« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

時代のせい?

Dsc02467 新聞の社説に某大手書店創業者の言葉として「時代のせいにするほど、楽なことはない」という言葉がありました。

秋葉原通り魔事件容疑者のことを表現するのに引用されていましたが、それを甘えとヒトコトでいうのも楽なことかもしれませんね。

自分の不遇や不幸を、どこかの、なにかのせいにしたくなるのは誰にでもあることでしょうし、誰だってそう思ったことがあるんじゃないですか?

ただ、それで不遇や不幸が解決するわけでないこともわかっているはずです。それでも、どこかに責任を転嫁しなければやりきれない。

どうしたらいい? と話せる人、聞いてくれる人がそばにいないことが一番の不幸なんです。

自己責任などという冷たさを振りかざすのが今の時代です。むろん、最低限、大人としての自己責任は必要です。でも、人は完璧じゃないからこそ寄り添い、社会を形成して共生しているんじゃないですか?

さらに言えば、時代のせいにすること以上に無責任なのは、時代に流され無疑問的に迎合していることで、そういう人が圧倒的多数であるということなんですけどねぇ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

初乗り&日帰り温泉

Dsc02469今日は晴天、気温もこの時期にしては高めとあって、今年初めて愛車を起動してみました。

バッテリー残量がだいぶやばそうでしたが、なんとかエンジン始動! すでに午後3時とあって、卯辰山から金沢大学を超えて恒例の医王ダムまでプチ・ツーリング♪

防寒インナーに二重グローブ、冬ジャケットだったにも関わらず、やはり寒い! でも、2か月ぶりのライディング、本当に気持ちよかったです。

帰宅後、学校から帰宅した愛息とともに日帰り温泉へ。前述のように、いつも行っていた銭湯が長期休業とあって思い切って以前から気になっていた温泉へ。

Dsc02471 つい先ほどライディングした同じ道を、今度は車で福光方面へ。自宅から30分弱ほどにある「ぬく森の郷」に到着。

広い! 室内も露天も広い! でも、気持ちいいー!!

「やっぱり露天風呂はいぃねぇ♪」と愛息もご満悦(おっさんか? 笑)。

ゆっくり温泉を堪能し、ぽかぽか&すべすべになったボクらは、すっかり日の暮れた山道を帰宅。

やっぱり温泉、芯まで温まりますねぇ♪ 帰宅後のビールがおいしぃです♪

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

故郷

Dsc00705今日の午前中に月忌参りに訪れたお宅で、今年は底冷えがしますねぇという話から、底冷えといえば京都という話になりました。

ボクは、暑さよりも寒さの方がまだ耐えられるのも京都で育ったせいかもしれません。

などと思っていると、いろんなことを思い出しました。

祖父の死とともに、小学3年生で金沢に引越しと転校をしました。

両親は金沢弁だったであろうと思いますが、幼稚園~小学校と京都弁で育ったボクには、新しいクラスメートに話す金沢弁が理解できずいじめられたりケンカしたり。

また、子どもにはさらに理解不能だったのが、テレビです。当時の金沢は民放が2局しかなく、京都でいつも見ていたアニメなどが見られずに祖母に「ばぁちゃん、このテレビおかしぃ、壊れてんのんちゃうん?」とムリを言ったものです(笑)。

また、お醤油が甘めなのになかなかなじめなかったのも覚えています。さらに大人になって、その伝統的な金沢のお醤油に化学調味料が使用されていることに疑問も感じましたよねぇ(苦笑)。

あぁ、こんな話をしているとひさびさに京都の空気が吸いたくなってきました。来月の門徒総会が終わったら1泊でも行ってこようかなぁ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

子との離別

Dsc02466本日、今年最初のご葬儀をおつとめしました。

享年71歳の男性です。実は、このお宅には90歳半ばのおじぃちゃんがご健在でいらっしゃいます。

大変失礼ながら訃報をお聞きしたとき、おじぃちゃんのお顔を思い浮かべましたが、聞けば息子さんだと。

本日のご葬儀の遺族席に、そのおじぃちゃんのお姿がありませんでした。心配です。

一寸先は闇であっても、子に先立たれた親の気持ちはいかほどのものでしょう。幼い子を亡くす場合はもちろんですが、すでに子にすべてを譲って任せたご老体には大変な心労であろうと思います。

