« 季節がわり | トップページ | 便利で不便なもの »

井波風(いなみかぜ)

Dsc02495今日と明日、そして19日には砺波と南砺へご門徒宅報恩講~ボクと役僧T氏は春の「報」ツアーと呼んでいます~です。

今日は真宗大谷派の井波別院・瑞泉寺のお膝元である井波町へ行って6軒おつとめしてきました。

ところが、2軒目あたりから猛烈な風が吹いてきて、飛ばされそうなくらいでした。これがいわゆる「井波風(いなみかぜ)」というものらしく、毎年来ていても今日ほどの強風は初体験でした。

台風なみの轟音と強風ですが、井波ではこれが春到来の前触れなんだそうです。

そんな強風の中にも関わらず、ボクらの帰り際にはどこの家でも玄関の前まで出て見送ってくれる皆さんがいます。

強風で髪もものすごいことになっているのに、手を振って見送ってくれる笑顔には本当に頭が下がります。

由緒ある瑞泉寺の寺内町に生まれ育った人々の信仰心からくる自然な行為であり、その姿にボクらも一軒一軒を大事につとめようと自然に思います。

こういう姿勢、次世代へもしっかり受け継いでいかれますよう。心からお願いしたいものです。ボクらも、その姿勢をありがたいと思う心を伝えていきたいと思います。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 季節がわり | トップページ | 便利で不便なもの »

法務あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 季節がわり | トップページ | 便利で不便なもの »