« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

独身男性と過保護な親

Dsc02416訪問するご門徒宅は多々ありますが、毎月訪問しているとそのお宅の内情というか、込み入ったご相談などを受けることがあります。

それが愚痴であったり、かなり深刻だったりいろいろです。

中でも多い方だと思えるのが、息子さんが独身だという悩み。20~30代の方なら「まだ、わかりませんよ」と言えるのですが、それ以上となると現実は厳しいようです。

娘さんが、という場合もあるのですが、感じるのは女性は「結婚できるけどしない」であり、男性は「したいけどできない」という差です。

なぜか? 中年以上の独身男性に共通するのは家事がほとんどできないという現実です。女性は家事は自力でこなし、また仕事もバリバリしてて自立しているといるケースが多いように思えます。

家事のできない(しない)男性、正直言うと本当に厳しいです。女性方はそれだけ男を見る眼を持っていますし、そういう男性のために家事などしてくれないのですね。

また、親ごさん方の過保護さもセットになっている場合も多く、たとえばとあるお宅だと父親70代後半、息子さん50代前半のふたり暮らしのお宅があります。

炊事、洗濯、掃除、いわゆる家事全般を父親ひとりでこなしています。息子さんは父親の作った食事を食べ、父親が洗った衣類を着用し、父親が掃除した部屋でくつろぎ寝ています。

結婚する以前の問題がこのお宅にはありますが、第三者のボクなどは「自分のことは自分でさせる、そこから始めるしかないのでは?」以上の何が言えるでしょうか? むずかしい問題です。

自覚、つまり自らの在り方に目覚めることが親ごさん方にも彼らにも求められるかと思います。お互いの親離れと子離れ、始めるのに遅いことはないかもしれません。お互いがひとりの独立した人として生ききるために。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

やっと

Dsc02422暖かな小春日和、本日のお参りは11:00で終了、というわけで~!

行ってきました、遅めの秋ツーリング♪

さすがに山は寒いので、海です。それも毎度おなじみの氷見です。11月下旬とは思えないほどの温暖さと、晴天に思わず「いやぁっほぉー!!」と叫びつつのコーナリング♪

思えば、ここ1か月半ほど、休務のたびに晴天に恵まれずウズウズしていたこと、報恩講ラッシュで疲れがたまっていたこともあってものすごい開放感です。

Dsc02421 好物の氷見うどん(氷見牛入り)をお昼にいただき、七尾までの海岸線を一気に往復で走ってきました。

ここの海岸線はずーっと途切れることなく海を見ながら走れるて、適度にカーブもあり何度走っても飽きませんねぇ。

帰りに氷見の道の駅にて、旬の寒鰤の味噌漬けをお土産に購入し、夕暮れとともに帰宅しました。

夕飯に食べた鰤、とてもおいしかったです。魚好きの愛息も喜んでくれました。

さぁ、ご門徒宅報恩講もあと60軒あまり。体調を崩さぬよう勤めきりたいものです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

不老不死

2007072900000039spnavifightview000秦の始皇帝の時代、紀元前3世紀ごろ、つまり今から2300年ほど前のお話。

あの広大な中国大陸を統一した始皇帝。人身位を極めた彼が最後に望んだのが不老不死です。

そこへ、学者である徐福さんという人から東方に不老不死の霊薬があると具申があり、始皇帝はただちにそれを入手するよう命じました。

徐福さんは、3000人の若い男女や技術者、五穀の種を始皇帝に所望し、それらを大きな船に積み込んで旅立ったといいますが、結局二度と帰ってくることはありませんでした。

どこかの土地で王になったとか、さまざまな伝説がありますが、中でもおもしろいのは日本の和歌山県などにもその伝説があるらしいです。

と、徐福さんはともかく、始皇帝が望んだ不老不死、2300年後の我々の望みもあまり変化していないと思いませんか?

テレビを見れば、若さや美しさ、健康を売りにした化粧品、食品、器具などのCMやテレビショッピングばかりです。

現代人は天下を取ったわけではないですが、始皇帝をも凌駕する生活をしています。始皇帝も食べたことないであろう世界中の食べ物を購入でき、蛇口をひねれば水もお湯も自由に得られ、歩かずともクルマで移動できる。

身の回りを見渡せば不自由はないという意味で始皇帝以上のすごい生活をしているにも関わらず、それに満足せず「もっと若く、もっと美しく、もっと長生きしたい」と不老不死を求めてやまないわけです。