どぉか、周囲の方々にはおじぃちゃんを気遣ってあげていただきたいものです。

そして、我々はともに仏さまと成られた亡き方の教えを聞き、阿弥陀さんに照らされてあるわが命のはかなさを、今を生かされてあるわが身をありのままいただきましょう。

合掌

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

じっくり時間をかける

Dsc02462晴天と雨でだいぶ溶けた雪ですが、週末には再び寒波到来とか。

雪は積み上げっぱなしではなかなかなくなりません。晴天時などには、積み上げた雪を崩して溶けるようにしてあげます。崩すといっても広い境内なので、なかなかはかどりません(汗)。

ところで、夕方には愛息は夕食前に宿題をしています。

それが、どうにも早く片付けてしまいたいという思いが強いのか間違いが多いんです。

それは幼稚園のとき、早くできると先生に褒められるという感覚もいまだにあるのかもしれません。

一番早くできて間違いが多い人よりも、最後にできて全部正解の人の方がいいんだぞ。と言い聞かせてもなかなか…。

もともと、野球以外というか、インドア的なものにじっくり取り組むことがほとんどないのでそこが少し気になってるんですよねぇ。

読書の習慣をつけてほしいと、本もいろいろ与えていっしょに読んだりしてるんですが、ひとりで集中して読書をすることがないんです。

それは、たとえばプラモデルをつくることであっても良いのですが、あまり興味がないようです。ボクなど、同じころにはおこづかいを握り締めてプラモデル屋さんに通ったものでしたけど(苦笑)。

アウトドアでもインドアでも良いのですが、じっくりなにかに取り組むことも大切だと思うので、なにかきっかけになるものがあればいいなぁと思っています。

子どもは年齢とともに、さまざまな方向に変化していくのでいずれ「お?」と思うような変化も訪れるかもしれませんけどねぇ?

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

ドラマ

Dsc02465テレビでは新しいドラマが続々始まっていて、一応ひととおり見てみます。

しかし、ここ数年でおもしろかったなぁと印象に残ったドラマがあまりないですねぇ。

ボクが思うに、原因のひとつとして漫画が原作のものが大半だということではないかと思います。題材は悪くないんですが、どこか浅いんですよねぇ。

あとは、40も過ぎればハタチ前後の若手俳優さんやアイドルの演じるドラマに感情移入できなくなくなってきていることもあります(笑)。

さらに毎クールのように出ている俳優さんが多くて、真新しさがないなど。

何年かぶりに大河ドラマも見てみました。主演の福山さんはボクも好きなミュージシャンであり俳優さんですので少し期待していますよ。

しかし、大河ドラマもいわゆるNHK向きとか、大御所といわれる俳優さんではなく斬新なキャスティングをするようになりましたねぇ(苦笑)。

でも、大河ドラマって日本のお話でなきゃダメなんですかね? たとえば日本の俳優さんを使って「三国志」を1年やったらおもしろいだろうなぁとか思います。

戦国ネタに幕末ネタだけでよくもってるとは思いますが…。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

寒波~雪への対処

Dsc02459昨日の朝、外に出てみるとご覧の有様です。

金沢市内で37センチの積雪とか。「わぁ~! すごぉーい!」とうれしそうに雪を踏みしめて登校していく我が子を送り出し、相方とともに1時間ほどの雪かきです。

汗びっしょりになり、下着を替えて月忌に出かけましたが、近場のお宅へは徒歩で向かいました。出かける前には、すでに2軒ほど「今日は、この雪で車をとめるところもないので」とお休みの電話をいただきました。

Dsc02461 大通りは融雪水によって車の通行に支障はないのですが、一歩路地に入ればひどいものです。

人力での除雪にも、中心部の高齢化はそれを妨げていますし、車が通れば雪が踏み固められて相当な力が必要です。

普段は駐車できる家庭のスペースも、駐車は容易ではなく苦労します。また、大通りにおいても、車道はどんどん流れる融雪水で溶けますが、歩道には雪が残されたままで、歩行者の中には車道を歩く人もいてかなり危険です。

市民ができる範囲の除雪を行うのは当然としても、行政には車の交通以外にももう少し配慮というか対処をしてほしいものです。

道路は車だけのものではありませんし、道交法の基本は歩行者優先なのですから。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

ウルトラマン

N0019618_l先の日曜日、愛息とともにウルトラマンの映画を見てきました。

ウルトラの国が悪のウルトラマン・ベリアルによって滅亡の危機、その危機を救うのがウルトラセブンの息子ゼロというストーリー。

ボクたち世代に馴染み深い歴代ウルトラマンに怪獣たちが総出演するとあって、ボク自身もとても楽しめました。

映画館には、同じような親子連れが来ていてみんな真剣に見入っています。男っていくつになっても子どもにもどる生き物のようです(笑)。

愛息もとてもおもしろかったようで、帰りに欲しがったウルトラマンの下敷き買ってあげました。翌日には喜び勇んで小学校に持っていったそうですが、友だちには「ダサい」と言われたそうです(苦笑)。

