« 報恩講を迎えるご門徒 | トップページ | 続・雨多し »

育った環境の違い

Dsc02878

当寺の庭です。

こうしてじっくり見てみると風情あるなぁとあらためて思い、写真を撮ってみました。

今朝、愛息がおなかが痛いと言い、相方は学校に電話し休ませることにしました。

ボクは、この程度で? と、やんわり抗議したのですが、すでに電話した後でした。彼女は、野球の疲れが出たんだと言いますが、それならなおさらおかしな話です。

学校と野球、どっちが本で末なのか? は言うまでもないことです。学校の妨げになるようなら、野球を続けることじたいが考えものだと。

それ以前に、ボクの母親は、熱が38度以上でもなければ絶対に学校を休むことを許さない人でした。

とりあえず行けと。それでも、どうしてもしんどかったら早退してきなさいと。

それでもと抵抗すれば、じゃあ自分で学校に電話しなさいと言われ、それこそズル休みと思われるやん! と、しぶしぶ登校したものです。

しかし、どうやら相方はそうではなく休みたいと言えば、寝てなさいと言われ、やさしく看病してもらえたらしいです。

結婚して11年半。相性とか、好みとかよりも、こういう違いでの衝突が何より大きいなぁと感じます。

宿ったご縁、宿縁を喜ぶということは、こういうことを乗り越えられないまでも認め合うことなんだろうと思います。11年半では、まだまだ遠い道のりなのか、それとも? どんなものでしょうかねぇ(苦笑)?

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 報恩講を迎えるご門徒 | トップページ | 続・雨多し »

子ども・家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 報恩講を迎えるご門徒 | トップページ | 続・雨多し »