文化や科学技術がどれだけ進歩しても、人間の欲望にはたいした変化はないのですね。

あるがままなり。今をありがたいと思えない心は、なにを与えてもけして満足しません。欲望は埋めても埋めても際限なく膨らみます。

歳を取るということは、その人の人生そのものです。美しさは内面の表れです。健康は暴飲暴食をしないことです。

わかってはいるんですがねぇ(苦笑)。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

まだまだ

0008今日はかほく地方にてご門徒宅報恩講17軒を勤めてきました。

膝はガクガク、疲労困憊です。

「今年もあと1か月やねぇ」と言われても、ご門徒宅報恩講は80軒余もあり、「いやぁ、今年もまだまだ長いんですわ」と言っています(苦笑)。

それでも、1軒1軒のお宅にとっては年に1度の報恩講です。それを常に忘れずに勤め上げたいものです。

皆さまともども、風邪とインフルエンザにはくれぐれも気をつけたいものです。

<今週の予定>

11/24>終日~月忌

11/25>終日~ご門徒宅報恩講15軒

11/26>終日~月忌・ご門徒宅報恩講2軒

11/27>午前~月忌・ご門徒宅報恩講3軒

11/28>午前~月忌・11:00~N家にて50、33、1周忌法要

11/29>11:00~T家にて17回忌法要・午後~休務

11/30>終日~月忌

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

テレビゲームなど

Ultramanこの冬休み、ボクたち世代にもわかりやすいウルトラマン映画が公開されるそうで、愛息と観に行こうと楽しみにしています。

ウルトラマンやゴジラなどは世代を超えて、今でも親子が楽しめる存在ですよね。

あと、やはりテレビゲームでしょうか? もちろん賛否両論あろうかとは思いますが、一概に否定はなしと思います。

というのも、ボクたち世代はテレビゲームの創世記からを知っていて馴染み深い世代なんですよ。

小学校高学年くらいにインベーダーが大ブームとなり、もちろん小学生でゲームセンターや喫茶店に行くわけにもいきませんでしたが、中学生くらいになると少ないおこづかいを握り締めてひそかに出入りしたものです(笑)。

家庭用ゲーム機、いわゆるファミコンが普及し、アルバイト代で購入し夜通し熱中した大学時代。

それからも今に至るまでちょこちょこやっていますし、愛息とは夕方の夕飯までの小1時間いっしょにやっていますが、おもしろいですねぇ♪

ただ、問題点というか、感じるのはリセットという存在です。これは、ファミコンをやっていた時代から感じていたのですが、途中までやってうまくいかなかったらリセットボタンを押して最初からやり直すということ。

それがゲーム上のことだけならいいのですが、幼いころからそれに慣れすぎてしまうと人生においても感覚的にそうなってしまうのではないかと。

人生はけしてやり直しがききません。だからこそ大事に生き、また失敗してもそれをご縁として真正面から向かい合い自分の一部としていくことが生きるということです。

でも、このリセット感覚が染み付いてしまうと安易な失敗でも、もう取り返しがつかないといろんな意味でドロップアウトしてしまう人を生み出していきます。

引きこもりやニート、最悪の場合は自殺というリセットボタンを押してしまいます。

子どもがゲームをすることを否定することよりも、一本一本のゲーム自体を最後までやり遂げるようアドバイスし、そうでなければ新しいゲームを買い与えないということもアリだと思います。

おもちゃや本、教材などは、与えっぱなしでは意味がないんです。ちゃんとその使い方や意味、そこから学ぶことを教えていきましょう。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (2)

ご門徒宅にて

Dsc02402連日ご門徒宅の報恩講を勤めていますが、年に一度、報恩講時に訪問するお宅もあります。

そんな中で、昨日訪問したY家でのことです。

このお宅のお父さん(推定70代半ば)、数年前におばぁちゃんが亡くなるまではボクが訪問してもほとんどしゃべらず、お参りもせずという方でした。

それでもボクはごあいさつ程度、最低限の言葉をかけていました。それが、おばぁちゃんが亡くなるのを前後して、ご自分も脳梗塞にかかり危険な状態に陥ったことがありました。

そのころからでしょうか、あいさつ程度の言葉を返してくれるようになり、なんと今年は正座してお参りされていました。

訪問したとき、猫が一匹いたのですが、猫好きなボクはついなでてあげたり、ノドをゴロゴロしてあげたりしました。するとお父さん、これまで見せたことないような笑顔でボクに接してくれたんです。

そして、仏間にて「正信偈」を拝読し終え横をみると、少し遠巻きにではありましたが、正座してお参りされているお父さんの姿を確認しました。正座した膝の上には、さきほどの猫が乗っています。

お茶をいただきながら、本当に初めていろいろしゃべっていただき、ボクはとてもうれしい気持ちでY家を後にしました。

猫が結んでくれたご縁なのかどうかはともかく、こういうご縁にただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

あぁ…なかなか…

Dsc01875長梅雨からこっち、なんだか晴天の日が少なく、もはや晩秋というか初冬を迎えようとしています。

あぁ…ツーリングに行きたい(苦笑)。

連日のご門徒宅報恩講で忙しいからこそ、どこかで息抜きしたいという欲求はたまるのですが、バイクだけは晴天でないとなかなか…。

しかし、まぁ、ご門徒宅報恩講も半分を過ぎ、あとひと月あまりがんばっていきたいと思います。

でも、なんとか年内にもう一度ツーリングに出たいものですねぇ。

<今週の予定>

11/17>終日~月忌・ご門徒宅報恩講7軒

11/18>午前~月忌・ご門徒宅報恩講1軒・午後~寺務

11/19>午前~月忌・午後~D寺報恩講参勤・ご門徒宅報恩講3軒

11/20>午前~月忌・ご門徒宅報恩講1軒・午後~寺務

11/21>午前~休務・午後~能登H地区報恩講

11/22>午前~月忌・11:00~Y家にて1周忌法要・午後~S寺報恩講参勤・ご門徒宅報恩講・15:30~寺にてM家3回忌法要

11/23>終日~かほくO地区報恩講

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

欅(けやき)のテーブル

Dsc02410お賽銭箱に続いて、前住職注文の欅テーブルが完成しました。

多目的広間に安置してありますが、とても重いので配置変更時にどうしたものかとちょっと不安です(苦笑)。

一見、お蕎麦屋さんのようでもありますが、さっそくご来寺くださったご門徒さんには好評でした。

Dsc02411 また、縁側には丸テーブルを設置し喫煙コーナーのようになりました。

重いだけあって重厚感があってちょっと一服にはいいかもしれません。

当寺境内に150年もいた欅、こんな形で再生されたことはうれしいですね。あとは山号額と記念品のお念珠の完成が待ち遠しいものです。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

床屋さん

Dsc02408今日の午後、お参りもなくホッとした時間でしたが、愛息の小学校にて音楽集会(各学年が合唱や音楽劇などを披露する場)があったので観に行ってきました。

まだまだ声変わり前の子どもたち、きれいな高音での合唱はとてもよくできたと感心しました。さすが、毎晩のようにお風呂で練習してただけあります(笑)。

そんな小学校の帰り道、いつも行く床屋さんを覗くと他にお客もいないようなので3か月ぶりに散髪しようとお邪魔しました。

この床屋のKさん、50歳前後くらいでボクが中高生くらいから切ってもらっていますが、共通の趣味があっていつも会話に花が咲くのです。

趣味とは、お互いにプロレスとロック好きということです♪

中高生のころから、ビデオなどを貸してくれたりと永年の交流をさせていただいています。

今日もまた、最近あったいろいろな試合の結果や動向、各選手の批評などで盛り上がりながら髪を切ってもらいました。

プロレスというと色目で見る方も多いですが、ボクは30年ほど、Kさんは40年ほどもファンをやっていると、さまざまなドラマも歴史もありなかなか飽きないものなのですよ。

まぁ、そんなこんなで3か月ぶりにさっぱりした頭で明日からお参りに回りたいと思います。なんで3か月も散髪しないのかって? いやぁ、めんどくさがり屋だからです、はい(苦笑)。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

良い悪いの基準

Dsc00025今週は曇天と雨マークばかりですが、あまりアテにならないのが天気予報です。

今年の春ごろの長期予報で「今年は空梅雨でしょう」と正反対の予報だったので、「今年は暖冬でしょう」も反対に思っておきましょうかね(笑)。

しかし、先日とあるテレビ番組で言っていたのですが、天気予報ではけして「明日は良い天気でしょう」とは言わないらしいです。

なぜか? 行楽シーズンで晴天であれば喜ぶ人が多いかもしれないが、農家などではそろそろ雨が望ましいかもしれないなど、晴れれば喜ぶ人ばかりではないからだそうです。

ボクはこういう考え方ってとっても好きですし、言うなれば当然こうあるべきかとも思います。

人はそれぞれに立脚地があり、事情も都合も違います。そこで問題なのは自分がこうだから、大多数がそうだからとそれ以外の立場や都合を省みない視野の狭さや思いやりのなさです。

昨今、若い人たちの会話の中で言う「フツーそうでしょ?」というフツー(普通)とは、その人にとっての普通であって、そうでない人は普通でないと無意識に認めないよという排他性に繋がるんですよね。

さて、今のところ明日の天気予報は曇天、あなたにとって良い天気? 悪い天気? どちらでもない? どうでしょう?

