが石原さん再選への疑問でした。

にも関わらず再選されたのはなぜ? と、いろいろな意見が出ました。

ネット世論の多くが石原さん再選に否定的なのに、現実には再選しているということは、石原さんと同年代、つまりネットをされないご年配層主導による組織票が大きいのでは? という意見に妙に納得です。

さらには、その年代の方々にとって彼はカリスマ性ある存在だと。

組織票への疑問は以前にも書きました。選挙はあくまでも個人の意思によってのみ投票すべきものであると。

カリスマ性? それによって手腕以前に人としての感覚、人の弱さ、人の痛みをわかろうとしない独善性が覆い隠されていいものか? と、納得いきませんよ。

この結果に「東京都民でごめんなさい」というツィートがありました。その人があやまる必要はないと思いますが、こういう選挙構造にたいしてはみんなが真剣に考えるべきことだと思います。

主権在民国の国民のひとりとしての自覚、カリスマ性やパフォーマンスではなく、その人の本質を見抜く眼を養うことが求められます。

地元候補が当選すれば、わが町に道路が通るなどという目先の利益ではなく、国全体、世界全体を見据える考え方を養うことが肝要です。

何度も書いてますが…

世界全体が幸福にならねば 私ひとりの幸福はありえない(宮沢賢治)

という視点を持ちたいものです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

配慮し合う心

259124805

ようやく金沢でも桜がほころび始め、春の到来を感じるようになりました。

北関東から東北の被災地ではもう少し先でしょうか?

お花見や、夏の花火を自粛するという風潮が主流になりつつあるようですが、自粛することについていろいろ考えさせられますねぇ。

思うんですが、お花見も花火も、その他の行楽や娯楽によって、被災地の方はもちろん、国民に元気が出るのならやっても良いのでは? と。

ただし! とてもではないがそんな場合じゃない、そんな気になれないという方がいて当然だということを忘れてはならないと思うんですよ。

だから、お花見にしても例年のようなバカ騒ぎをするのではなく、桜を愛ながら東北など被災地の特産物を肴にし、被災地のお酒を呑みつつこれからのことを前向きに話し合うような場にすれば、間接的であれ被災地支援につながります。

そして、節電・節水・献血・募金などを基本に一人ひとりができることを精一杯することで、花見どころではないという方々をいたわり、元気づける作業をコツコツとやっていくことを忘れずにいることが大切なんではないかと思います。

自粛も不謹慎も、だれかが決め付けるのではなく、する人しない人、相互に配慮し合う心を持ってそれぞれが考えて行動することだと思います。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

あるじぃちゃんの決断力

5tfkk

東日本大震災後の3/13より始めた当寺お賽銭箱の義援金箱化ですが、おかげさまで義援金総額が25万円近くになりました。

お心をお寄せくださった皆さまには深く御礼申し上げます。

この義援金箱化は無期限で継続させていただくつもりでおりますので、お墓参りの折、またお近くにお越しの折などにはぜひともご協力をお願いいたします。

数日前のこと、月忌参りでお邪魔したT家のじぃちゃん(90歳)にこの義援金箱化のことをお話すると、「ご住職、ちょっと待っててくだされ」と席を立たれ奥の部屋へ。

しばらくして杖をつきながら戻ってこられたじぃちゃんの手にはJA(農協)の封筒がありました。

そして「これをぜひ被災地へお届けください!」とボクに手渡されました。

中をあらためさせていただくと、なんと10万円が!

こんな大金よろしいんですか? とお尋ねすると「いやいや、この未曾有の国難に、この老骨ができることといったらこれくらいです」と。

聞けば、あちこちの義援金窓口があるが、足が不自由で銀行や郵便局へ出向くことができずにいたところだったそうです。

深く深く頭を下げさせていただきました。

「お預かりしていきます。そして必ずしかるべきところから被災地へ届くようにいたします」と言って帰ってきました。

多くの田畑をお持ちのじぃちゃんであっても、現在はご隠居で年金暮らしの身です。しかし、すぐ10万円という大金を出されたその決断力とお心の深さに本当に深く頭が下がりました。

むろん金額の大小ではなく、自分にできることをしたい、そのお心がなにより尊いと思います。

本当にありがとうございます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

12年

Dj2zb

昨日は12回目の結婚記念日でした。

え? どうでもよい? すんまへん(汗)。

いや、まぁ、早いもんやなぁと思います。でも、この12年間を思い返してみると、いろんなことがあったなぁとしみじみ。

中でも、やはり結婚後すぐ息子が生まれて今日までの成長ぶりが一番感慨深いですねぇ。

今日、親子3人で外でお昼ご飯をいただき、その食欲にも驚きました(笑)。

ちなみに明後日は息子の12歳の誕生日です。

帰りにショッピングモールに寄って、大人用の自転車をプレゼントしました。

26インチの自転車のサドルをめいっぱい下まで下げてなんとか乗って帰りましたが、思った以上にすいすい♪

というわけで、息子はもちろん、ボクらもいろんなご縁に育てていただいた12年。これからもよろしくお願いいたします。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

風評

Dsc00076

今回の震災が、東日本大震災と正式名称が決まったそうです。

少しづつですが、さまざまなケアがなされてきているようですが、原発への心配と原発にまつわる風評被害だけは一向におさまりませんね。

政府は連日「ただちに健康に影響するものではない」を繰り返すばかりです。

科学的な根拠とそれを示す太鼓判を与えることができない以上、その言葉を鵜呑みにはできませんよねぇ。

作付けもできず、早いところだと今月末には田植えも控えた農家の方々、もちろん畜産業、漁業についてもこの太鼓判が出なければ死活問題です。

そして、福島県や茨城県など原発のある県、その周辺都市のものだからと敬遠する消費者による風評被害は甚大です。

風評は広げるのも人なら、おさめることができるのも人であるはず。

多くの情報が交錯する中で、正しい情報を見極める眼をもって冷静になりましょう。

がんばろう、元気を出そう、そのとおりです。

でも、それにはがんばる源(みなもと)、元気の源が必要です。

そうでなければ息切れします。被災地の方々ががんばり、元気になるには義援金や救援物資はもちろんですが、生活を再生していく源が必要です。

みんなで考えましょう。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »