« 夏こそ温泉? | トップページ | 台風一過~旧盆 »

戦争は罪悪

8_11先日購入したブルーレイレコーダーを使いこなそうと、いろいろ録画したりしています(笑)。

目に付くのは敗戦日が近づいていることもあって、戦争関連の番組ですが、NHKなどの再放送も含めて多いですねぇ。

まだ全部は観ていませんが、思うのは戦争に良い戦争も悪い戦争もないということです。

そしてその戦争の時代に生きたすべての人が犠牲者だということです。

戦争は麻薬やギャンブルと同じだとか言われるように一度始めれば引っ込みがつかなくなります。

半藤一利さんの「日本の一番長い日」という著作がありますが、日本が無条件降伏するまでの長い長い紆余曲折が読み取れます。

当時の戦争指導者たちの言動からは、国民の命を守ることなど微塵も感じられず、自分たちの保身が最優先されている様子がよくわかります。

彼らの守ろうとした国体の護持とは、すなわち天皇制であり、その国家体制下にある自分たちの立場のことです。国民はおろか、神とした天皇の存在そのものもその隠れ蓑でしかないんですねぇ。

結局、当時の首相、外相、海軍大臣など一部の指導者は戦争継続は不可能だと主張し最後はその働きかけによって天皇の判断をあおぎ無条件降伏に至ったわけです。

むろん、この決断に至る長い間に全国で空襲があり無数の一般市民が犠牲となり、アジア各地の戦場では無数の兵士たちが無謀で無能な指揮官たちの下で戦死しています。

正義や大儀を語るだけで、自国民を守ることをしない国とはなんでしょう。

そんな国のために命を捨てる気になれますか?

なれませんよねぇ。

でも、それに気づいたときにはもう遅いんです。だから、安易に世の中の流れに乗って安穏としていると危険です。

今の世の中の流れの行き着く先を考え、その流れを見極められる国民でありたいと思います。

そのために何を?

まず、新聞と本を読んで想像力を養いましょう♪

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 夏こそ温泉? | トップページ | 台風一過~旧盆 »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

 今晩は 初めまして、、。
 お坊さんからのコメントは初めてで、私にとっては
嬉しい限りです。
私のホームページをご覧になるとお判りかと思いますが、実は私は今やいわゆる「葬式仏教」にうんざりし、揚げ句、仏教そのものにも疑問を持つようになっているからです。
 昔日本の仏教はもっとアクチブで生きたものでした。
 檀家である我々も責任があります。
どうかこれからもコメントを書いて下さい。

投稿: アツガーリン | 2010年8月14日 (土) 21時11分

アツガーリンさん、ようこそ♪

こちらこそ、いきなり訪問してのぶしつけなコメントすみませんでした。

葬式仏教。嫌な言葉です、本当に。ボクら僧侶の力不足はもちろん反省すべきですが、テレビが壊れたから電気屋さんを呼ぶように、肉親が亡くなって坊さんを呼ぶというお金でのモノサシが蔓延している世情に疑問を呈していく必要を感じます。

お金や力でだけで生きてきた人はなく、ご縁ある多くの人々のおかげさまで生かされ、それ以前にご先祖があってこの命をいただいて生まれさせていただいたことへの感謝が南無阿弥陀仏なんです。

またのご訪問お待ちしています。

投稿: Kei@住職 | 2010年8月14日 (土) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏こそ温泉? | トップページ | 台風一過~旧盆 »