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

そんなもの

2008091300000017maipsociview000今日は、とある在所(農村)での報恩講で、終了後に一献いただきながらいろいろお話をしました。

ボクも役僧T氏も毎日さまざまなお宅でお話をしますが、6~70代の男性に多い「そんなもん……!」という言い方をよく耳にしますし、今夜もそうでした。

それは政治や教育に対して、あるいは家庭や子どもや孫に対してなんですが、疑問や不満を「そんなもん……してしまえばいいんや!」と投げ捨てるように片付けてしまうんですよね。

すべてはつながりの中で存在しているものであって、その中のひとつを切り捨ててしまえば済む問題ではないんです。

さらに、たとえば男はこう、女はこう、子どもはこう等々という思い込みや決め付けがあって、それを絶対正義化してしまっているんですよね。

先日の当寺報恩講での佐野明弘さんの講話から、命というのは性別も大小も貴賎もなく等しく重く、歴史ある存在だと気づかされました。

しかし、人の価値観とはすべてのものに性別、大小、貴賎をつけることで判断し、区別し、差別することであり、それがその人のあり方となっています。

阿弥陀さんの大慈悲、大いなる慈しみと悲しみがそんなすべての人に、すべての命に向けられていることに気づく言葉が南無阿弥陀仏であり、それを相続してきた歴史が我々にはあるんですが…

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

お買い物

Dsc01868この画像は昨年の今ごろ、ツーリング先での一枚です。

今年はなんだか、ボクの空いた時間と晴れが一致せず、なかなかツーリングに行けません。

それに、ここ数日は冬のような寒さです。まぁ、毎年この11月に入ってすぐはアラレが降ったりし、その後また温かくなって12月が近づくとさらに寒くなる感じではあります。

在家報恩講も3分の1で、まだまだ先は長いのですが、こういう時期だからなのかついついインターネットでショッピング(笑)。

もともとお店に出かけるよりも選択肢は多く、それでいて安いというのが魅力で利用していたんですけどね。

現物を見ないと、という方も多いようですが、慣れてくるとだいたい想像がつくようになるものですよ。

先日注文してあったホットカーペットカバー(上にかける絨毯)が今日届いて、フカフカのフワフワで愛息とごろごろ寝転がってご満悦です(笑)。

バイク用品の購入などは、地方都市では専門店も少ないのでよりネットに頼ってしまいますし、使い捨てコンタクトレンズなども店舗で購入するより半額に近いんで助かっています。

地域の景気ということを考えると気が引ける部分もあるんですが、よりよいものをより安くという心理に勝てないんです、すみません。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

あなたはどっち?

Dsc02403今日はすごい雨の一日でした。

朝から在家報恩講1~月忌2~ご法事1~在家報恩講5~月忌1と駆け回っていました。

冬のような灰色の分厚い雲、そして雨模様の日中、あなたはクルマのライトをつけますか、つけませんか?

サイドミラーも水滴で見づらいにも関わらず、スモールでさえつけないクルマが圧倒的多数な道路に憤りを感じます。

何度も言っていますが、運転手本人から周囲が見えるからいいのではなく、周囲から自分のクルマが見えているかが判断基準なんですよ。

見通しの悪い路地などの右左折において、ライトオンのクルマならいち早く確認できます。

しかし、そうでないと見落とす可能性が大幅にアップするんです。住宅街などを走ることの多いボクは何度もひやひやさせられています。

これはクルマの運転に限ったことではなく、自分を客観視する能力の問題です。それが欠けているということでもなく、だれもが持つその能力を起動されるかどうかなのです。

これから昼間でも薄暗い日が多くなります。気をつけましょう。

<今週の予定>

11/3>午前~月忌・10:00~在家報恩講1軒・16:00~在家報恩講2軒

11/4>午前~月忌・9:00~在家報恩講1軒・13:30~S寺報恩講参勤

11/5>午前~在家報恩講2軒・午後~在家報恩講1軒・以後~寺務

11/6>午前~在家報恩講軒・15:00~在家報恩講1軒・15:30~在所報恩講3軒

11/7>午前~在所報恩講~6軒・午後~月忌・14:00~寺にてH家納骨法要・以後~月忌~在家報恩講1軒

11/8>午前~在家報恩講2軒・12:00~寺にてK家永代祠堂経

11/9>午前~月忌~在家報恩講2軒・午後~在家報恩講2軒

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »