« 再邂逅 | トップページ | 善福寺講のお知らせ »

分を尽くす

Dsc02776久しぶりに「お坊ちゃま」ではない総理大臣が誕生しましたね。

で、さっそく閣僚にカネの疑惑。というか、政権が変わるたびにそういった暴露(?)がなされ、醜い足の引っ張り合いを演じる国会にうんざりします。

野党が与党の、与党が野党の、もっと細かな敵対勢力同士が出る杭を打ち合い、人材が無駄に消耗しているように見えます。

もちろん、政治家さん方にはしっかりした金銭感覚を身につけ、管理をしてもらいたいのは言うまでもありません。

そして、総理大臣は国の代表である前に、与党のリーダーなのだから与党内の派閥争いで足を引っ張ることはやめていただきたい。

政治家さん方、上記のような内戦を繰り返していてもボクたちの税金からお給料をもらっているのですよ。

国を良くしたいという思いが本当にあるのなら、政治手腕で競い合ってください。

そして! ボクら国民は、国が悪いのを政治家や社会だけの責任と転嫁ばかりせずに、良い国づくりのために国民の分を尽くしましょう。

といっても、滅私奉公せよというわけではありません。

簡単なことです。社会のルールを守ること。

政治が悪い、社会が悪い、教育が悪い、宗教がわるいなどと言いながら、だから自分もとあなたが悪くある必要はないですよね?

ほんの20年ほど前まで、日本人は世界から「まじめで勤勉な国民」と言われていました。さらに「街は清潔で、治安も良い」と。

それは、政治が良かったからですか? いや、汚職事件は今以上にあったではないですか?

それが、バブルにて「お金」に振り回され、感謝の気持ちを忘れ、人を蹴落とす社会が当然という驕りを覚えてしまい、それが今の社会の根底にまで根強く生きています。

むしろ不景気の今、さらにそんなバブルの負の遺産があらゆるところを支配しているようにさえ見えます。

数年前、海外で拉致された国民を「自己責任」と冷たく言い放った当時の総理大臣は、国民所得の格差拡大に「成功した人を妬む風潮はよろしくない」と弱者切捨てを公然と認めたのもそんな負の遺産でしょうかね(苦笑)。

政治家も含めたこの国の国民すべてが、それぞれの分を尽くすことでしかこの国は良くなりませんよ。

要するに、日々を適当にではなく、しっかり生きましょうということです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 浄土真宗へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 再邂逅 | トップページ | 善福寺講のお知らせ »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再邂逅 | トップページ | 善福寺講のお知らせ »