« 秋の雑感 | トップページ | 宗教について »

お役目

Dsc02846昨日と今日は、2か寺づつ報恩講に参勤させていただきました。

お寺の報恩講にはいろいろなお役目があり、内陣出仕に参勤したボクらに回ってきます。外陣は助音方(じょいんかた)といってまた別の役割になります。

まずはお調声(ちょうしょう)で、お経のメインボーカル(?)みたいなものです。

次に和讃(わさん)がお逮夜なら6首、お日中なら3首あって、そのうち1首目はお調声さんが担当し、あとの5つないし2つを他の人が担当します。さらに6首目ないし3首目は結讃(けっさん)と呼ばれるオオトリになります。

そのお役目によって、座る場所が決まっています。

内陣に向かって右側を祖師前(そしぜん)と呼び、その手前から祖師1、2、3で、左側を御代前(ごたいぜん)と呼び、これも手前から御代1、2、3となります。

お調声さんが祖師1、和讃2首目が御代1、3首目が御代2、4首目が御代3、5首目が祖師3、結讃が祖師2とぐるっと時計回りになっています。

そのお役目よりも人数が多い場合は無役となり、余間(よま=あまった席)へ座ります。

そのほかに、お日中だと登高座をする人と、式間(しきあい)念仏の担当が増えます。

若手や経験の浅い人は、余間へ回ることが多く、その経験などに応じて2~5首目を担当し、それからお調声や結讃を任されるようになっていきます。

昨年あたりから、そのお調声を任されることが多くなりました。

声の高さを取るのがとても難しいんですよ。合掌してシーンとした御堂で、合掌をとくと鐘がカーン・カーンと鳴り響き、最初の発声です。

ここが一番緊張するところで、発声した後に外陣の助音方が発声するんですが、ボクの発した声の高さと違う音の声が出たら、ボクの高さが間違っていたことになるんですね。

まぁ、住職になって7年半、いつまでも「できませーん」というわけにはいきません。もっともっと練習せねばと、毎年思ってはいるんですがねぇ(苦笑)。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 秋の雑感 | トップページ | 宗教について »

法務あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の雑感 | トップページ | 宗教について »