« 独身男性と過保護な親 | トップページ | ふぅ~ »

ラッシュの始まりに

Dsc02414今日から一週間、ほぼ連日にわたって在所(農村)の報恩講ラッシュが始まりました。

在所報恩講は、総報恩講と呼ばれ日が決まっていて農閑期に入る12月に集中しています。

今日の午後は、市内T町で7軒を勤めました。在所報恩講は、どの家でも、仏具がピカピカにみがかれ、お華束(おけそく=お餅)をお供えしてあり、今でも報恩講をお迎えする昔ながらの姿です。

日も暮れて帰宅し、お風呂に入ってくつろいでいると一本の電話。なんとなく「!」と感じたのですが、思ったとおり、やはり訃報でした。

しかも、明後日のご葬儀と言われ、頭をかかえたくなります。こればっかりはしょうがない、とわかっていても…。

明後日は朝から1日、N町報恩講で13軒を勤める日なのです。

やむを得ず、途中でご葬儀に行ってボクはN町に戻り、役僧T氏は火葬場と中陰法要を勤める苦肉の策となりそうです。

すぐにN町の総代Nさんに電話し、なんとか了解を得られてホッと一安心。これから、寒くなっていくにしたがってこういうケースは増えてきます。

うまく段取りしていくには、ご門徒のみなさんのご理解がとても大事ですので、どうかご理解くださいますようお願いいたします。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 独身男性と過保護な親 | トップページ | ふぅ~ »

法務あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 独身男性と過保護な親 | トップページ | ふぅ~ »