4年生ともなれば、もうウルトラマンなど卒業してる子も多いでしょう。まぁ、うちは一人っ子だけにそのあたりはまだまだかわいらしい方です。

その子その子のペースで育っていけばいいんですけどねぇ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

役員会~御遠忌に向けて

Dsc02411今年は寒い冬ですねぇ。なんだか底冷えがして、京都にいるようです。

そんな今日は今年最初の役員会と役員新年会でした。昨年の決算報告、今年の予定と予算案を審議し、来月の門徒総会に提出します。

今年の予定、5月の親鸞聖人七百五十回御遠忌に向けての詳細を詰め、執行体制を整えました。

初日となる22日には御遠忌お逮夜、永代祠堂経、諸修復報告法要を兼修し、ご門徒有志による念仏踊りや三味線、そして親鸞聖人絵伝の絵解きなどを予定しています。

翌23日には、同朋大学の田代俊孝先生による記念法話、稚児行列とご満座という日程です。

いよいよ近づいてきたなぁという実感がわいてきます。さまざまなかたちで、ひとりでも多くの方が親鸞聖人と出会える御遠忌となるよう、寺族はもちろん役員方ともどもご参詣をお待ちしております。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (12)

東本願寺の至宝展

Dsc02456前述の「東本願寺の至宝展」を見てきました。

職員をしていたにも関わらず、どんな至宝があるのか前々知らなかったボクです、すみません。

親鸞聖人をはじめ、蓮如上人などの直筆からその方々のお人柄が偲ばれますね。独特の繊細な字を書かれる親鸞さん、力強い字の蓮如さん。

鑑定団でよく出てくる丸山応挙のふすま絵などは圧倒されました。

東京、大阪、名古屋など大都市で好評を博した展覧会です。

今月12日まで、金沢市香林坊の大和(だいわ)デパートで開催されていますので、まだの方はぜひぜひご覧ください。

ボクたち真宗門徒のご先祖たちが、代々大事にしてきたご本山、より身近な存在になるかもしれませんね。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

日常

Dsc02447雪模様の年末年始、除夜の鐘に多数のご参加ありがとうございました。

お正月気分もあっという間で、明日からは小学校も通常授業のようです。お里へ帰っていた相方&愛息も今日の夕方に帰宅しました。

相変わらず、開口一番「パパー!!」と抱きついてきた愛息にボクもうれしくなります。春になれば5年生、いつまでこうなのかな? とも思いますが(苦笑)。

土日祝が多忙なボクらにとって、数少ない非日常であるお正月から日常へ回帰します。でも、その日常が何よりもありがたいものです。

しばしの独身だった正月にDVDを借りていろいろ鑑賞しましたが、「死ぬまでにしたい10のこと」という映画がよかったですね。

主演女優であるサラ・ポーリーは、以前に他の映画で見ていい女優さんだなと思っていたのですが、この作品では余命3か月を宣告された主婦を好演しています。

余命3か月であることをだれにも告げず、したいことをこなすことで最後まで精一杯生きる彼女の姿、考えさせられました。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (2)

迎春

Dsc02454あけましておめどうございます。

ボクらにとって、1年で唯一の3連休である正月3が日を終え、本日より月忌参りに出ました。

画像は、金沢独特の正月飾りで黒豆の上に鰹節とダイダイを乗せます。といっても、一般家庭ではあまり見られず寺院や旧家、商家などだけではないかと思います。

ただし一般家庭でも、金沢では紅白の鏡餅(上が紅で下が白)を使用するので、県外の方は驚かれますね。

お正月の習慣や習俗もその土地その土地の伝統があって、おもしろいものです。

お雑煮などはその典型で、味は味噌、醤油といろいろでしょうし、具にいたっては千差万別ですよね。

お餅も、昔と違ってあまり食べられないらしいですが、やはりお正月といえばお餅というボクもすでに古い人間なんでしょうか(苦笑)?

でも、古きを軽視し新しきを是とする若い頃を客観的に感じられるようになってきたのは確かですね。

長く続いたこと、相続されてきたことには先達のそれを大事にしてきた心があり、それを否定することはその心を無にするということにもなります。

むろん、古きでも変えるべきところは変える、新しきでもおかしいものはおかしいという眼を持っていたいものと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »