« 納得と不納得 | トップページ | 梅雨入り »

目に付く些細な無秩序

Dsc02104高速道路料金の値下げからこっち、週末には観光客の数が増えたように思います。

そこで目に付くのは、相変わらずの悪い意味での「旅の恥は掻き捨て」な光景です。

バス停や交差点でタクシーに手を上げる人々に止まるタクシー、それらの場所や繁華街付近での路上駐車、横断歩道なき場所での集団横断、いずれも立派な道交法違反ですので認識しましょう。

近所に自転車で横断歩道なき場所を自転車で横断するので有名な老人がいました。家族が言っても、近所の人が言っても、彼は聞く耳を持ちませんでした。

彼は車に撥ねられ亡くなりました。

些細なことだと思いますか?

政治家や有名人が法に触れることをしてニュースになると、異論反論を口にしますが、法の上では同じことですよね?

たかがそんなことでとか、自分ひとりくらいとか、自分に対しては温情豊かですが他人には容赦なく批判することは簡単だし、誰にでもできることです。

社会がおかしいのは、そんな社会の構成員である自分がおかしいからで、その小さなおかしいの積み重なっておかしな社会を構成しているんです。

政治のせいでも、教育のせいでもありません。ボクやあなたが小さな無秩序を重ねている上に社会全体の無秩序があるんです。

ともに考えていきましょうよ♪

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 納得と不納得 | トップページ | 梅雨入り »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 納得と不納得 | トップページ | 梅雨入り »