« 甘党? 辛党? | トップページ | 他人の眼 »

御遠忌への思い

Dsc00351来年の5月、当寺にて親鸞聖人七百五十回御遠忌をおつとめいたします。

まもなく発行予定の寺報にて詳細を発表いたしますが、再来年の本山での御遠忌に先駆けておつとめすることで、ひとりでも多くの方に本山へのご参詣いただきたいという思いです。

そして、もうひとつのボクの思いがあるのです。御遠忌をおつとめするといっても、本山、各地の別院や教区、お手次寺、在所の寺と多い方は4回の御遠忌との御遠忌をいただきます。

しかし、それには必ず記念事業があり、ご懇志のお願いがあるのです。当初、ボクは当寺御遠忌では極力記念事業をせずにおつとめしたいという思いが強くありました。

すでに本山の両堂修復に多大なお志をいただいております。その上、寺でもとなると厳しいし、御遠忌をおつとめする意義が色あせてしまうのではないかと思ったからです。

しかし、役員会での談合のおり、そうではない、懇志によって御遠忌への興味を持っていただき、ご参詣いただくことでその意義を理解してもらえばいいのではというご意見に、なるほどなぁと思いました。

ただ、やはりこの厳しいご時世にあって心苦しいという気持ちも依然としてありますが、寺報をお読みいただきその意義を感じていただきたいと思います。

幸い、金沢市より助成をいただけることになり、まずは土塀修復が近日中に始まります。お彼岸にお参りの際、その模様をご覧いただき感心を持って見ていただきたいと思います。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 哲学ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 哲学ブログ 仏教へ

|

« 甘党? 辛党? | トップページ | 他人の眼 »

ご縁いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 甘党? 辛党? | トップページ | 他人の眼 »