« 続・携帯電話について | トップページ | クリスマスですか… »

携帯電話の弊害

Dsc02903

前回はスマートフォンと従来型携帯について、思ったことを書きましたが、携帯電話そのもののあり方についての疑問は多いんですよねぇ。

以前にも「実は電話嫌い」であることを書きました。

携帯電話の弊害のひとつは、電話マナーの衰退とでも言えばいいのか、たとえば当寺の電話に携帯ナンバーでかかってくると「あぁご住職?」とか、「大桑先生(前住職)ですか?」と、いきなり言ってくることが多いことです。

正しい電話マナーだと、「善福寺様でしょうか? こちら○○と申しますが、ご住職はご在宅でしょうか?」となるはずです。

それが携帯電話に慣れすぎているせいか、自分の望んだ相手が出ることが当然化してしまっています。友人同士が携帯電話同士でかけ合うぶんにはそれでも良いと思いますけどね。

もうひとつは携帯電話依存症とでも言えばいいのか、とにかくヒマさえあれば携帯をパカパカしている人の多いこと。

あるいはマナーを携帯していない人。

特に金沢のような地方都市の場合、電車やバスといった公共交通機関を利用する機会が少なくクルマという非公共機関での移動が多いため、マナーモードの利用習慣がない方が多いんです。

だから、ご法事を始める前に「恐れ入りますが、携帯電話をお持ちの方はマナーモードにて音が出ないようにお願いしますね。お経を読んでる最中に、電子音が鳴るとびっくりしてどこを読んでいるかわからんようになりますので(笑)」と、角が立たないよう注意させていただいています(苦笑)。

たまぁに利用するネットカフェなどでも、平気で着信音を鳴らす上にブースでそのまましゃべる人がいるので「なんでかなぁ?」と首をかしげます。

携帯電話は便利なものです。しかし、なんでもそうですが、利用するには周囲へ気配りが必要不可欠だと認識して利用したいものです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 続・携帯電話について | トップページ | クリスマスですか… »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・携帯電話について | トップページ | クリスマスですか… »