« 新緑ツーリング | トップページ | 明日は永代祠堂経会です »

電話嫌い

Dsc02130お寺には毎日いろんな電話がかかってきます。ご門徒さんからのさまざまなご依頼、ご要望などは良いのですが、多種多様なセールスの電話にはうんざりするとともに疑問を感じます。

先日の例。「もしもし、いつもお世話になります」という東京03ナンバーからのもの。「こちらNTT代理店のナンタラカンタラ」と言い、お宅はパソコン使っているか? インターネットは? 回線はなにか? などなど聞いてきます。

なんだか腹が立ってきたボクは「ノーコメントです」と言うと、「…はぁ? そ、それはどういう意味ですか?」と聞くので、「なぜ、あなたの質問に答えなければならないのですか?」と逆に聞き返すと絶句しました。「では、失礼します」と電話を切りました。

ボクがなぜこんな対応をしたのか? と思うかもしれませんが、お答えしましょう。

まず、初めて電話をかけてきたにも関わらず「いつもお世話になります」という挨拶への疑問。そして、電話による詐欺事件が日常茶飯事なご時世に個人情報を根掘り葉掘り聞いてくる姿勢。恐れ入りますが、あるいは失礼ですがという事前のことわりの一言のなさ。それらをひっくるめた無神経さが理由です。

ボクは、そもそも電話というものの存在的無神経さに疑問を持っています。相手の状況がわからないのは当然ですが、だからこそ「失礼ですが」、「夜分恐れ入りますが」、「お忙しい時間にすみませんが」、「今、よろしいでしょうか?」等々の配慮の一言が少し前までは当たり前に存在していたのです。

携帯電話の普及がこれらの配慮や秩序を壊しました。勝手知ったる相手が出ることが前提になり、「おぉ、俺だ俺だ」という電話が当たり前になりました。むろん、携帯電話で親しき相手との会話ならそれでもいいですよ。

でも、一般回線電話でそれはおかしいでしょう? ボクは子どもが小学生のうちから携帯電話を持つことに反対です。非社会人の18歳未満は禁止でもいいくらいだと思っています。

なぜか? 携帯電話のないころ、子どもは友だちの家に電話するときに「○○さんのお宅ですか? ××くんのクラスの▽▽ですが、××くんいますか?」という挨拶、つまり社会的礼儀をそこで自然に学んでいましたよね? そんな学びの機会を携帯電話は奪って、礼儀知らずな子どもや若者を蔓延させる結果となってると思いませんか?

もうひとつ言うならば、今のご時世に電話だけでNTTやKDDI、ソフトバンク等々の代理店といわれただけで安易に信用できませんし、礼儀知らずな電話など問題外です。あと、資料などを一方的に送ってきてから、電話で「お読みいただけましたか?」などというのも失礼だと思います。

便利さによって失われるものは、実に多大です。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 新緑ツーリング | トップページ | 明日は永代祠堂経会です »

多事想論」カテゴリの記事

コメント

特に「電話の裏にある番号を教えてください」
という質問をする業者は要注意だそうです。
「リースであるかどうか」を確認し、次の業者が
リースの新規か、契約のかけ増しをしかけてくるんだ
そうです。

今回の場合も、おそらくは「光回線の工事を無料
(もしくは格安)でしますよ」といいつつ、
機器のリースをせまってくる可能性大かと。

お寺って「法人」ですから、格好のターゲット
なんだそうです。「個人」と違ってクーリングオフ
できませんからねえ。

電話ごしの相手は、こちらを人間としては見ていず
「営業成績」か、「エサ」にしか思ってませんから
私は割り切って、怒鳴って切ります。

投稿: シズオ | 2009年5月25日 (月) 22時22分

電話の裏の番号っていうのはまだ未体験ですなぁ。でも、お寺業界って、むかしから一般社会より20年遅れてるといわれてるだけにターゲットになっててもしょうがないかも(苦笑)? お互い気をつけようね♪

投稿: Kei@住職 | 2009年5月27日 (水) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新緑ツーリング | トップページ | 明日は永代祠堂経会です »